Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

AI補聴器をさらに強化する!?エッジモードの真の価値

スターキーアメリカ本社で行われているポッドキャストコンテンツから、

 

CTO(チーフ・テクノロジー・オフィサー)アーチン・ボーミック博士が業界唯一のセンサー&AI機能エッジモードをCIO(チーフ・イノベーション・オフィサー)デイブ・フェイブリーとの会話から解説させていただきます。

 

Achin-Bhowmik-Podcast-Sound-Bites

CIOデイブ(左)とCTOアーチン(右)

 

AIはまだ人間の意図は読み取れない!

だから、エッジモード⁺は画期的!

 

 

デイブ:

AIのおかげで、現在、精度の高い自動分類が可能です。補聴器に長く携わってきた者にとっては、指向性マイクやノイズマネジメントを利用する場合、以前は騒音の中で別のメモリープログラムに切り替えなければいけませんでした。そして、音楽を聴きたいときや静かな場所に行きたいときも同じように、手動でプログラムを切り替えていたのです。今は機械学習、つまりAIがそれを自動的にやってくれます。

 

しかし、アーチン博士、あなたが言っていることは、音声が興味のある信号である場合もあれば、ノイズの場合もあるということです。音楽は聞きたいときもあれば、聞きたくないときもあります。そして、その音楽を十分に楽しむために、会話とは異なるアルゴリズムで処理したいことがあります。

 

問題は、どんなに優れた自動分類装置でも、最後の2つのシナリオ(信号としての音声、ノイズとしての音声、信号としての音楽、ノイズとしての音楽)を完璧にこなせるかどうかということです。そこで、AIをユーザーの手元へ、ヒューマン・マシン・インターフェースを提供する方法として、私たちが開発したエッジモードについて、お話ししましょう。

 

アーチン:

はい。科学界全体ではまだ分かっていないことが1つあります。

 

それは、あなたの心の中に入り込み、あなたが何を考えているかを見る方法です。

 

例えば私はここで、音楽を楽しみたいですが、一方で、あなたが話していることに注意を払いたい時もある。このように、私だけが知っている意図があります。

だからAIシステムは、私から単純な合図を受けとることができるものであってほしいのです。その最初の形がエッジモードです。ご存知のように大成功を収めています。

 

エッジモードプラス

 

ユーザーの皆さんの喜びようが物語っています。ただタップするだけです。音響環境が複雑でも、音に優先順位をつけて、明確にしてくれますし、AIが搭載されています。音響スナップショットを撮って、その環境に最適なパラメータ設定をシステムが自動的に判断してくれます。

 

 

デイブ:

そうです。そして、スターキーは改善し続けています。発売当初は、補聴器にセンサーを埋め込んで、身体活動や社会参加、転倒を追跡するのと同じように、ダブルタップも反応するように利用しました。

 

ユーザーさんの中には、ダブルタップよりも、スマホアプリでエッジモードを周囲に気づかれないように使いたい、という方もいらっしゃいました。今ではアプリで起動することができます。

 

アーチン:

ええ。今やスマホは多くのユーザーの生活の一部になっています。アプリを使ってすべて操作されていますね。そして、音声を理解するために特別なサポートが必要なとき、エッジモードを呼び出しています。

 

 

そんなに良ければ、

なぜエッジモードを常にオンにしないの?

 

 

デイブ:

でもエッジモードがそんなにいいなら、なぜ常にエッジモードを使わないのですか?

 

アーチン:

いい質問です。周囲の環境に対して行う最適化について考えてみてください。長時間、その環境にいるのであれば、最適な設定になっていくでしょう。たとえば、私が自習室にいるとき、周囲に2、3人の人がいて、話し声や小さな背景雑音が聞こえてくるとします。その環境に対してエッジモードを選択し、ダブルタップすると、デバイスはそれをその環境に最適化するための要求として認識します。そして、私は外に出て、異なる環境に行きました。デバイスの自動分類は私にとっては十分ですが、これまで適用されたことのない厳しい環境に対して特別なサポートが必要な場合は、もう一度ダブルタップして、デバイスに周囲の新しい音響環境をすばやく取り込ませ、その環境に対して最適化することができます。

 

私たちはこれを「ユーザーの指先にAIを搭載する」と呼んでいます。AIをコントロールできるという素晴らしい感想が寄せられています。特定の困難な状況に対して、さらに後押しが必要なとき、AIが私たちの声に耳を傾けてくれるのです。

 

デイブ:

そうなんです。そして、さらにエッジモードは会話を聞き取りやすく最適化します。

人によっては、常に聞き取りやすく最適化する必要はなく、別の時に別の目的で最適化することができます。私たちは、将来のアプリを開発しながら、この機能や柔軟性、自動化の側面を改善し続けています。

 

アーチン:

それはいいご指摘ですね。私はよく、音声の両極端について説明します。音声の理解を優先する場合、信号処理の方法は大きく変わるかもしれません。もう一方は、自然な音を求める場合ですね。

 

AIは、音声を優先するタイミングを理解したり、ユーザーから「音声をもっと理解したい」、「いや、今は周囲の音を楽しみたい」という合図を受けたりすることで、賢くなる必要があるのです。今お話にあったように、背景音が私のシグナルになる時、私はそれを楽しんでいるんですから、それを抑制してはいけません。

 

デイブ:

そうですね。私たちの製品ロードマップのすべてを明かすことはできませんが、まだまだ進化は続いていくのでぜひご期待ください。

 

アーチン:

ええ。私たちはまだ始まったばかりなんです。

機械学習とAIのパワーをさらに利用していきます。

 

 

いかがでしたか?

スターキーの最新補聴器Evolv AIにつながるストーリーは今後も更新します。

 

 

トピック: 最新補聴器, 補聴器, アプリ, 難聴と健康, ヒアラブル, はじめての補聴器, Evolv AI