Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

難聴かどうかを知る方法

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

自分が難聴であるかどうかわからない?それは珍しいことではありません。難聴の症状は微妙で、一般的にゆっくりと現れてきます。難聴であることに気づくのに何年もかかることもあります。

 


もっと読む
0 Comments 記事を読む

最も一般的な難聴への3つの質問

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

どんな病気でもその原因を突き止めたいと思う人は多いでしょう。問題が正確にわかれば、それを考えて時間を浪費したり、不安になったり、Googleで検索したりする必要がなくなっていきます。そして、問題がわかっているからこそ、問題に的確に、集中して対処することができ、より良い結果を早く得ることができるのです。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

難聴の方への手の差し伸べ方

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

難聴を対処せずに放置すると、生活の質に悪影響を及ぼすことが証明されています。難聴を放置すると、認知機能が低下し、入院転倒うつ病の発症率が高くなり、社会的孤立や認知症のリスクが高まるという研究結果があります。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

補聴器への偏見がなくなってきた!?

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

2つの興味深い統計をご紹介します。

 

・難聴は非常に一般的で、米国の60歳以上の成人の50%、70歳以上の成人の3分の2、85歳以上の5人に4人が罹患しています。
・しかし、難聴者のうち処置を受けている人は20%にも満たないのです。

 

では、なぜ難聴者の数と処置を受ける人の数に差があるのでしょうか。


もっと読む
0 Comments 記事を読む

転んだことを検出して、アラートで教えてくれる補聴器

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

高齢者の場合、あるいは高齢者を介護する場合、「転倒」は心配事の上位に挙げられるでしょう。それには理由があります。National Council on Aging(全米高齢者評議会)によると

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

難聴への対応が認知機能の低下を妨げる役割がある?

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

ランセット委員会が実施した2017年の研究では、認知症を "21世紀の医療・社会ケアにおける最大の世界的課題 "と呼んでいます。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

難聴への対処は脳の変化を食い止めることができる!?

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

ジョンズ・ホプキンス大学やオハイオ州立大学などの研究機関による長年の研究により、難聴が脳に変化をもたらし、その変化が認知機能の低下や認知症につながることが証明されてきています。

 

難聴を長い間そのままにしていると、脳に変化を引き起こしてしまうかもしれません。(出典元:Stanford Medicine)

もっと読む
0 Comments 記事を読む

聴力測定は痛いもの?

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

このブログ記事は今までで一番短い内容になるかもしれません。なぜかって?答えは「いいえ、聴力測定は痛くありません」の一言で終えてしまうからです。


もっと読む
0 Comments 記事を読む

耳あな型補聴器の特徴は?メリットとデメリットについて

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

補聴器の購入を考えている人の中には、耳あな型補聴器について気になっている人もいるのではないでしょうか?さまざまなタイプの補聴器が展開されている中で、耳あな型の補聴器の特徴を知りたい人もいるでしょう。この記事では、耳あな型補聴器の特徴について解説します。

 

       

もっと読む
0 Comments 記事を読む

補聴器が認知機能の低下に良い影響を与える可能性

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

今日は、良いニュース/悪いニュース/良いニュースの構成になっています。

 

まず、良いニュースは、私たちの多くが以前よりも長生きしているということです。これに人類皆で乾杯しましょう。

 

難聴が気になっている方へ早期に補聴器を提供することが認知機能の低下を食い止めるかもしれない。(出典元:米国老年医学会誌)

もっと読む
0 Comments 記事を読む