Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

ビル・オースティン=スターキーの哲学 パート1

以前弊社記事にてお伝えしたように、スターキー創業者のウィリアム(ビル)・オースティンは、2月に聴覚ケア(補聴器)の分野に従事して60年を迎えました。

 

ビルは、補聴器メーカー「ビッグ6」の1つ、スターキーの創業者であり、1970年代から現在に至るまで世界的な補聴器メーカーを継続的に率いてきた数少ない人物の1人です(記者が知っている限り、他にはワイデックス社のトホルム氏とウェスターマン氏である)。


IMG_9854-1280x640
この記念すべき年、The Hearing Reviewはビル・オースティン氏とZoom経由で話をするという素晴らしい機会を得ることができました。

 

補聴器に「命を吹き込む」

記者:1970年代に聴覚ケアビジネスに参入したときの様子や、業界の成長をどのように見て、また、この分野の革新者として最もよく知られていることについての見解をお聞きしたいと思い、この機会に質問します。ビルは哲学者であり、補聴器を必要としている人々の耳に補聴器を届けることに挑戦しながら、常に補聴器に「命を吹き込む」ようにしているように見えますが、その理由は?

ビル:私は哲学的な人間であり、自分の哲学に基づいて行動してきました。私は人生を通じて、お金にはあまり興味がありませんでした。それが私のモチベーションになるわけではなく、そもそも、なぜ仕事をしたいのかが私のモチベーションを決めてきたと思います。その理由がしっかりしていれば、自分が目指しているものに満足だし、それでいいと思っていました。そうやって、うまくいくまでやり遂げようという気持ちが生まれたのです。

 

StarkeyAd_Apr1975HI_BC-610x837それは、必ずしも誰よりも賢く考えたり、多くの人を出し抜いたりすることではなく、奉仕することで得られるものだと思います。

 

1970年代 スターキー創業時

記者:あなたは1970年にスターキー社を買収されました。多くの人が、現在聴覚ケアは激動の時代だと言っていますが、1970年代は、上院チャーチ委員会の公聴会、FTCの介入、ラルフ・ネーダーとグレイ・パンサー、オージオロジストが初めて補聴器を販売し始めたことなどがあり、今と同じくらい激動の時代だったと思います。実際、1970年代にはパンデミックでもないのに、補聴器の台数が約60万台から40万台に減少した時期がありました。"自分は何をやっているんだ?"と思ったことはありますか?


ビル:スターキー補聴器の最初の広告は、1975年4月号の「Hearing Instruments」誌の裏表紙に掲載されたもので、60日間の試用期間を設けたスターキー耳かけ型CE補聴器の宣伝だった。この広告によると、スターキーは、すべての耳かけ型補聴器の総生産量を上回るカスタムメイドの耳かけ型補聴器を製造している。スターキーのリーダーシップが現実的だったのは、すべての補聴器の専門家に60日間の試用期間を提供していることだった。この試用期間は、30日または60日装用された方に引き継がれる。このような補聴器の販売方法は、日々重要になってきている。


ビル:1970年代には、業界はちょっとした衝撃をスターキーから受けました。その通りです。スターキーが最初に業界にもたらした唯一の成長分野は、耳あな型オーダーメイド補聴器のインザイヤー(ITE)製品であり、これが台数を押し上げました。ITE補聴器は、2000年代半ばにオープンフィットの耳かけ型補聴器に追い越されるまで、販売される製品の大半を占めていました。現在は、充電式耳あな型補聴器で、再び耳あな型補聴器が復調しはじめています。

しかし、1970年までには、私は自分が何に夢中になっているのか正確に分かっていました。私は1961年に自分のライフワークが何であるか、なぜ(聴覚ケアに)携わりたいのかを理解していましたから。

 

ビルが補聴器に携わることになったきっかけ

記者:そこで、ミネアポリスでの人生を変えるような旅が始まるわけですね。このことについて読者の皆さんに教えてください。

ビル:そうですね、私はもともと医者になるつもりで、【ミネソタ大学ツインシティーズ校】で学位を取得しました。当時の私は、アルバート・シュバイツァーと彼のアフリカでの活動の話に突き動かされていました。私はシュバイツァーに感銘を受けました。彼の生命に対する敬意は、私の心に深く響きました。彼は私が手本にしたい人物でした。そのように確信を持てたことは幸せなことでした。そして、私は医師になることを目指していました。それが私の医学部入学の目的でした。

