プレスリリース

    スターキージャパンによるプレスリリースです。

    「見えない補聴器」の先駆者であるスターキーが“世界最小“オーダーメイド補聴器「IICシリーズ」を新発売。

    スターキージャパンは2015年8月10日(月)、補聴器のIICカテゴリ市場に向けて、“世界最小”※1のIIC補聴器「オトレンズ2」と、日本独創のIIC補聴器として「ビーンズIIC」を合わせて全国のスターキー補聴器取扱店にて発売開始致します。

     

    オトレンズ2

     

    「IIC」とは「Invisible in the Canal」の略であり、スターキーが2011年、業界に先駆けて「オトレンズ」を発売して以来、補聴器市場に定着した最も新しいオーダーメイド補聴器カテゴリとなります。「オトレンズ」はIICの名の通り「見えない補聴器」として発売より5年間、大変ご好評をいただいております。その実績による技術とデータの蓄積により、この度さらに進化した「IICシリーズ」として「オトレンズ2」と「ビーンズIIC」を発売致します。


     日本補聴器工業会が行った実態調査※2によれば、日本での補聴器装用者のうち難聴度の高い方に比べ、難聴度の低い方は補聴器の装用により、全ての側面で良い影響を認めているにも関わらず、その所有率が著しく低くなっております。装用しない理由のトップ10の中には「装用する事が恥ずかしい」、「わずらわしい」、「騒音下では役に立たない」等が挙げられています。
     

     

     

    IIC_souyou.jpg
     

     

    IICシリーズは耳の奥、より鼓膜の近くまで入る事により、“見えない(=補聴器装用が周囲にわからない)、こもらない(=装用時の自分の声の違和感が少ない)、疲れない(=補聴器先進国アメリカで徹底したユーザー研究の下で実装された最新の騒音抑制技術搭載)”といった三拍子を具現化しています。本来、補聴器を装用すれば、生活の質に良い影響を与える軽・中等度難聴の方のニーズに応えた製品群となります。

     


     2015年1月、厚生労働省が発表した新オレンジプランに認知症の危険因子として「難聴」が明記されました。「見えない補聴器」の先駆者として、またオーダーメイド補聴器世界販売台数No.1の誇りをもって、スターキーは補聴器ユーザーのQOL向上に寄り添った製品をお届けし、健康寿命の延伸に貢献して参ります。
     

     

    発売日 2015年8月10日(月)
    販売チャネル 全国スターキー補聴器取り扱いの補聴器専門店、眼鏡店、百貨店ほか(※3)
    (※1)当社比
    (※2)出典:「Japan Trak2012」一般社団法人 日本補聴器工業会
    (※3)「オトレンズ2」のみ補聴器認定医の管理監督下において


     

    inhand.jpg
    【スターキージャパン会社概要】

     

    会社名:スターキージャパン株式会社
    設立:1992年1月
    代表取締役:髙木日出夫
    事業内容:補聴器製造・販売および関連製品の輸入・販売
    URL:http://www.starkeyjp.com/

     

     

    スターキーは世界中の人々に「聞こえる喜び」を提供するべく1967年の米国ミネソタ州での創業以来、補聴器専門の開発・製造メーカーとして歩んできました。現在は社名をスターキーヒヤリングテクノロジーとして、補聴器の製造・開発はもちろんのこと、「きこえ」に関わる課題への問題解決を行っています。主に世界120以上の国と地域で年間100万台以上の補聴器を製造・販売しており、中でもオーダーメイド補聴器に関してはその先駆者として、現在も世界でNo.1の販売台数を誇ります。

    ■スターキージャパン株式会社  マーケティング担当:窪寺
    TEL:045-942-7226(代表) FAX:045-942-7315
    Email:sj_pr@starkey.com

    Topics: 最新補聴器, 補聴器