Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

発見(Discovery)プロセスをご存知ですか?

Topics: 補聴器

「発見プロセス」は、補聴器の効果を評価するためのプロセスの一部です。

 発見プロセスは、補聴器ユーザーとその家族のニーズと心配事を理解するために使用されます。また、家族の心配の深刻さに対するユーザーの意識を高め、ユーザーを拒否から受容と行動に移すのに役立てることができます。

Read More

補聴器には多少の慣れが必要です

Topics: 補聴器

新しい靴を買った時のことを覚えていますか?店で試しに履いた時はぴったりで、全く問題なかったのに、最初にそれを一日中履いた時には足が痛くなり、靴擦れが出来たりしませんでしたか?そんな時、貴方は古い靴に戻りたいと思ったのではないでしょうか?

 

Read More

補聴器での聞こえに慣れるには練習が必要です

Topics: 補聴器

メガネとは違って、大抵は難聴の兆しがあった時点で補聴器を購入する人はいません。難聴は何年もかけて次第に進行して行くので、すぐには気付かないのが普通です。しばらくの間、貴方は自分の聞こえは問題ないと思っているでしょう。そして実際、問題なかったのかもしれません。テレビの音量を少し大きくしたり、相手に聞き返して話をもう一度言って貰ったり、騒がしい場所に行くのは煩わしいので、そのような場所に行くのを止めることで、特に問題は無かったのかもしれません。

Read More

補聴器が耳を傷めることがある?

Topics: 補聴器, はじめての補聴器

 新しい靴を初めて履いたとき、靴が堅い、窮屈、あるいはちょうどよい大きさだと感じることはありませんか。新しい靴に慣れるために時間が必要なのはよくあることです。新しい補聴器についても同じことが言えます。実際、新しい靴のように補聴器も装用した感覚に慣れるるために、1週間か、それ以上の時間がかかる場合があります。

 

 

Read More

補聴器の便利な機能「テレコイル」をご存じですか?

Topics: 補聴器

テレコイルはTコイルとも呼ばれ、補聴器の機能を拡張する追加のデバイスです。これは文字通り、補聴器の内部に配置されたコイル状の銅線です。最初に導入された時に固定電話に対応する機能だったので、テレコイルと言う名前が付きました。

Read More

補聴器の大敵、耳垢から守るナノコーティング

Topics: 補聴器

補聴器は湿度、耳垢、その他の異物に常に曝されています。他のハイテク機器と同様に、これらの過酷な環境への暴露で機器は劣化し、最終的に正常な機能を損なってしまうことは容易に想像できます。こうした問題は補聴器装用者のライフスタイルが活動的であるほど、加速される可能性があります。

 

このために、ほとんどすべての補聴器が湿度を弾くことによって有害な作用を遅らせ、あるいは防止する技術を備えています。この技術は「ナノコーティング」と呼ばれています。

 

Read More

最新のシナジーiQシリーズをご紹介します

Topics: 最新補聴器, 補聴器

スターキーは、最先端のバーチャルリアリティ、神経科学、そして信号処理研究領域の成果を結集した新しい補聴器シリーズを発売しました。iQ(アイキュー)と名付けられたこの新しいシリーズは、すべての補聴器ユーザーに真に没入感のある「きこえ」を体感していただくために開発されました。今までの補聴器では大切な場面で実現できなかった新次元の臨場感、明瞭さを、一人ひとりに合わせた形で提供できるようになります。

 


Read More

難聴が及ぼす人間関係の影響は?

Topics: 補聴器, 難聴と健康

妻:もう何年も、夫は私の事を無視しているんです。

夫:おまえがもっとハッキリと話すべきなんだよ。

妻:私はハッキリ話しているわ。他の人たちは私の話すことを分かってくれるんだから、あなたはワザと私を無視しているんでしょう。

夫:いや、君がぼそぼそ話すのがいけないんだよ。

Read More

犬が補聴器を飲み込んじゃった!

Topics: 補聴器, 難聴と健康

不思議なことに、犬というものは、食べてはならない物を食べるという特殊な能力をもっているようです。あなたが買った高価な鞄、ごみくず、子どものおもちゃ…などなど。しかし犬が食べそうな物の中でも、最も危険な物は補聴器と補聴器用電池です。

Read More

補聴器がピーピー、うるさい時があるのはなぜ?

Topics: 補聴器, はじめての補聴器

補聴器の使用にまつわるネガティブなイメージの一つに、昔の補聴器が大きくかさばって、装用者の耳の中でピーピー、キーキーという鳴き声を発していたという事実があります。この鳴き声はハウリング(フィードバック)として知られています。

幸運なことに、現代の技術によって補聴器は外観も従来よりずっと魅力的になり、同時にハウリングを処理する技術も前世代の補聴器に比べてはるかに洗練されたものになっています。

 

Read More