 
CP2_2237-610x917
大学生だった私は、学費が必要だったので、叔父のフレッド(ウィロビー)の補聴器事務所で、補聴器ではなくイヤモールドを作る仕事をしていました。そこにはチャック・ストレインという人がいて、作り方を教えてくれました。最初の日、彼はイヤモールドの作り方を2、3個教えてくれただけで、呼ばれて立ち去り2階に行ってしまいました。2階の人たちは、チャックには埃にまみれているよりも補聴器を売ってほしいと望んでいたのです。埃にまみれるのは私の仕事になりました。それで、私はイヤピースを作る仕事に就きました。そして、すぐにやり方を覚えて、できる限りのことをしました。国際補聴器協会の前身である全米補聴器協会が発行している本を読み始めました。
 
当時、彼らは認定プログラムを確立していました。フレッドはそのプログラムを受けようとしたのですが、結局やりたくなかったので私にくれたのです。私はそれに目を通し、結局もっとたくさんの聴覚関連の本を読むことになりました。当時の私は読書が好きで、よく読んでいました。しかし、私は宣教師になりたいと思っていましたし、シュバイツァー博士のように人の命を救いたいと思っていました。その時は、補聴器はそれほど重要ではないと思っていました。

ビルは、1970年8月にスターキーを買収し、イヤモールドと全メーカー対応修理工場としてスタートしたスターキー社を、世界最大級の補聴器メーカーに育て上げた。最近では、妻のタニと一緒にスターキーきこえの財団を設立し、世界中を旅している。

そんなある日、重度の難聴のお年寄りが診察室に入ってきました。私の叔父や2階の店員たちは、彼の補聴器のハウリングを止めることができなかったのです。彼のためのフィッティングは不可能に見えました。そこで、イヤモールドを作るために私が呼ばれました。私はすぐに問題を解決し、彼の耳は非常によく聞こえるようになりました。しかし、彼の目を見たとき、その助けを受けたことが彼にとってどのような意味を持つのかを知り、私は衝撃を受けました。それはとても深い瞬間でした。私はショックを受けていました。言葉にすることができなかった。

その日は仕事が終わったので、市営バスに乗って住んでいるところに戻りました。私はバスの中で窓の外を眺めていましたが、この経験を処理するためには、一人で考える時間が必要だと思いました。そして、バス停の屋根の梁に書かれていたこの言葉(元はフィリップス・ブルックスの言葉)を目にしたのです。

"謙虚であるための真の方法は、自分よりも小さくなるまで身をかがめることではなく、自分の偉大さの本当の小ささが何であるかを教えてくれるより高い自然に対して、自分の本当の高さで立つことである"

そして、私はこう思いました。私は挑戦したいのです。楽な道を探すのではなく、もっとやりたい」と思いました。

私は家に帰りましたが、その年配の紳士との出会いと、あの短い言葉が頭から離れませんでした。私は2階の自分の部屋に行き、あなたに話しているのと同じように、声に出して話し始めました。ビル、君が医者になりたいのは、人を助けるためだよね。この仕事をしていれば、人を助けることができるし、人を殺すこともないだろう」と言いました(私は死を医学の一部として受け入れているからです)。そして、しばらくこのような話を続けていたのですが、最終的には、「医者としてなら、あなたは1日に何人の人を助けることができるだろうか?診察と治療だけなら、20人か25人でしょう。一生をかけて1つの村に影響を与えることができれば、それは素晴らしいこと。しかし、補聴器を使ってこの仕事をすれば、あなたの贈り物が多くの人の手に渡って活用され、世界にインパクトを与えることができる」。

私にとっては、「世界」と「村」という明白な選択でした。私は、人類へのより大きな贈り物の一部になりたいと思いました。そして、本当にその時に、なぜ自分が仕事をするのかがわかったのです。あとは、実際にそこに行くだけでしたね。

2016年スターキー・ヒアリング・イノベーション・エキスポで演説するビル・オースティン氏。ラスベガスで開催された「2020 Starkey Hearing Innovation Expo」で、自身のキャリアを振り返るウィリアム(ビル)・オースティン。
 

企業買収


記者:スターキーを買収したのは、イヤーモールドの製造業者であり、その分野については専門的に理解していたということですね?

