プレスリリース

    スターキージャパンによるプレスリリースです。

    2017スターキーガラパーティーが開催されました!

    米国時間2017年7月16日(日)アメリカ・ミネソタ州セントポール・リバーセンターで、第17回 So The World May Hear Awards Gala 」がStarkey Hearing Foundation=スターキーきこえの財団によって開催されました。

     

    国籍を問わず、世界中から「世界をより住みやすい場所にするため」の行動を称賛しあう機会として、さまざまなゲストおよびパートナー1500名以上が世界各国から出席し、開催されました。

     スターキーGALA2017出席者グループ写真

    第17回Starkey GALAに出席した著名人とのグループショット

     

     

    歴代GALAの記録となる1,500人以上のゲストが、セントポールのリバーセンターのボールルームを埋め尽くしました。「スターキー・ヒアリング・ファンデーション」(スターキーきこえの財団)は世界中でさまざまな障壁を乗り越え、きこえの贈り物を広めるための活動を国境を越えて行い続けています。その活動に貢献する寛大な寄付を行っていただいた方やサポーターを讃えるためのイベントが毎年7月に行われるこのスターキーGALAパーティーです。このイベントは、米国でも有名なイベントの一つとして注目されており、本年は700万ドル以上をこの活動の支援金として集めました。

     

    集められた支援金は、昨年より学校建設も行い、本格稼働している地域密着型の聴覚ヘルスケアプログラムやグローバルな戦略的イニシアチブとなる活動のために使われます。

      

    ここ最近の12ヶ月間は特に、財団で”ミッション”と呼んでいる国際的な活動と、耳の不自由な方との接触が大幅に拡大しました。アフリカ全域の聴覚ヘルスケアサービスの拡大にとても大きな出来事があったのです。

    2016年にアフリカのザンビアにスターキー「きこえの学校」(Starkey Hearing Institute)を建設し、同年12月、その最初のクラスが、聴覚ヘルスケアの専門家として卒業していったのです。

    また、セネガル・ダカールにある保健医療センターが、西アフリカのスターキーきこえの財団の拠点となることが決定しました。 アメリカ国内では、Hear Nowプログラムで、必要としながらも経済的事情で補聴器を使えない方々に聴覚デバイスを提供し続けています。

     

    GALAの様子

     

    本年の受賞者は以下の通りです:

     2017スターキーガラ受賞者

     

    上記写真の左から、

     

    マダム・エスター・ルングゥ:ザンビアのファースト・レディーとして財団の提唱者、スターキー・ヒアリング・インスティテュートの設立の原動力となりました。

     

    ウィルフ・ファミリー・ファンデーション:2015年にStarkey Hearing Foundationと協力して、ニューヨークで100人以上の人々に補聴器を提供しました。ここには15人のホロコーストの生存者が含まれています。

     

    ビッグ・マシン・レコード:スターキー・ヒアリング・ファンデーションとの長期にわたる関係を築いてくれたスコットとサンディ・ボルチェッタが出席しました。

     

    ベン・アフレック:戦争で荒廃した中部アフリカ諸国の人々に働きかけ、奨励するための支援活動と助成の先頭にたっているコンゴ東部イニシアティブを創設し受賞した、俳優・映画監督です。

     

    またグローバル配送サービス大手のFedex(フェデックス)コーポレーションは、2020年までに200以上の世界地域コミュニティに投資する意向を示してくれたとして紹介されました。

     

    もはやスターキーの伝統となっているパーティーでは、特別なゲストやエンターテイナーが溢れるばかりのその才能を輝かせ、出席者を楽しませました。

     

    スティーブン・タイラー、ダリウス・ラッカー、ジョン・フォガティ、グレース・ヴァンダーウォール、ARIA、ポア・クラークのパフォーマンス、コメディアン・シンバッドもこのイベントの成功に貢献してくれました。

     

    スターキーのチャリティ活動について

    イブニングパフォーマンス 

     

    *皆さんもスターキーの活動に参加してみませんか?

    スターキーでは社会貢献活動として、皆様のご不要になった補聴器を再生し、世界中の恵まれない地域に住む耳の不自由な人々に届けています。

    スターキーきこえの財団では、世界中で100万台以上の補聴器寄付活動を行っており、これからの10年でさらに100万台以上の寄贈をお約束しています。

    ご不要になった補聴器(状態・メーカーを問いません)は、スターキー補聴器取扱い店にて、寄付を受け付けています。

     

    皆様に寄付いただいた補聴器は新しい役割を担うために新たな旅に出ます!

    その旅の概要をまとめたパンフレットを配布中です。下記ボタンよりダウンロードすることができます。

    ダウンロードPDF

     


     

    Topics: PR, きこえの財団