Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

ビル・オースティン=スターキーの哲学 パート3

今回のブログでは、以前に取り上げた記事の最終編として、スターキー創業者、ビル・オースティンへの業界誌インタビューの第三弾をお届けします。

 

2021年2月、ウィリアム(ビル)・オースティンは、聴覚ケア(補聴器)分野の仕事に従事するようになってから60年を迎えました。ビルほどこの聴覚ケア(補聴器)業界の歴史を最前列で見てきた人はいません。1970年に小さなイヤモールドのラボを購入、このスターキーラボを世界最大級の補聴器メーカーに育て上げ、補聴器の技術、業界の進化に大きな役割を果たしてきました。

 

Screen-Shot-2021-05-04-at-1.45.16-PM-3-1024x471


2019年のスターキー・ヒアリング・イノベーション・エキスポでスタンディングオベーションを受けるビル・オースティン。

 

The Hearing Reviewはこの記念すべき年に、ビル・オースティン氏とZoom経由でじっくり話をする絶好の機会を得ました。以前掲載したこの記事のパート1では、オースティンがどのようにしてこの業界に入ったのか、スターキーを買収したこと、そして初期の補聴器技術についてご紹介しました。


記者:御社のスタッフと長年にわたって会っていると、業界のレジェンドを数多く採用していることに気づかされます。例えば、私がこの業界に入った約25年前、スターキーはジム・カラン、アール・ハーフォード、デビッド・プレヴス、デール・ソースタッド、ジェリー・アグニューなど、聴覚ケアの正真正銘の「オールスター」を採用していました。そして、何十年もの間、非常に優れたオーディオロジスト、エンジニア、経営者を採用し続けてきたのですね。スターキーを買収したのは、それまで見た中で最高のイヤモールド製作者ポール・ジェンセンの存在が大きかったとおっしゃっていました。それがこの伝統の始まりだったのでしょうか?

ビル:スターキーは非常に幸運なことに、非常に優秀な人材を集めることができ、もちろんそれが成功に大きく貢献しています。70年代初頭を思い出すと、当時最高のエンジニアと思われるビル・イーリーを採用しました。また、当時最高のオーディオロジストの一人であったテリー・グリフィングは、メイヨークリニックで働いた後、クオリトーンで働いていましたが、彼を採用しました。もちろん目標は、私たちをより良くしてくれる人を見つけ、最終的にはより多くの難聴者を助けることです。

しかし、スターキーの本当の強みは、スーパーマンを見つけることでも、採用することでもないことに気づきました。なぜならそれは神話だからです。スーパーマンはいません。目標は、働くときに笑顔を見せ、個人のスターではなく、何かの一部になりたいと思う普通の人を雇うことです。そして、チームとして協力して地域社会への贈り物の一部となり、そのチームワークに大きな満足感を得ることができるのです。そのような気持ちを持ち、スターキーの理念に共鳴した人たちが、素晴らしい社員になってくれたのです。

私は初期の頃から、採用するために候補者を見て、仕事に満足しているか、自分のやっていることに前向きであるかを確認するようにしていました。彼らの中には大きな弱点がありました。この分野では優れているが、この面やあの面ではあまり優れていない、ということですね。それが人間というものです。私は彼らの弱点を気にせず、彼らが何をできるかを気にしました。チームの強みはそこにあります。足りない面を他の優れた人でカバーすることができるからです。

ネガティブな部分や悪い部分を気にしていると、失敗や絶望を発見してしまいます。何が正しいのかを見極めるために時間をかければ、ほとんどの人が成功への道を切り開くことができます。だから、私は人の才能や正しい点を探します。そして、私たちは普通の人々を「スーパーマン」にするのではなく、より良くしようとしてきました。

実際のところ、私たちは普通の人からスーパーなパフォーマンスを引き出すことができました。業界では、「スターキーからこの人やこの人を雇えば、スターキーのように成功の鍵になる」と考える人もいました。しかし、それは違います。スターキーの成功の鍵は、追求する価値のある重要な価値を受け入れたことにあります。それは、自分の仕事に満足していることや、チームの良いメンバーであることに直結します。私の優秀な社員たちは、いくら稼げるかということにとらわれず、自分がやっていることや、チームの中で働くチャンスがあることに興奮していました。どんな欠点や弱点があっても、チームの中でうまくやっていけば、大きなプレッシャーを感じたり、失敗したりすることもなく、十分な報酬を得ることができるからです。単純なことですね。

