Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

湖が教えてくれたこと

Topics: 体験談

私は「The Land of Ten Thousand Lakes:10,000の湖を持つ土地」に住んでいます。Wikipediaによれば実際の湖の数は11,842だそうで、私の夫のような生まれた時からのミネソタっ子だったら、きっと訂正するでしょう。私が知っているのは、ミネソタ州には湖が沢山あるということです。

 

ここではほぼ全ての住人が湖に出かけます。夏の間は特にそうです。私の夫も例外ではありません。夫は湖が、特にそこで魚釣りをするのが大好きです。子供たちが生まれる前は、夫はボートを持っていました。私自身は自分を湖の住人と考えたことはありませんでしたが、いつかは自分も湖畔に住処を持つのだろうと感じていました。

Read More

「いつも一緒に」、ある姉妹のきこえの旅路

Topics: 体験談, 補聴器

姉妹の関係は特別な関係です。あなたの妹はあなたの最初の親友、無条件にあなたを愛し、誰よりもあなたをよく理解している人なのです。姉妹は秘密、衣服、アドバイスなどを一緒に共有する関係。そしてケルシーとニコル(コーリー)ノヴァークの姉妹は、難聴も共有して人生を生きています。

Read More

より良い聞こえは人生をどう変えましたか?

Topics: 体験談

 思わず笑顔がこぼれる、涙が頬を伝って落ちる。またある人は大笑いしたり、驚いたり、ショックを受けたり、ただただ無限の喜びに満たされたり。補聴器が初めて自分の人生を変えた瞬間にどう反応するかは人それぞれですが、全てがかけがえのない瞬間に違いありません。

 

昨年、スターキーの補聴器が人生をどう変えたかについて、世界中からユーザーの声が集まりました。自己認識が劇的に変化したこと、友人や家族との距離が縮まったことなど様々でした。今回はその一部をご紹介しましょう。

 

Read More

【ユーザーズボイス】10代〜30代の補聴器装用体験談

Topics: 体験談

今回のブログは、今春から補聴器相談員として勤務中の山田恭子さんとスターキージャパンの西川との対談の内容をご紹介させていただきます。山田さんは現在、中部地域の有力な補聴器販売会社様にお勤めです。対談は新横浜のスターキージャパン本社で行われました。

 

Read More

【父の日】パパへ、難聴にも感謝してるよ

Topics: 体験談

私はいつも自分自身を「お父さんっ子」と考えていました。わたしは映画によく出てくる典型的なステレオタイプではありませんが、やはり「お父さんっ子」です。

 

私達の父娘の関係は、私が幼児のときに出来上がったことは確かです。私の父は私たちのナニー(ベビーシッター兼家政婦)の目を盗んで、私と兄にオレオクッキーを与えることが大好きでした。私たちの絆は、私が高校、大学時代に馬術競技に夢中になったとき、陸上のトラック競技やクロスカントリーに挑戦したとき、南西部の乗馬クラブに所属したときに強まっていきました。

 

父は私に愛、機会、安心と希望を与えてくれました。彼は私の馬術競技のコーチでもありました。私の馬が亡くなったとき、私は父の肩で泣きました。そして私が家で過ごしたいときは、一緒に映画を見てくれる一番の友達でした。

 

Read More

スターキー補聴器装用者のユーザーレビュー

Topics: 体験談

これまでブログを通して、補聴器が如何に世界中の人たちのより良い聞こえと人生に役立っているかをご紹介していますが、それがユーザー自身の言葉であれば、一層大きな意味を持つはずです。 以下にご紹介するのは、実際にスターキー製品を装用しているユーザーからSNSやメールで寄せられた生の声です。

Read More

Muse補聴器で取り戻した人生

Topics: 体験談, 補聴器ユーザー

ヨセフ・セニカは1929年の春、スロベニアで生まれました。1956年に、彼はアメリカンドリームを求めて27歳の時に船で米国に渡りました。しかし遡ること10数年前、ナチスが彼の聞こえを永遠に変えてしまっていたのです。

Read More

母と娘のヒアリングジャーニー

Topics: 体験談, きこえの財団

今回は母の日に因んで、スターキーのスマートワイヤレス補聴器Haloを装用されているサラ・ランクイストさんと彼女の御息女グレタさんにお願いし、母と娘の絆がどのようにしてサラさんのヒアリングジャーニー(より良い聞こえへの道のり)を助けてきたかをお話しいただきました。グレタさんは聴覚ケアとスターキーに強い関心をお持ちで、彼女の母親にとっての代弁者でもあります。そしてサラさんは、グレタさんが聴覚ケアとスターキーきこえの財団が行う慈善活動に強く惹かれていることを誇らしく思っています。母の日を記念して、一人の母親が娘との絆に助けられ、より良い聞こえにたどり着くまでの物語をお届けします。

Read More

難聴者がデートする時の5つのヒント

Topics: 体験談, 補聴器ユーザー

どんな状況であっても、デートの時は大変です。ーどんな服を着て行くか、どこへ行くか、2回目のデートは出来るだろうか…etc。特に、プロファイルと写真が全てで、コンピュータのアルゴリズムがマッチングを行う、現代のオンラインデートの世界では、相手がどのような人なのか分からないので、なおさら大変でしょう。

 

Read More

補聴器で深まったお爺ちゃんと孫娘の絆

Topics: 体験談, 補聴器ユーザー

今回のブログでは、ヤーコブ・レヴィ博士の素敵なお話をご紹介します。ヤーコブさんは大学の教授であり、長年にわたって補聴器を装着しています。彼は最近、スターキーのHalo 2補聴器を使い始めました。私たちはヤーコブさんと、ご息女のカリンさんを訪ね、これまでのきこえの旅路についてお話を伺いました。

Read More