Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

どうして車の中でよく聞こえなくなるのか?

トピック: 補聴器ユーザー, はじめての補聴器

私がオージオロジストであることを知った人から、「車に乗っているときに、後部座席にいる子供や孫の声が聞こえない」とよく相談されます。

 

「子供たちは日々の出来事を話したり私に質問したりしますが、私に出来ることは頷いて微笑むことだけです。車の中でもっとよく聞こえるように、何か出来ることはないでしょうか?」

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

補聴器のおすすめは?生活シーンに合わせてぴったりのものを選びましょう

トピック: 補聴器ユーザー, はじめての補聴器

難聴など聴力の低下に対して、聞こえやすさをサポートするのが補聴器。補聴器はさまざまなメーカーから発売されているので、どれにしようか迷う方も多いと思います。この記事では、補聴器の選び方のポイントについて解説します。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

新しい補聴器に早く慣れるコツはあるの?

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

1か、もっと昔のことになってしまうかもしれませんが、あなたはオペラやミュージカルなどのマチネ(朝公演)に行ったことはありますか?

 

その時、演目が終わって劇場を出た時に、日光がとても眩しく感じたことはなかったでしょうか?補聴器を最初に装用し始めたときも同じことが起こるんです。 

 

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

難聴かな?と感じたら、まずすべきこと

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

難聴を患っているほとんどの人は、生まれつきではありません。難聴は時間の経過とともに私たちに忍び寄ります。難聴は通常、騒音加齢、またはその2つの組み合わせによって引き起こされます。 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

定期的な聴力測定のススメ

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器

最近は以前に比べて多くの人が健康管理について積極的に考え、行動するようになりました。あなたすでに定期的聴力測定を行っているかもしれません。 

 


しかし、まだしていなくて、なぜそうするべきなのかを知りたい場合は、続きをお読みください 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

Livio Edge AI充電式耳あな型補聴器をオススメする12の理由

トピック: 最新補聴器, ヒアラブル, はじめての補聴器, Livio, Livio Edge AI

今までの補聴器のイメージとは全く違う、今までにない音質と最先端テクノロジーの詰まった補聴器。もし、あなたの生活がずっと楽になるような補聴器の登場を待ち続けていたのなら、この続きをお読みください。 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

認知機能の低下と難聴:関連性はあるのか?

トピック: 難聴と健康, ヒアラブル, はじめての補聴器

難聴は、世界で最も一般的な健康問題の一つです。70歳以上の成人の3分の2、60歳未満の成人の3分の1が難聴であると推定されています。

 

最近の研究では、難聴を持つ高齢者は認知機能の低下症状も経験する可能性が高いことが示唆されています。ジョンズ・ホプキンス大学の研究によると、難聴症状のある高齢者では認知機能の低下が30~40%高いことがわかっています。


 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

補聴器は認知機能の低下抑制に効果がありますか?

トピック: 難聴と健康, ヒアラブル, はじめての補聴器, Livio AI, Livio Edge AI

年齢を重ねても、精神的な健康や鋭敏さを維持したいと誰もが思っています。認知症、アルツハイマー病、認知機能の低下は、誰もが避けたい症状です。


 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

糖尿病で難聴のリスクが上昇する!?

トピック: 難聴と健康, ヒアラブル, はじめての補聴器, Livio AI, Livio Edge AI

難聴と糖尿病の関係については、長い間議論されてきました。しかし、今回の研究で、成人の糖尿病患者には難聴が多いと結論づけられました。

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

難聴と認知症、補聴器LivioAI(リビオエーアイ)がどのように両方をサポートするのか

トピック: 難聴と健康, ヒアラブル, はじめての補聴器

難聴と認知症の関係性をめぐる研究は膨大であり、今もなお研究成果が報告され続けています。例えば、

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む