補聴器のラビット

〒350-1304 

埼玉県狭山市狭山台1-18-11

TEL:04-2001-9144 FAX:04-2001-8975

営業時間:月〜土(9:30〜17:30)

定休日:日・祝日

ご来店予約・お問い合わせ

店長からのメッセージ

”補聴器は身体の一部”と感じていただけるくらいの装用感を目標に調整をしています。

お客様の悩みはそれぞれです。一緒に解決できる方法を探しましょう。

あなたの負担・不安が少しでも軽くなるように心掛けています。相談だけ、話だけ何でも気楽にお立ち寄りください。

いつでも専任スタッフが対応させていただきます。

購入後の無料クリーニング・調整・測定などアフターケアも万全に、

「お茶を飲みにきたよ」

そんな感覚でご来店いただいております。

毎週木曜日は無料訪問日です。施設への訪問もお気軽にご相談下さい。

ご希望の方は、お電話またはお問い合わせページよりご予約をお願いいたします。

ご来店を心よりお待ちしております。

カウンセリング.png

 

 

オススメしたい補聴器

スマートワイヤレス補聴器 Halo2
理由:最近のモデルはスマートホン用アプリで、音を調整できるものが増えてきました。指先で簡単に音の調節が出来るのはとても便利です。

Starkey_white_logo1.png
Muse_white.png
Halo2_white.png
店内.png

店舗への交通・アクセスのご案内

◆狭山台一丁目バス停より1分 青と黄色の看板が目印です。                          

狭山市駅東口より狭山台団地行バス8分

 

テレビ出演のお知らせ

◆狭山ケーブルテレビ

当店が狭山ケーブルテレビの「商工会議所 企業訪問 コーナー」で紹介されました。

放送は2017年6月15日まで放映予定です。是非ご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントのご案内

4月以降ニュース
現在ご案内のイベントはありません。
 
 
 
◆過去に開催されたイベント
 
スクリーンショット 2019-03-25 13.35.06平成31年3月9日(土)さやまビジネスプランコンテストの最終審査がありました。
1次を通過した6チームでプレゼンテーションが行われました。
ビジネスプランコンテストとはどんなものだろうと見てみたいとの好奇心で参加しました。
私は3番目の発表でした。「補聴器の未来」について補聴器がいかに大事な物かを話しました。
色々な方がお見えになっていて少し緊張しましたが思いがけなく、グランプリを取らせていただきました。
とても光栄です。ありがとうございました。
これを励みにこれからも頑張ります!
 
 
 
 
 

 
入曽駅から徒歩30秒のイタリアレストランデルフィーノ健康講座フェアに参加します。
「聞き取りだけじゃない?!きこえと健康危険な話」講座を開きます。
美味しいランチと共に難聴の会話のコツをご賞味下さい。
先着8名 健康ランチコース+講座  ¥1500です。
お待ちしております。
 
イタリアレストランデルフィーノ

深谷・ゆうちょ銀行 31.2.22
平成31年2月22日 金曜日 11時より
今年もまた 「ゆうちょ銀行 深谷店」にてセミナーを開かせて頂く事となりました。
内容は、 「難聴と補聴器の深い関係」です。
聴力は問題ないよ、という方も 知っておくと得する情報がいっぱいですので
ぜひ ゆうちょ銀行 深谷店にご来場ください!お待ちしております。
 
 
 

 スクリーンショット 2019-01-29 17.15.52第9回 市民公開講座 チケット平成31年3月17日(日)
福原地区福祉ネットワーク 第9回 市民公開講座に参加させていただきます。
場所 川越市 デイサービス リアン川越
開場 14:00より
管理栄養士による料理教室や
酸素ボックス無料体験(要予約)
骨盤矯正・姿勢チェック15分無料体験 他
 
当店でも 無料 きこえ体験 きこえチェックを行います。
ご参加お待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
あいサポート研修
あいサポート運動をご存知でしょうか。狭山市ではあいサポート運動に力を入れて頂いております。
あいサポート運動とは、障害のある方が困っていることなどを理解して、障害のある方に対してちょっとした手助けや配慮を実践することにより、障害のある方が暮らしやすい共生社会を皆さんと一緒につくっていく運動です。
当店では、狭山市社会福祉協議会の方に来ていただき、あいサポート研修講座を開きます。
2019年1月30日(水)14:00からです。ぜひご参加お待ちしております。
 
 
 
 
 
 

熟年ばんざい主催のセミナーを 狭山市産業労働センター にて行います。
「知っている様で知らない難聴の話」を予定しております。
平成31年2月4日 無料 先着30名様となります。
ぜひ参考に覗いてみて下さい。
 
熟年ばんざい2019.01熟年万歳イベント201902 
 
平成31年1月24日 木曜日 狭山市 小谷野 剛市長が企業訪問に来てくださいました。小谷野市長・絵皿 31.1.24
一時間半に渡り、難聴について、補聴器について聞いてくださいました。
創業時の話から、難聴の深い話まで時折質問もいただきながらとても詳しく熱心に聞いて頂きました。
補聴器への誤解・偏見や従来とは変化している難聴への対処を広める活動をご理解頂きました。小谷野市長のご理解あるお言葉に力を受けて、今後とも普及活動に励んでいきます。
緊張して出来なかったのですが、またチャンスを頂ければぜひ補聴器の体験をして頂きたいと思っております。
 
