Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

未来の補聴器シリーズ(第4回): 脳コンピュータインターフェースとヒアラブル

Topics: ヒアラブル

前回のブログに引き続き、スターキー本社研究開発部門責任者のサイモン・カーライルからの寄稿をお届けします。今回は、脳をコンピュータとつなぎ、人間の能力を高めたり、活動を補助するための仕組みBrain Computer Interface(脳コンピュータインターフェース)とヒアラブルの可能性について、

ご紹介します。

 

 

 

Read More

未来の補聴器シリーズ(第3回):ウェアラブルとヘルスケア

Topics: ヒアラブル

あけましておめでとうございます。新年最初のブログもサーモン・カーライルからの記事を掲載しましょう。未来の補聴器の姿を垣間見る事ができます。

 

医療は大きく変わる!?

血圧、血糖値および酸素濃度レベル、交感神経の活動レベル(ストレスレベル)、皮膚表面温度、地理的位置データなどが統合されて、人間の生理学的状態や活動の詳細をリアルタイムでやりとりする・・・。

 

今日、このような計測値は世界中の医学研究プロジェクトで使用される臨床グレードのスマートモニター(身体に装着されることが多い)によって提供されています。

長期にわたるパターンの微妙な変化は、多くの病気や機能不全の状態に陥る前、早期の警告をうけることにつながるかもしれません。(Journal Artificial Intelligence in Medicineの記事より)。

 

Read More

【補聴器ライフを楽しもう】補聴器をつけて旅に出よう 北鎌倉編

Topics: 補聴器ユーザー, 体験談

みなさん、こんにちは。

 

私はスターキージャパンの西川愛理と言います。今後、装用者でもあるわたしの体験も定期的に綴らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

Read More

難聴の子を抱える母親の気持ち

Topics: 福祉, 補聴器ユーザー, 体験談

今回のブログでは、フランキー君の物語をお話ししましょう。小学校への入学を控えた彼は最近、スターキーの耳かけ型補聴器を使い始めました。彼が辿った聞こえの旅を、お母さんが話してくれました。スターキーの担当者とのインタビューを通して、国は違いますが、難聴児を持つ母親の意見をシェアしたいと思います。

 

 
Read More

50周年、より良い聞こえへの道しるべ

Topics: 補聴器ユーザー, PR

今年はスターキー・ヒアリング・テクノロジーズが人々の声をより良く聞こえるようにと設立され、50年目を迎えた年でした。創業者でありCEOのウィリアム・F・オースティン(通称:ビル・オースティン)は、1967年に「スターキー・ヒアリング・テクノロジーズ」を立ち上げたのです。

Read More

【難聴】音は聞こえているのに、言葉が聞き取れない理由は?

Topics: 難聴と健康, はじめての補聴器

難聴には程度や種類によって様々な症状がありますが、高周波数帯域の難聴は最も一般的な症状の1つです。聴覚プロフェッショナルはこの高音域の難聴を、2000Hz〜8000Hzの間で生じる難聴と定義しています。高周波数帯域での聴力低下は、しばしば難聴における最初の兆候です。

 

Read More

愛犬はあなたの声を聴く。意味は伝わっているのかな?

Topics: 補聴器ユーザー, PR, 体験談

私たちはペットを愛しています。 米国ペット製品協会(American Pet Products Association)によると、アメリカ人はこの「毛のふさふさした家族」のためのグルーミングやおもちゃ、獣医師にかかる費用、そしてエサ代に、およそ557億ドルをもかけていると言われてます。 

 

Read More

難聴者の処世術:本当に価値があるのは一つだけ

Topics: 補聴器ユーザー, 体験談

スターキー本社でSNSなどを担当しているSarah(サラ)は彼女自身が補聴器を使用しているスターキーユーザーの一人です。今回は彼女の経験を通して、難聴者にとっての処世術と言えるような行動の一端を本当に価値があるのかどうかサラの意見を記載しています。

 

Read More

補聴器がピーピー、うるさい時があるのはなぜ?

Topics: 補聴器, はじめての補聴器

補聴器の使用にまつわるネガティブなイメージの一つに、昔の補聴器が大きくかさばって、装用者の耳の中でピーピー、キーキーという鳴き声を発していたという事実があります。この鳴き声はハウリング(フィードバック)として知られています。

幸運なことに、現代の技術によって補聴器は外観も従来よりずっと魅力的になり、同時にハウリングを処理する技術も前世代の補聴器に比べてはるかに洗練されたものになっています。

 

Read More

充電式補聴器が現実のものに!

Topics: 最新補聴器, 補聴器

もしも、あなたが補聴器を装用されているとしたら、いかに補聴器の性能に電池が重要であるかご存知だと思います。また、補聴器用電池の購入がいかに不便で、常に予備の電池を用意し、会話や行事の途中で電池を交換したりなど、わずらわしさを感じられていると思います。

Read More