Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

【スターキーきこえの財団】未来を見据えた取り組みへ

トピック: きこえの財団

私たちはコロナウイルスの流行という新しい現実の中で2021年を迎えました。現在、アメリカのスターキーきこえの財団からの直接対象者へのフィッティングミッションは行われていませんが、財団の活動が現在においても地域に根差していることをお伝えできればと思います。

 

Starkey Hearing Foundation(スターキーきこえの財団)は、創設者ウィリアム・F・オースティンが1984年の設立時に彼の示したビジョン「世界のきこえのために」と、設立から現在までに世界に与えた影響、そして多くの人をケアしてきた年月に思いを馳せています。

 

コロナウイルスによる活動への影響

コロナウイルスによるニューノーマルの世界の中でも、発展途上国におけるパートナープログラムの持続可能性をサポートするために、スターキーきこえの財団は独自のWFA®聴覚ヘルスケアモデルの教育とトレーニングに引き続き最優先で取り組んでいます。

 

スターキーきこえの財団は、過去20年間、世界中で数百万人の聞こえをサポートし、聴覚、難聴、補聴器に関するトレーニングや教育を行ってきました。

 

私たちの知識と革新的な地域密着型の聴覚ケアモデルを独自に組み合わせることで、70カ国で聴覚ケアの専門家とプログラムを生み出してきました。

世界的なパンデミックの影響を受けて、パートナーシップをサポートする次の章に移行していますが、人々を助けるという私たちの目標は揺るぎません。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

創業者ビル・オースティンとスターキー補聴器について

トピック: 補聴器, 補聴器ユーザー, 補聴器販売店, きこえの財団

先日、ミネソタ州のティム・ウォルツ知事は、2021年2月10日を「ウィリアム・F・オースティンとスターキーデイ(スターキー記念日)」と宣言しました。

 

1961年2月10日、スターキー創業者ウィリアム・F・オースティン(通称:ビル・オースティン)は聴覚ケア業界でのキャリアをスタートさせました。

 

州知事の宣言は、幅広い人々に影響を与えた特別なグループや個人に対してのみ発せられるもので、個人がこの栄誉を受けることは非常に稀なことです。これまで、ウォルツ州知事が特定の個人を表彰する宣言文を発行したのはわずか11回にすぎません。

 


ビルは人に奉仕することに人生を捧げてきましたが、その情熱があるからこそ、このような栄誉が与えられたと考えられます。この歴史的な快挙に全世界6000人以上のスターキー社員も彼を祝福しました。

 

以下は、スターキー創業者ビルのこれまでの活動からスターキー補聴器について、現スターキー本社社長兼CEOであるブランドン・サワリッチが記述したメッセージを引用しながら、補聴器ユーザーのみならず、補聴器業界に携わる全ての方々へお届けします。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【スターキーきこえの財団】5月~6月の補聴器寄付台数

トピック: PR, きこえの財団

早いもので、2020年も7か月が経ちました。

 

今年の3月は、3月3日の国際耳の日にちなんで、本ブログでスターキーきこえの財団についてご紹介さしたこともあり、3月4月にスターキーに届いた寄付補聴器の台数を発表させていただきました。

 

今回は、5月と6月に届いた補聴器の台数をご報告いたします。

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【スターキーきこえの財団】4月の補聴器寄付台数

トピック: PR, きこえの財団

早いもので、2020年も5か月が経ちました。

 

今年の3月は、3月3日の国際耳の日にちなんで、本ブログでスターキーきこえの財団についてご紹介させていただきました。そして、先月は3月にスターキーに届いた寄付補聴器の台数を発表させていただきましたが、今回は、4月に届いた補聴器の台数をご報告いたします。

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【スターキーきこえの財団】3月の補聴器寄付台数

トピック: PR, きこえの財団

早いもので、2020年も3か月が経ちました。

 

先月、3月3日の国際耳の日にちなんでスターキーきこえの財団についてご紹介してきました。そこで、今回は、3月中に寄付用としてスターキージャパンに届いた補聴器の台数をご報告いたします。

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【スターキーきこえの財団】世界のきこえのお母さん タニ・オースティン

トピック: きこえの財団

スターキーきこえの財団の創設者はビル・オースティンですが、彼の妻タニ・オースティンはご存知でしょうか。彼女は「世界のきこえのお母さん」として世界中の人々に愛されています。

 

ビル・オースティン タニ・オースティン夫妻

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【スターキーきこえの財団】きこえが与える希望

トピック: きこえの財団

耳が聞こえないことで、コミュニケーションが取れないことは本人だけでなく周りの人にとっても辛く、歯がゆいことです。

 

大切な人の声が聞こえたら・・・

 

大切な人の笑顔を見ることが出来たら・・・

 

どんなに嬉しく、楽しいことでしょう。

 

スターキーきこえの財団は、経済的に補聴器を入手することが出来ない国に住む、きこえを必要としている150万人以上の人達に、笑顔と希望を与えてきました。

 

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【スターキーきこえの財団】フィリピンからのメッセージ

トピック: きこえの財団

今月は3月3日「国際耳の日」にちなんで、スターキーきこえの財団の活動等を紹介させていただきます。

 

2020年2月14日(金)、フィリピンの首都マニラでは、スターキーきこえの財団のスタッフたちが、コロナウィルスの影響もある中で、活動を行うべきか?延期するべきか?朝から悩んでいました。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【国際耳の日】難聴に人生の可能性を制限させない

トピック: PR, きこえの財団

本日3月3日は、ひな祭りですが、「耳の日」でもあることはご存知ですか?

また、この「耳の日」は、日本だけでなく「国際耳の日」といって、世界的な記念日でもあります。

 

国際耳の日にはテーマがあり、2020年のテーマは Hearing for life: don’t let hearing loss limit you.(人生のためのきこえ:難聴に人生の可能性を制限させない)です。

 


 

もっと読む
0 Comments 記事を読む

【スターキーきこえの財団】2019年の活動報告

Posted by Airi Nishikawa on 20/01/10 15:00

トピック: PR, きこえの財団

スターキーは、補聴器の製造・研究・開発などを主に行っている「スターキー・ヒアリング・テクノロジーズ」と、きこえを必要としている世界のすべての人々にきこえの贈り物を届ける活動を行っている「スターキーきこえの財団」の2つから構成されています。

 

前者の日本法人がスターキージャパンになります。スターキーきこえの財団は1984年から36年に渡って100か国以上の人々に、きこえの贈り物として補聴器を届けています。今回は、スターキーきこえの財団の2019年度の活動をみなさんにご報告させていただきます。

 

もっと読む
0 Comments 記事を読む