スターキーの聴覚技術を知る

スターキーの最新テクノロジーと、その背景にある最新の研究開発をスターキーについてより知っていただくための白書としてご用意しています。

新たな次元の聞こえ

スターキーは、新しい製品スタイルの導入とともに、iQを搭載した新しい製品ファミリーを立ち上げました。Acuity™OS 2を搭載した実証済みのSynergy®プラットフォーム上に構築された新しいiQシリーズで、ユーザーはより豊かでより自分らしい人生をおくることができます。 

白書「iQシリーズ概要」 

アキュイティイマージョン with e-STAT AI

アキュイティイマージョンは、空間的な聴覚を向上させるサウンド特徴を持ち、軽度・中等度の聴覚障害を伴う補聴器ユーザーに有効性の高い機能です。この機能へのアクセスは、ユーザーに、音源の位置、および物理的な存在感、または没入感を認識させるものです.

「耳介の機能を復元」技術白書

アキュイティイマージョン指向性の開発と実践

補聴器フィッティングの第1の目的は、補聴器ユーザーに聴力の回復を促すことです。可聴性の回復は、補聴器ユーザーがより効果的にコミュニケーションし、日常生活において社会活動により有意義に参加できるようにします。復元された可聴性の利点は明らかですが、昔ながらの補聴器は、人間の耳の構造における自然な指向性を考慮しておらず、耳介で生成された出力とは異なる出力を生成してしまいます。アキュイティイマージョン指向性はこの自然な耳介のもつ指向性を再現し、補聴器ユーザーが世界にもっとつながりを感じ、環境に没入することを可能にします。

白書「アキュイティイマージョン指向性」

補聴器ユーザーに音楽を楽しんでいただくために

伝統的な補聴器のゲイン増幅の目的は、提示された音声の可聴性に焦点を当ててきました。しかし、多くの補聴器ユーザーは、音声以外の日々様々な他の重要なサウンドを聞いているのは明らかです。この多くの異なるサウンド信号の可聴性と音質が聴覚障害のあるユーザーにとって重要であることを考え、スターキーは数年間を通した研究開発によって、音響スピーチ以外のユーザーエクスペリエンスを向上させるための2つの機能を導入しました。

白書「音楽を楽しむ為に」

アキュイティ指向性

最新の補聴器技術は、マルチマイクロホン指向性アレイの応答パターンを音響環境に応じて変化させることを可能にする。例えば、いくつかのシステムは、ノイズ源を識別し、ノイズ源に向けて指向性マイクロフォンによって形成された音響ヌルまたはヌルステアリングによって応答しようと試みる。この技術は、音声の明快さと騒音を快適にする向上を約束していますが、以前の実装では、現実のユーザーの利益に一貫して変換されていませんでした(Bentler et al。、2004)。 現実の利益の欠如は、マイクの「ドリフト」とそれに続くマイクのミスマッチに起因しており、マイクの指向性に悪影響を及ぼします。

続きを読む (PDF)

MEMSマイクロフォン

現代の技術は、補聴器の臨床的期待を再定義しています。これらの進歩を可能にしたマイクロエレクトロニクスは、驚異的に複雑です。 集積回路には、受動部品と能動部品を組み合わせて電圧を適切に調整し、マイクロホン、磁場検出器、受信機、無線ラジオ、アンテナなどのトランスデューサのアレイと通信する多数の接続があります。 以前の聴覚ハードウェアの設計者は、今日の技術をほとんど認識しませんでした。この進化においてめったに言及されていませんが、マイク技術も進歩を見せています。たとえば、現代のエレクトレットマイクは、感度やダイナミックレンジの低下が少なく、小型化しています。近年、電気通信産業は、従来のエレクトレットマイクロホンから、マイクロ電子機械システム(MEMS)に基づくマイクロホン技術に移行し始めています。

続きを読む (PDF)

e-STATフィッティングフォーミュラ

おそらく、補聴器フィッティングソフトウェアの最も重要な要素の1つは、難聴に基づいて規定された目標に合わせて補聴器のゲインを自動的に調整するアルゴリズムである「ベストフィット」の実装です。 処方またはフィッティングの根拠は、最終的にユーザーの増幅の受容または拒絶において大きな役割を果たします。

続きを読む (PDF)

ストリームブースト:そのサウンド全てを届ける

ストリームブーストは、高品質なストリーミングオーディオに最適化された補聴器設定を有効にする自動機能です。 ストリームブーストの設定は標準的なメモリーローテーションの一部ではありません。 むしろ、ストリーミングが開始されたときはいつでも自動的に適用され、ユーザーが必要とする操作は多く必要ありません。ストリーミングが停止すると、補聴器は以前の設定に戻ります。

続きを読む (PDF)

