ニュース

    スターキージャパンからのお客様へのお知らせです。

    最新情報を公開中!! こちらをクリック!

    【掲載情報】メガネ・補聴器の専門誌ジアイズに新製品イベントの様子が紹介されました!

    【掲載情報】メガネ・補聴器の専門誌ジアイズに6月5日(水)に開催されたスターキー新製品イベントの様子が紹介されました。

     

    THE EYES7月号

    (ジ・アイズ 令和元年7月15日発行 50ページ)

     

    2019年7月15日発行のメガネ・補聴器の専門誌ジアイズにスターキー新製品イベントについての記事が掲載されました。

     

    下記に了承いただきまして、記事の全文を引用させていただきます。

     

     

    スターキージャパン㈱

    3Dセンサーと人工知能(AI)を搭載した世界初の"Healthable™補聴器"

    新製品「Livio AI(リビオ エーアイ)」発表のプレス向け会見と発表会開催

     

     スターキージャパン(株)(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ポール・サイトウ氏)は、3Dセンサーと人工知能(AI)を搭載した世界初の"Healthable™(ヘルサブル:健康志向)補聴器"新製「Livio AI(リビオ エーアイ)」の発売にともない、アメリカのスターキー・ヒアリング・テクノロジーズ社長ブランドン・サワリッチ氏及び、開発、技術、聴覚部門の各責任者などが来日。6月5日午後12時半から、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜でプレス向け記者会見が開催され、大勢の販売店関係者が参加、同製品への関心の高さが伺えた。

     

     記者会見では、同社金丸公治営業部部長が司会を務め、ポール・サイトウ社長の開会挨拶に続き、スターキー・ヒアリング・テクノロジーズのブランドン・サワリッチ社長、アーチン・ボーミック博士CTO(チーフ・テクノロジー・オフィサー)、デーブ・フェイブリー博士CIO(チーフ・イノベーション・オフィサー)、サラ・バーダック博士 CAO(チーフ・オーディオロジー・オフィサー)、Livio AIアンバサダーに就任した俳優の千葉真一氏などの出席者から、同製品開発の経緯や製品の特徴などが述べられた。

     

     アーチン・ボーミック博士は、スターキーの創業者で最高経営責任者ビル・オースティン氏から「補聴器をあらゆる情報の窓口、入り口になるデバイスにできないか?」との要請を受け、従来から発売されてきた製品とは異なる「補聴器の再発明」に取り組んだと開発の経緯を説明。

     

     製品特徴は「当社のこれまでの製品の中で最も性能が高く、最も音質が良い補聴器である」「内蔵型3DセンサーとAIを搭載しており、ユーザーは聞こえの向上だけでなくトータルな健康への積極的なアプローチができる。ユーザーが転倒した場合、それを検出し自分の家族や親せきなどに通知できるようなシステムを取り入れた。高齢者の見守り機能になる」「AIで27ヵ国語での音声翻訳や文字起こしができるほか、補聴器をタッピングして質問をすると、回答が得られる。AIにより補聴器がパーソナルアシスタントの役割を持つようになった」などの3点を強調した。

     

     デーブ・フェイブリー博士は「リビオAIはフィットネスだけでなく脳の状態もトラッキング(追跡)するので、装用しながらフィットネスが改善する。リビオは片耳だけでも機能するが両耳装用すると最適化できるので、両耳装用の意識を高めることができる。また、内蔵センサーだけでなくワイヤレス機能も導入されており、従来製品にはない素晴らしいパフォーマンスが得られる。特に騒音環境における音声の聞き取りには優れている」と述べた。

     

     ブランドン・サワリッチ社長は「Livio AIはこれまで単一機能だった補聴器を、3Dセンサーと人工知能搭載により世界初の多機能なHealthable™補聴器へと進化させた。より健康で充実した生活がおくれるようにユーザーのQOL向上を支援する製品である。従来の補聴器のスティグマ(ネガティブなイメージ)を払拭した製品としても意義がある」と述べた。

     

     さらに、同製品のアンバサダーに就任した千葉真一氏は「映画界に入って、戦争映画やギャング映画などで爆弾シーンなど数多く接し、気がついたら耳が聞こえなくなっていた。日本で沢山の補聴器を探したが、大切な人の言葉を鮮明に聞くことが難しかった。しかし、このリビオに出会えてびっくり、驚いた。この補聴器を着けていると自分の健康状態がわかる。英語が通じてしまう。従来の補聴器をはるかに超えた製品です」とPRした。

     

    サワリッチ社長「日本は重要な市場なので今後とも十分な投資を行っていく」

     

     会見終了後は休憩を挟んで大会議室で販売店関係者を招いての新製品発表会が開かれた。席上、スターキー・ヒアリング・テクノロジーズのブランドン・サワリッチ社長は大勢の参加販売店に対し謝意を述べるとともに、Livio AIを紹介。

     

     販売戦略面では「スターキーは今後とも販売店の皆様方との強固なパートナーシップのもとに製品の拡販を行っていく。日本は重要な市場と位置付けており、今後とも十分な投資を行い日本でナンバーワンのメーカーを目指したい」と宣言した。

     

     

    Livio補聴器について、もっと知りたい方はこちら

    Livio AI について

     

    Topics: PR