Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

なぜ補聴器は両耳装用が良いのか説明できますか?

「補聴器は両耳に必要ですか?」

そんな質問に対して、あなたは適切に応えることができますか?

補聴器の両側装用を「オススメ」するだけでは、「売りたいから言ってるんでしょ?」と捉えられかねません。

 

スクリーンショット 2017-01-27 16.39.57.png

 

ヒトの聴力は2つの耳で作られています。左右の耳から入った音情報は、脳の聴覚皮質(聴覚野)に届けられます。耳が2つあることと同様に、聴覚皮質も右脳と左脳の両方にあり、左右からの音情報を処理しています。「両方の耳で聞くこと」を専門用語で「両耳聴」と言います。両耳聴が左右の聴覚皮質に繋がることで、より多くの音情報が処理され、最良のきこえと理解を可能にさせています。

 

もし、耳鼻科医から両耳に難聴を診断されたら、補聴器の両側での装用が勧められることでしょう。経済的なことを考慮すると、片耳だけの装用にして費用を抑えたい気持ちになるかもしれませんが、片側だけの補聴器ではこの最良の「両耳聴」に近づくことがとても難しくなります。

 

 

両耳装用から得られる効果:

音質が良く感じることができます

 

私たちは音楽を聴くときに、「モノラルサウンド」よりも「ステレオサウンド」の方が音質がいいと知っています。豊かで深みのある音が「ステレオサウンド」をより自然でクリアなものにしています。私たちの脳は生まれながらこのように音が聞こえるようになっていますが、それを行うためには、両方の耳から音の情報を伝達する必要があります。両方の耳ではなく、片耳からの伝達では、脳が求める情報量を充分に与えることができません。

 

脳での処理に必要な情報量を充分に与えることができます

 

耳が2つあるように、人間の脳も「右脳」と「左脳」の2つの半球で構成されています。右脳と左脳の両方が一緒に働くことで、聴覚的認知(耳で聞いた情報を処理・理解する能力)を作り上げています。それぞれの耳から入った音情報が信号に符号化され、複雑な神経経路(聴覚伝導路)を通り脳に伝達されていきます。それぞれの耳で得た音情報は、「右脳」と「左脳」の両方に伝達されます。そして、聴覚的認知に必要な部位へと情報が伝達されていきます。聴覚的認知を向上させるためには、両方の耳で聞いた音情報を、両側の脳半球で適切に処理する必要があります。

 

より正確な音の方向感がつかめるようになります

 

両耳から脳へと伝達される音声信号により、音がどこから聞こえてくるのか正確に把握すること(音の方向感)ができるようになります。音に対する方向感は社会生活を送る上で重要な要素です。例えば、集団の中で話しかけてきた相手が即座に分かると会話も成り立ちます。また、音の方向感は安全面でも必要な要素です。例えば、不意に車が現れたときなど、両耳聴からの方向感で危険を回避することができます。

 

会話が理解しやすくなります 

 

両側から話しかけられても聞こえ易いので、集団での会話に参加しやすくなります。片耳だけに補聴器を装用した場合、反対側からの話し声は聞き取り難いと感じられるはずです。特に、ビジネスや社交の場において、補聴器の両耳装用が理解力を向上させます。

 

大音量から解放され、耳をいたわることができます

 

補聴器を両耳に装用すると、小さな音量でも十分に聞こえることが分かります。これが片耳だけの装用になると、反対側の聴力を補うために音量を必要以上に上げてしまいがちです。「補聴器がうるさ過ぎて使えない」という苦情が出るのはこのためです。音量が必要最低限に抑えられるということは、将来的な聴覚へのダメージを予防することにもなります。

 

雑音と会話音を区別しやすくなります

 

両耳に補聴器を装用すると、補聴器の指向性マイクロホンも単純に2本になります。つまり、2本のマイクロホンが様々な環境下で背景雑音を低減させ、話し相手の会話音を浮き立たせます。補聴器1台では、雑音と混ざり、聞き取りたい音との区別が難しくなりがちです。

 

耳鳴りから気を逸らせることができます

 

耳鳴りに悩まれている場合、補聴器の両耳装用は有効です。昨今では、耳鳴り治療に補聴器の使用を勧められることが多いですが、片耳だけの装用では反対側(補聴器を装用していない側)の耳鳴り音を和らげることは難しいのです。

 

補聴器全体に対する満足度が高まります

 

多くの研究調査で、片耳よりも両耳に補聴器を装用している人の方が補聴器に対して満足度が高いと報告されています。2台の補聴器から提供される優れた音質が「きこえの質」を大幅に高めます。両耳装用を体験した人の多くが、片耳だけの装用には戻れないと言っています。

 

「聞くこと」に安心感を与えてくれます 

 

上記全ての理由を考慮すると、補聴器の両耳装用は疲労感を軽減させます。あなたを取り巻くさまざまな音を理解するために、懸命に聞き取る努力はもう必要ないのです。

 

Topics: 補聴器, 補聴器ユーザー, 補聴器販売店