第一回 狭山まちゼミが開催されることとなりました。
当店も張り切って参加したいと思います!
狭山市まちゼミ案内
まちゼミは、そのまちの企業やお店の人が講師となって、各専門分野の知識や情報、コツを無料でお客様に提供するイベントです。
当店では、2講座開催致します。
 
知っとる!?きこえと健康  -認知症から耳鳴りまでー 
10/4(14:00~15:30) 10/21(14:00~15:30) 11/1(10:30~12:00) 11/11(14:00~15:30)
 
夫婦で探る60代からの会話のコツ
10/7(14:00~15:30) 10/11(10:30~12:00) 11/4(14:00~15:30) 11/15(14:00~15:30)
 
各会とも定員は6名までです。
9/17より予約(04-2001-9144)受付です。もちろん費用は掛かりません。
ご予約お待ちしております。
 
 
2018.5.31イベント案内

難聴と認知症には深い関係があり、難聴に対処するためには補聴器はもっとも効果的な手段だと言われています。

そこで当店では狭山台地域包括センターから専門家による「認知症サポーター養成講座」を致します。

認知症を正しく理解するための講座です。

認知症サポーターと は、特定非営利活動法人「地域ケア政策ネットワーク全国キャラバンメイト連絡協議会」が実施する「認知症サポーターキャラバン事業」における認知症サポーター養成講座を受講・修了した者を称する名称です。

受講後修了証としてオレンジリングが授与されます。
費用は掛からず、どなたでもご参加頂けます。定員10名予約制です。

奮ってご参加ください。

 

◆ 武蔵野銀行アプリに当店のクーポンが掲載されることになりました!

武蔵野銀行アプリについてはこちらをご覧ください。

◆ 株式会社顧愛 と補聴器のラビット主催

テーマ:「自宅で安心して暮らすために」〜身近な事例と解決への手立て〜

商工会議所企画.jpg

 株式会社 顧愛 吉田眞里 社長

「難聴と認知症の深い関係」 

日時:7月6日(木)14:00〜16:15

会場:狭山庵 狭山市入間川1436-1(食べログへのリンク

参加お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

◆2017年6月9日から1週間、ケーブルテレビ狭山市商工会議所の情報番組に出演しました!

ケーブルテレビに出演する補聴器のラビット三井氏

↑番組内での一コマです。

◆「熟年ばんざい」無料セミナー(終了)

テーマ:難聴と認知症の深い関係〜「聞こえ」の理解を深めるセミナー〜
日時:3月17日(金)14:15−15:30
場所:所沢市民文化センターミューズ会議室2号
会費:無料(定員30名、先着順受付)
申込方法:下記の方法から、「3/17のセミナーCを希望」と書いて、お名前・性別・年齢・郵便番号・住所・電話番号を明記してお申込ください。

① 電話:04-2939-3349(月〜金9時〜16時)

② インターネット(リンク先よりセミナー詳細もご覧いただけます)

③ FAX(04-2926-6841)、メール(viva@jyukunen.net)、ハガキ(あて先:〒359-1141所沢市小手指町1-2-20「熟年ばんざいセミナー事務局」)

「加齢とともに聞こえづらくなる耳。早めの対処の大切さを学びましょう。難聴と認知症の深い関係、難聴と耳鳴り、「音が聞こえる」と「意味が分かる音」の聞こえには違いがある、など「聞こえ」に対する理解が深まります。また、医療用補聴器と増幅器・集音器の違いや自分に合った補聴器の選び方なども解説します。

 

熟年ばんざい2017年1.2月号.jpg下記、掲載記事内容になります。

もっと聞こえると、もっと人生は楽しい!

補聴器は慣れが肝心

 補聴器は医療機器です。装用してすぐ快適に聞こえるわけではなく、慣れるために脳のトレーニングが必要です。1ヶ月くらい時間をかけて、耳に合わせて微調整しなければなりません。聞きたい時だけ補聴器を付けても、脳が慣れずに不具合が生じ「よく聞こえない」「雑音がうるさい」などの理由で使用しなくなるケースが多いのです。

 今の補聴器はコンピューター機能が内蔵されており、低い音・高い音の周波数の違いを人工知能に記憶させていくもの。静かな場所からテレビや電話、外出先と、徐々に音量・音質の調整をしていくのだと思います。

補聴器選びはお店選びが大切

 補聴器と名乗っている物の中には、増幅器や集音器といった耳に負担がかかる「音響機器」の場合があり要注意だそう。2月1日にオープンする補聴器専門店「ラビット」は、認定補聴器技能者が補聴器の選び方や聞こえ具合など、納得がいくまで対応します。補聴器は体の一部。不具合を感じるようでは耳に負担がかかります。「ラビット」では、専門スタッフが微調整を繰り返し行ってくれるので長時間使用の方でも安心です。定期点検やクリーニング、備品交換は無料でアフターサービス万全。

 耳の衰えは加齢により誰にでもおこるもの。不自由さの度合いや使用目的に応じて補聴器を選ぶことが重要です。「耳の聞こえ」に不安がある方は「補聴器専門店ラビット」のスタッフに相談してみては。