Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

より良い聞こえは人生をどう変えましたか?

Topics: 体験談

 思わず笑顔がこぼれる、涙が頬を伝って落ちる。またある人は大笑いしたり、驚いたり、ショックを受けたり、ただただ無限の喜びに満たされたり。補聴器が初めて自分の人生を変えた瞬間にどう反応するかは人それぞれですが、全てがかけがえのない瞬間に違いありません。

 

昨年、スターキーの補聴器が人生をどう変えたかについて、世界中からユーザーの声が集まりました。自己認識が劇的に変化したこと、友人や家族との距離が縮まったことなど様々でした。今回はその一部をご紹介しましょう。

 

Read More

発見(Discovery)プロセスをご存知ですか?

Topics: 補聴器

「発見プロセス」は、補聴器の効果を評価するためのプロセスの一部です。

 発見プロセスは、補聴器ユーザーとその家族のニーズと心配事を理解するために使用されます。また、家族の心配の深刻さに対するユーザーの意識を高め、ユーザーを拒否から受容と行動に移すのに役立てることができます。

Read More

背景雑音レベル70dBはアイデアを育む

Topics: 難聴と健康

 ハーバードビジネスレビュー誌の最近の記事「何故オープンオフィスよりもコーヒーショップの方が集中できるのか?」(英語)の中で、著者のDavid Burcasは背景雑音レベルが人々の創造的思考に与える影響に関する研究結果を取り上げています。

Read More

補聴器には多少の慣れが必要です

Topics: 補聴器

新しい靴を買った時のことを覚えていますか?店で試しに履いた時はぴったりで、全く問題なかったのに、最初にそれを一日中履いた時には足が痛くなり、靴擦れが出来たりしませんでしたか?そんな時、貴方は古い靴に戻りたいと思ったのではないでしょうか?

 

Read More

定期的な聴力測定が大切な理由

Topics: 補聴器ユーザー, 難聴と健康

私たちは、誰もが健康と幸福な暮らしを願っています。ベンジャミン・フランクリンは「1オンスの予防は1ポンドの治療に勝る」という言葉を残しました。

 

糖尿病、癌、心臓病、難聴など、現在私たちはますます予防によって病気を食い止めることに力を入れるようになっています。これは私たちの寿命が延びた一つの理由でしょう。

 

もしもフランクリンが今生きていたら、「今の60歳は昔の40歳」に同意するはずです。

Read More

【ユーザーズボイス】10代〜30代の補聴器装用体験談

Topics: 体験談

今回のブログは、今春から補聴器相談員として勤務中の山田恭子さんとスターキージャパンの西川との対談の内容をご紹介させていただきます。山田さんは現在、中部地域の有力な補聴器販売会社様にお勤めです。対談は新横浜のスターキージャパン本社で行われました。

 

Read More

若者のわずかな難聴が脳機能に影響する可能性がある?

Topics: 難聴と健康

オハイオ州立大学から発表された最新の研究(英語)によると、わずかな難聴になった若者の脳機能に、通常は高齢者にしか見られないような変化が起きていることが発見されました。これらは若者の認知症の発症リスクを増大させている可能性があることが分かりました。

Read More

補聴器の気になる音の正体は?

Topics: 難聴と健康

補聴器の装用を始めたころに、何かいつもと違う、奇妙な音が聞こえることがあります。すなわち、シー、あるいはピーと言ったノイズです。このノイズにはいくつかの原因が考えられますが、最も一般的な3つの原因について見てみましょう。そしてこのノイズを最小限に抑える方法についても見ていきましょう。

Read More

補聴器での聞こえに慣れるには練習が必要です

Topics: 補聴器

メガネとは違って、大抵は難聴の兆しがあった時点で補聴器を購入する人はいません。難聴は何年もかけて次第に進行して行くので、すぐには気付かないのが普通です。しばらくの間、貴方は自分の聞こえは問題ないと思っているでしょう。そして実際、問題なかったのかもしれません。テレビの音量を少し大きくしたり、相手に聞き返して話をもう一度言って貰ったり、騒がしい場所に行くのは煩わしいので、そのような場所に行くのを止めることで、特に問題は無かったのかもしれません。

Read More

イヤホンの共用は安全でしょうか?

Topics: 難聴と健康

先日、飛行機で旅した時に機内を見渡すと、荷物にヘッドホンを入れていないのが私一人であることに気付きました。他の乗客は皆、自分用のヘッドホンを持っているように思われたので、私は客室乗務員にイヤホンを頼まなければなりませんでした。このとき私は、ふと、他の乗客は他人とヘッドホンを共用したり、航空会社が無償提供してくれるイヤホンを使うのを避けるために自分用のものを持ってきているのかな、と考え始めました。また、世の中の多くの人は何処にでも自分のヘッドホンやイヤホンを持っていくのか?共用のイヤホンはどの程度清潔なのか?そもそも、イヤホンを共用するのは安全なのか?というようなことを考えました。

Read More