Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

補聴器の形状によって違うこととは?

市場に出回っている補聴器には様々なスタイルがあります。スタイルの違いは、補聴器の大きさ(サイズ)と耳への装着の仕方で大まかに分かれています。最新の補聴器の場合はデザイン性や機能面に富んでおり、その情報量やオプションの多さに圧倒されて、選択する際に訳が分からなくなってしまうことがあるかもしれません。

 

Different-hearing-aid-styles.png

そこで少しでも選択の際にお役に立てればと思い、今回のブログでは、補聴器の一般的なスタイルに関する長所と短所をご紹介します。どのスタイルにも、プラス面とマイナス面があります。そして、すべてのユーザーにすべてのスタイルが当てはまるとは限りません。自分の必要性と予算に照らし合わせて、自分に最適なスタイルやタイプを見つけてみましょう。

 

補聴器は、大きく「耳あな型」と「耳かけ型」の2つに分かれます

 

耳あな型補聴器

 

耳あな型補聴器とは、各ユーザーの耳型を採って、固有の耳の形に合うように補聴器を成形した、個人一人ひとりのために作られた補聴器が主になります。スターキーは、オーダーメイドの耳あな型補聴器をユーザーにご紹介した最初の製造メーカーの1つであり、補聴器業界では「耳あな型補聴器の先駆者」として考えられています。

 

耳かけ型補聴器 

 

耳かけ型補聴器とは、補聴器店に在庫がある場合は即購入が可能な補聴器で、耳型を採る必要がないものになります。しかし、補聴器の調整やプログラミングは、各ユーザーに対して行う必要があります。

 

 

耳あな型補聴器は4種類のタイプから選択が可能です。とても小さなものから大きなものまで製作できます:

 

IIC(Invisible-In-the Canal:インビジブル・イン・ザ・カナル)は、外耳道の第二カーブに置くことができる、その名の通り「外から見えない」、誰にも気付かれない補聴器です。Invisible-In-the-Canal (IIC) 

 

オトレンズイメージIIC装用イメージ

 

長所:

  • 極小で、目立たない 
  • 多くの方にとっての耳に入れると完全に見えなくなります 
  • 補聴器を耳の中、奥深くに置くことができるので、全体的な音質が向上し、ユーザーの自声の響き(こもり感)が気にならなくなります。

 

短所:

  • 電池が小さいので、電池の取り扱いに手先の器用さが必要 
  • 電池容量が小さいので、他のタイプの補聴器よりも頻繁に電池を交換する必要がある 
  • サイズが小さいので、ボリュームやメモリーなどのコントロールをオプションとして取り付けられない

 

 

CIC (Completely-In-Canal:コンプリートリー・イン・カナル)も、耳の奥に挿入することができますが、IICよりは若干サイズが大きくなります。Completely-In-Canal (CIC) 

CICイメージCIC装用イメージ

 

長所:

  • とても小さく、目立たないタイプ

 

短所:

  • 電池が小さいので、電池の取り扱いに手先の器用さが必要
  • 電池容量が小さいので、他のタイプの補聴器よりも頻繁に電池を交換する必要がある

 

ITC (In-The-Canal:イン・ザ・カナル) は、外耳道内に部分的に納まり、CICよりも若干大きい補聴器です。 In-The-Canal (ITC)

ITCイメージITC装用イメージ

 

長所:

  • 耳の中で余り目立たない
  • 小さな耳あな型タイプには不可能な、ボリュームやメモリーなどのコントロールを取り付けることができる 

短所:

  • 手先が器用でないユーザーはボリュームやメモリーなどのコントロールの操作が難しいかもしれない
  • 耳の中で部分的に見えてしまう

ITE は、スタイルやサイズを2通り作ることができ、耳のくぼみ全体に納まる(フルシェル)タイプと、耳のくぼみの下半分程度に納まる(ハーフシェル)タイプを選択できます。In-The-Ear (ITE) 

 

ITE指向性イメージITE装用イメージ

 

長所:

  • 小さな耳あな型タイプには不可能な、ボリュームやメモリーなどのコントロールを取り付けることができる 
  • 取り扱い易い/操作し易い
  • 大きめの電池を使用するので、電池寿命が長い

 

短所:

  • 小さなタイプよりも風切り音が入りやすいかもしれない
  • 小さなタイプよりは目立つ

 

 

スターキーでは、2種類の耳かけ型補聴器を提供しています。

 

BTE(Behind-The-Ear:ビハインド・ザ・イヤー) Behind-The-Ear (BTE)

BTEは、補聴器のフックを耳にかけて、本体を耳の後ろに載せます。レシーバー(スピーカー)など、すべての機械は補聴器本体に内蔵されます。チューブを介して、フックに耳栓やイヤモールドを取り付けることで、耳へのフィット感が向上します。

ミューズBTE13イメージBTE13装用イメージ

 

長所:

  • コントロール部分が大きめなので、スイッチなど操作性が良い 
  • 補聴支援システムとの接続性や耐久性から、小児の使用にオススメです 
  • 電池寿命が長い
  • 耳垢や水分による故障の影響を受けにくい

 

短所:

  • 補聴器の中で一番目立つスタイルかも

RIC(Receiver-In-Canal: レシーバー・イン・カナル)Receiver-In-Canal (RIC)

RICは、BTEタイプに外見は類似していますが、レシーバー(スピーカー)が補聴器本体に搭載されておらず、外耳道内にレシーバーを挿入するタイプです。BTEで使用するチューブの代わりに、RICでは本体と耳栓を極細のワイヤーで接続しています。この補聴器タイプの名称を、RITE(Receiver-In -The-Ear)と呼び、紹介されることもあります。

 

ミューズRIC312イメージミューズRIC312装用イメージ

 

長所:

  • レシーバーが本体に内蔵されていないので、一般的にはBTEよりも小さく目立ちにくい(実は、耳あな型よりも目立たない場合がある)
  • 耳栓で外耳道を塞ぐことがないので、装用感が快適になり、自声の音質が自然に聞える

 

短所:

  • 耳垢や水分によるスピーカー部分の目詰まりが起こりやすい

 

補聴器にも色々なスタイルやタイプがあることがお分かりになられたと思います。スタイルやタイプが決まったら、きこえの専門家が、あなたのきこえに合わせた音が出力されるように補聴器をプログラミングします。そう、補聴器は購入しただけでは機能しないのです。あなただけのきこえに合わせた、カスタムメイドの音を専門家が作り、補聴器にプログラムします。信頼のおける補聴器フィッター(きこえの専門家)との出会いが非常に大切です。先ずは、信頼関係を築ける専門家をお近くで探してみませんか?

 

取扱販売店を探す

Topics: はじめての補聴器, 補聴器