Hear better. Live better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

クラシック音楽家はロックミュージシャンより難聴リスクが高い?

投稿者 マーケティング部 投稿日 24/01/24 11:45

トピック: 難聴と健康, はじめての補聴器

あなたがミュージシャンであれ、音楽ファンであれ、あるいは専門家の知見を楽しむだけであれ、この記事は少し興味深い内容かもしれません。

記事を読む

アクティブな生活をサポートし続ける補聴器

投稿者 マーケティング部 投稿日 24/01/10 11:45

トピック: アプリ, 難聴と健康, はじめての補聴器, Evolv AI

体を動かすことが健康に良いということは一般的に知られています。11万歩のウォーキングが、心血管疾患や13種類のがん、さらには認知症のリスクを減らすことを聞いたことがあるかもしれません。

 

 

記事を読む

ホリデーシーズン、難聴の方とのコミュニケーションのヒント

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/12/20 11:45

トピック: 補聴器, 体験談, はじめての補聴器

2016年に耳硬化症と診断され、それ以来補聴器を装用しているエイプリル コーナーさんは、スターキーに寄稿したブログで、休日の集まりを乗り切る方法について語っています。

 

記事を読む

より良い聴力で最高の休日を

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/12/06 11:45

トピック: はじめての補聴器, Evolv AI

ホリデーシーズンが近づくにつれ、だんだん忙しくなりますね。

ごちそうのメニューを考えたり、家族や友人へのプレゼント探しなど、その準備はとても大変。物事をスムーズに進め、大切な人たちへとの時間を充実させるためにも、聴こえの向上が重要です。ホリデーシーズンの今こそ、聴力測定を受け、難聴の対策を始める絶好のチャンスです。

 

では、年末年始に聴こえを改善するメリットについてお話ししましょう。

 

 

記事を読む

補聴器の装用が数百万人の認知症を予防する!?

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/11/27 11:45

トピック: 難聴と健康, はじめての補聴器

人生の中年期からの難聴への対処が、世界の認知症患者の最大9%を予防できると考えられています。

 

 

補聴器が世界を変える力を持っていることを知っていましたか?

記事を読む

難聴になると転倒しやすくなります

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/11/14 11:47

トピック: アプリ, 難聴と健康, はじめての補聴器, Evolv AI

軽度難聴の方でも、健聴者に比べて転倒の可能性が30%高くなると言われています。

私たちの身の安全にとって、聴力がいかに重要であるかを紹介します。


記事を読む

大切な方が難聴になったら…手の差し伸べ方

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/10/23 11:48

トピック: 難聴と健康, はじめての補聴器

ご家族やご友人に難聴の方がいると、こんな思いをされることがあります。

会話中に何度も聞き返さなければならないことにいら立ちを感じたり、

親戚が集まると、家族のつながりが失われてしまうのではないかと心配したりするかもしれません。


記事を読む

より良いきこえで健康的に歳を重ねること

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/10/03 11:52

トピック: 難聴と健康, はじめての補聴器

コロンビア大学アービング・メディカル・センターによると、

加齢がもたらすメリットには、自分自身や他人をより受け入れられるようになること、人生経験から得られる知恵、他者とのつながりをより強く求めるようになることだそうです。


記事を読む

難聴になると社会交流から遠ざかってしまう

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/09/19 11:33

トピック: 難聴と健康, はじめての補聴器

難聴の最大の弊害、孤独と社会的孤立に対する認識を高めましょう。

考えてみれば、これらは大きな驚きではないかもしれません: 人間は社会的な生き物であり、難聴のために聴覚やコミュニケーション、交流が難しくなると、誘いを断ったり、ネットでのやり取りや発送を断ったり、家に閉じこもったりするのはごく自然なことです。

 

記事を読む

難聴は対処できる症状です

投稿者 マーケティング部 投稿日 23/09/04 11:58

トピック: 難聴と健康, 体験談, はじめての補聴器

加齢性難聴は85歳以上の4/5に影響しています。

 

もしあなたが85歳くらいでこのブログを読んでいれば、"うん、そうだね "とうなずくかもしれません。

 

記事を読む