記者:私はスターキーの社員の自主性にも感心しています。スターキーのインターンシッププログラムは、業界初の学生向けプログラムで、私も素晴らしいと思っていたのですが、アール・ハーフォードがあなたに相談し、あなたが「やってみろ」と言ったことから始まったと言っていましたね。

 

 

ビル:その通りですね。個人的には賛成できない、あるいは成功するとは思えないようなプロジェクトでも、情熱を持っている人なら追求する価値があると思います。情熱があれば、より良い仕事ができるし、より多くのことを成し遂げられるからです。そして、もしうまくいかなくても、良い精神を持ってやっているのだから、私たちを傷つけることはない。だから、無理のない範囲で、人に何かをさせたり、目的を追求させたりすることには大賛成なのです。今回のケースでは、アールがインターンシップ・プログラムをとても楽しみにしていました。それはそれでいい。私は彼にそれをさせました。それが我々の利益にならないことはわかっていましたから。繰り返しになりますが、ネガティブな要素やアイデアの問題点を探すのではなく、ポジティブな要素やどうすれば前進できるかを探し続けるのです。

記者:スターキーがテクノロジー主導の企業になったのは事実です。しかし、ビル・オースティンについて聞かれたとき、私は「あなたはいつも、補聴器の専門医が必要としているものを、彼ら自身がその必要性を明確に認識する前に理解するコツを持っているようだ」と答えています。テクノロジーが変化し、このダイナミックな分野において、聴覚ケアの専門家が将来のビジネスに備えるために何をすべきだと思いますか?

ビル:前にも言いましたが、自分の仕事を愛し、笑顔で仕事をすることが大切です。本当に成功したいのであれば、まず自分のモチベーションを見つける必要があります。私たちのビジネスでは、補聴器ユーザーを大切にしなければなりません。補聴器ユーザーは売り込まれることを望んでいるのではなく、気遣ってもらいたいのです。結局のところ、私たちは思いやりのある職業であり、プロフェッショナルは毎回ベストを尽くすだけの思いやりが必要なのです。一人ひとりの補聴器ユーザーに関心を持ち、補聴器ユーザーの聴力の可能性を最大限に引き出し、製品を理解して最大限に活用してもらう必要があるのです。

では、現在、そして将来にわたって成功したいと思うなら、何をすればいいのでしょうか?何をするにしても、一生懸命働き、得意にならなければなりません。これはすべてに当てはまることです。仕事に満足していなければ、笑顔にもなれないし、うまくいかないでしょう?そして話し辛い人という風に見られてしまいますよね。

最終的には、人を助けることが本当に好きで、自分が診ている補聴器ユーザーのことが本当に好きで、そのことに大きな満足感を得られる人でなければなりません。そう思って努力を続ければ、必ず上達して、素晴らしいサービスを提供できるようになるでしょう。モチベーションが第一です。仕事をしようとすることから学ぶのです。本を読むよりも、その方がよっぽど勉強になります。熟練した聴覚ケアの専門家が持っているようなスキルやトレーニングを身につけ、人を助けたいというモチベーションを持って一生懸命に取り組めば、補聴器ユーザーにとって正しいことをするだけで、将来的にはとても良い結果を出すことができるでしょう。

補聴器や将来の機器によって助けられる聴覚関連の問題を抱える人は非常に多いでしょう。私たちの職業、技術、そして業界において、私たちは素晴らしい分岐点にいます。補聴器ユーザーに素晴らしいケアを行ってください。そうすれば、あなたの成功を妨げるものは何もありません。

 

 

以前までの記事を再度ご覧いただきたい場合は下記をクリックいただくと便利です。

 

パート1

パート2

 

 

トピック: 補聴器, 補聴器ユーザー, 補聴器販売店, きこえの財団