オートエクスペリエンスマネージャー

Merriam-Websterによると、順応化とは、新しい気候、場所、状況に適応するプロセスです。 スターキーのオートエクスペリエンスマネージャーの目的は、ユーザーの新しい補聴器への順応を促進することです。初期利得の設定では、増幅の自発的な受容を促進し、試用期間中に一貫して補聴器を着用する意欲を促進するために、ルール、最終的な利得設定と比較して低減します。 利得設定は、聴覚プロフェッショナルが決定した聴覚特性を提供する最終設定まで、時間とともに徐々に自動的に増加させます。

続きを読む (PDF)

MULTIFLEX TINNITUS TECHNOLOGYの臨床研究

Multiflex Tinnitus Technologyの開発において、中心的な目標は、一人ひとり異なる耳鳴りに悩む患者の独特の好みに適応し、耳鳴りを管理するための様々な音響療法アプローチの複数の選択肢を提供することができる製品を作成することでした(Galster,2013)。

続きを読む (PDF)

スペクトルiQ:高周波数の言葉の手がかりを掴む

この白書では、周波数変換のための2つの既存の技術を再検討し、高周波数音の可聴性を向上させる第3の新技術と対比させます。 この白書刊行時点では、主要な補聴器メーカーからの信号処理機能として2つの周波数変換技術が利用可能でした。 これらは次のとおりです:Linex Frequency Transposition(LFT)、W社から補聴器機能として「オーディビリティーエクステンダー」と表示され、「サウンドリカバー」と名付けられた機能としてP社から入手可能なnon‑linear frequency compression(NLFC)のことです。

続きを読む (PDF)

耳穴の深くに挿入できる補聴器のメリット

完全に耳あなに挿入されるCIC補聴器は、耳かけ型補聴器よりもメリットがあることが示唆されています。これらのメリットの中には、閉塞の減少(Mueller,1994)、満足度の向上(Ebinger et al.,1994)、風切り音の増幅の減少(Fortune&Preves,1994)、および空間把握能力の改善(Best et al.,2010)です。

続きを読む (PDF)

補聴器フィッティングの改善:サウンドポイントのご紹介

この白書では、ユーザーの手で音質コントロールをすることで伝統的なフィッティングプロセスを補完する新しいユーザー補助微調整プロセスであるサウンドポイントについてご紹介します。サウンドポイントは、ユーザーにも補聴器調整の知覚的世界をナビゲートできる機能を提供することにより、「面接での一方的な調整」の方法に代わるエレガントな方法を提供しています。

続きを読む (PDF)

見えない補聴器(IIC)について

CIC補聴器は、外耳道の開口部の1〜2 mmの位置まで挿入できる補聴器として定義することができます(Gudmundsen、1994)。 何年もの間、CICは、小さくて目に見えない補聴器のベンチマークとなってきました。

これまでの研究では、CICフィッティングの利点として、閉塞の減少(Mueller、1994)、満足度の向上(Ebinger、Mueller、Holland&Holland、1994)、風雑音の増幅の減少(Fortune&Preves、1994) (Bottom)が耳かけ型補聴器のフィッティング(Best、Kalluri、McLachlan、Valentine、Edwards&Carlile、2010)と比較した時、語られてきました。

続きを読む (PDF)

騒音下でユーザーの聴覚体験を改善すること

ユーザーの聴覚体験を改善する:迅速なシングルマイクロホンの騒音抑制

聴覚障害のあるユーザーは、騒音下で物事を聴こうとする時に最も自分を聴覚障害を持っているのだと自覚する経験をします。 聴覚機器の開発者は、騒音下で聴く際にユーザーの満足度を向上させる重要な目標を達成しました。 この白書では、スターキーのSシリーズiQファミリーの補聴器で利用可能な新しいデジタルノイズリダクション(DNR)アルゴリズムであるボイス iQについてご紹介します。

続きを読む (PDF)

スイープテクノロジー:未来の補聴器デザイン

聴覚機器には、常に音量の変更やプログラムされたメモリーの切り替えに使用されるボタン、スイッチ、ホイール、ダイヤルなどのコントロールがありました。 ボリュームコントロールとメモリーボタンの使用に関するユーザーのトレーニングは、聴覚補助に携わる人々の日常業務の一部であり、一部の人にとっては重要な課題になっている可能性があります。

続きを読む (PDF)

Sシリーズの技術紹介

この白書では、Sシリーズ11の機能の概要を紹介し、製品ファミリーを構成する最も顕著な機能に重点をおいて説明します。 具体的には、ピュアウェーブフィードバックエリミネーターによるフィードバックキャンセラー、実耳ライブ測定およびライブスピーチマッピングによるパーソナライズされた検証、および音響シーンアナライザーと総称される新しい快適性および明瞭度に関わるツールを取り上げます。

続きを読む (PDF)