ビル:そうですが、実際には、私は何もないところから始めて、世界最大の全メーカー対応の修理ラボを持つに至りました。私がスターキー社を買収したのは、特別な価値のある会社だったからではなく、ポール・ジェンセンというデンマーク人の紳士が作っていた耳型が素晴らしかったからです。ハロルド・スターキーは、引退してポールに事業を売却した後、奥さんと一緒にミネソタ州のブラックダックへと移動しました。ハロルドは事業をすべてポールに託しましたが、作れる補聴器の数には限界がありました。

私がスターキー社を買収した時、その前の数年間は事業が成長しておらず、ポールは同じ数の耳型を作り続けていただけで、まともな生活をするのがやっとという状態でした。しかし、ポールは立派な職人で、補聴器の内部シェルを作る方法を考え出し、内部を滑らかに作り上げることに成功していました。それまでは、自分で削っていたので、イヤモールドラボを購入した最大の目的は、ポールを手に入れることでした。実際、現在もカスタムオーダーメイド製品用の非常に精巧なイヤモールドを作っていますが、これはお客様のニーズに応えるためです。イヤモールドラボは決して大きな利益を生むセンターではありませんでした。しかし、これはスターキー社を他社と差別化する真のサービスであり、真の技術分野です。なぜなら、優れたイヤモールドは聴覚プロフェッショナルにとっても補聴器ユーザーにとっても、非常に価値のあるものだからです。優れたイヤモールドは、非常に価値のあるものですが、それを安定して生産することは想像以上に難しいのです。

そんなわけで、私はStarkeyを買うことになったのです。今は、どうすればもっと良いものができるかを考え、人類にもっと大きな贈り物ができるような未来の一部になりたいと思っています。それが私のモチベーションです。本当のモチベーションをしっかりと持っていれば、物事はうまくいくものです。

記者:あなたが自分のモチベーションや哲学で動く人だということには完全に同意します。しかし、私は1990年代にHIA(アメリカ補聴器工業会)の統計委員会であなたと一緒に活動していましたが、あなたも(スターキーの元マーケティングマネージャー)マイク・バスティアも、いつも緑と白のストライプのコンピュータを脇に挟んでいたのを覚えています。いつでも、あなたやマイクに何か質問すれば、すぐに数字を出してくれました。ですから、あなたの "分析的な側面 "を適切に評価しているかどうか気になります。

ビル:そうですね。でも、不完全で不正確な情報を与えられるのは好きではありませんでした。当時、私たちが持っていたHIAの情報は良かったのですが、かなり不完全で、米国市場で実際に起こっていることとは異なる絵を描くことが多かったのを覚えているでしょう。正しい判断をするためには、真実を知り、正確な情報に基づいて判断をしなければならないと思います。ですから、私は常により意味のある数字を求めていました。

記者:そうすると、あなたは分析や「数字のタイプ」の人間ではないということですね?

ビル:そうですね、私は数字に強い人間ではありません。私はどちらかというと、その時に必要とされるところに流れていく人間ですね。もしスターキーが特定の分野で問題を抱えていなければ、私は介入せず、見ないし、考えもしません。しかし、何か問題を抱えている場合は、その問題を理解しようとし、人々と話し、情報やデータを集め、さまざまな角度から問題に耳を傾け、見ていきたいと思っていますよ。
 
 

補聴器テクノロジーへの理解

記者:私はあなたはスターキーのほぼすべての側面に関与していたことを知っています。実際、1990年代にスターキーで働いていた多くの人から聞いた話では、夜中の2時や3時にシェルや修理ラボのような場所であなたを見かけることがよくあったそうです。

