補聴器とは

難聴について、またそれに関わる補聴器について補聴器をご購入いただく前に最低限知っておいていただきたい内容を解説します。

補聴器とは

補聴器の種類

 

補聴器には、大きく分けて「耳あな型補聴器」「耳かけ型補聴器」「骨伝導型補聴器」「ポケット型補聴器」の4つのタイプがあります。

 

 

補聴器のタイプ  概要

 

耳あな型

beans312_450400

例:CIC312

 

耳あなに収まるタイプ。耳あなにスッポリ収まる小型のものから、耳の外にまでくるものまで、いくつかのタイプがあります。一般的に大きいものほど大きな音(出力)が出ます。耳あなの形状ときこえの程度にあわせて作製するオーダーメイドタイプが一般的です。

inquiry_user

 

耳かけ型

RIC312_white.png

例:Muse RIC

 

耳にかけて使用するタイプ。操作が簡単で扱いやすいのが特長です。現在ではBTERICと呼ばれる二つのタイプが主流です。近年では、音の出る部品部分が本体と離れたRICタイプが人気になっています。

inquiry_user

 

骨伝導型

F228D_450400

 

 

例:メガネ型F228D

 

スターキーが扱っている骨伝導型はメガネ型とカチューシャ・ヘッドバンドタイプの二種類になります。メガネ型はツルの部分に補聴器を内蔵させています。メガネと補聴器をひとつで併用できる利点があります。メガネ型は成人、カチューシャ・ヘッドバンドタイプは小児用として一般的に利用されています。

inquiry_user

 

ポケット型

 


本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用します。操作は比較的簡単で、機種によっては高出力が得られますが、コードが邪魔になったり、たまに衣ずれ音が入ることがあります。



 

 

 

スターキージャパンでは「耳あな型補聴器」「耳かけ型補聴器」「骨伝導型補聴器」の3タイプをご用意しております。スターキー製品のスタイル一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

カタチから選ぶ

 

両耳装用をオススメします

 

 

補聴器は左右両方に装用することで、より自然で快適なきこえを実現できます。

 

片方の耳を酷使せず快適に、且つ長期間お使いいただくためにも、スターキーでは両耳装用をおすすめしています。

 

両耳装用のメリット

 

音の方向や距離がつかみやすいので街なかでも安心です。
●騒音や雑音の中でも言葉が聞き取りやすくなります。
●左右どちらからでも音や会話が聞き取りやすくなります。
●聞こえる範囲が広がり、音の臨場感が増します
●耳が疲れにくく、長時間の装用が楽になります。

 

両耳装用

 

スターキーに相談してみる  

今、最先端の補聴器技術とは・・・

  

最新の補聴器は従来の補聴器の枠組みでは考えられなかった進歩を遂げています。

 

鼓膜直前まで挿入することができ、外から全く見えず、隠れてしまう補聴器オトレンズ

話題のスマホと連動する補聴器Halo(ヘイロー)などその可能性も多岐に渡っています。

 

 

 

 

 

スターキーのアメリカ本社開発チームも、

以前までの「聞こえ」の研究では収まらない研究を日夜続けています。

 

補聴器技術の進歩は日進月歩。

補聴器をご購入する際にも現代の情報過多社会ではより大切になってくるのが、

お客様ご自身で適切な情報を入手することです。

 

スターキージャパンでは今、補聴器を使用されている方はもちろん、

まだ使用されていない方、または難聴にならないようにきちんと予防をしたい方、

または周りにいる難聴の方への接し方でお困りの方など様々な方へ向けて情報を発信しております。

 

下記「Hear better.Live better BLOG」をご購読していただくことで、「聞こえ」に関心を持っていただければ幸いです。

 

最新のブログ記事を確認する