ビル:ご存じのように、当社には業界最高のエンジニアが数多く在籍しており、その中にはデイブ・プリーブス氏やビル・エリー氏など、業界に多大な貢献をした人もいます。しかし、私は裏方として、人々の役に立ちたいという思いから、自分が興味を持ち、挑戦したいと思う問題に取り組んでいました。

昔は多くの開発が大規模なエンジニアリングチームによって行われていたわけではありませんでした。その代わり、本当に優秀で革新的な技術者たちが作っていることが多かったのです。彼らは大学で教育を受けていることもありますが、おそらく海軍などでレーダーシステムを担当したり、回路を理解したりしていた人が多かったでしょう。当時はとてもシンプルだったので、私でさえ回路を理解するようになりました。

ダイナミックレンジを広げるにはどうしたらいいかとか、電子聴診器を作るにはどうしたらいいかなどの話をして、それを実際にテストして作ってみたり、無声症の人のために頭につける骨伝導補聴器を作ったりしました。補聴器、耳鳴り用マスカー、マスカー付き補聴器、特殊機器など、70年代から80年代にかけて、さまざまなものが作られました。


記者:1980年代にはデジタル補聴器の試みもあったと聞いていますが?1980年代にニコレット・フェニックスのデジタル補聴器プロジェクトが商業的に実現しなかったことについて、ヴェロニカ・ハイデ氏の記事を掲載しましたが、その時にもデジタル補聴器を開発していたとは興味深いですね。

ビル:そうなんです。実際、1980年代には最初のデジタル補聴器になるはずだったものを開発していました。私たちは、時代と技術を先取りしていたのです。デジタル信号処理で何ができるかはわかりましたが、あまりにも先を見過ぎていました。なぜなら、技術的な要素がすべて揃う前に、時代に先駆けて何かに取り組み、労力と資金を費やしても、その成果が得られないのであれば、それは特に生産的ではないというのが正解だからです。しかし、私は気にしませんでした。私の他にもこの研究をしている人たちがいて、実際、3人の優秀なエンジニアからなる国際チームが、最初のデジタルアルゴリズムを作り上げました。しかし、商業的な実用性という点では、当時はまだ十分ではありませんでした。

ビル:でも少なくとも、未来を察知していた自分を褒めることはできますよね?

ビル:鋭いというよりも、未来に大きな影響を与えたいという気持ちが強いのかもしれませんね。もう少し高い山に登れば、明日が見えるし、それは美しいものになると思う。私は、人々のためにそのより良い未来の一部になりたいのです。構想すれば実現できることはわかっています。

ただし、タイミングの問題もあります。テクノロジーを先取りしすぎてもいけませんよね。すべてのピースが揃い、準備が整ったときにそこにいなければなりません。

今日、技術の進歩は非常に速く、私たちの製品もこの20年間で急速に進歩しました。初期のデジタル補聴器は、アナログ補聴器と同等かどうかはわかりませんが、メーカーにとっては必要な最初のステップでした。デジタル補聴器が進化するにつれ、ハウリングや閉塞感の管理、特定の騒音問題、その他多くの重要な問題に対処するなど、より多くのことができるようになってきました。私たちの製品はどんどん良くなっていき、今ではこれまでよりもずっと良くなっています。そして、これからもさらに良くなっていくでしょう。私たちはその道を歩んでいます。

今日のイノベーションの道のりは、以前と比べて非常に速くなっています。昔は3~5年ごとに補聴器の新モデルを発表していましたが、「大きな改良」といえば、フェイスプレートのドアを引き出し式からスイング式に変更したことや、新たに鋼材を切断し、金型を作り直したりして製品を少し改良したことでしょう。当時は、それが「大きな進歩」だったのかもしれない。それが今では、誰も口にしなくなり、後回しになっています。

私たちは今、より大きなこと、より良いことをするために競争しており、昔は想像もできなかったような素晴らしい技術を人々の耳へ届けています。
 
 
 

今回の記事はThe Hearing Reviewに2021年3月29日に寄稿された記事を元に構成しています。

トピック: 補聴器, 補聴器ユーザー, 補聴器販売店, きこえの財団