Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

【アニメーションGIFで解説】補聴器のしくみ

補聴器はとても小さな精密電子機器です。通常耳あなの中に入れるか、あるいは耳の後ろに引っ掛けて装着し、聴覚を補助改善するのみならず、言語の理解、他者とのコミュニケーション、更にはトータルな生活の質までも向上させる働きを持っています。

 

How-hearing-aids-work-image.png

 

すべての補聴器は、その形状やサイズに関わらず共通の基本部品から成り立っています。すなわちマイクロフォン、アンプ、レシーバー、そして電池です。これらの部品が一体となって、使用者に適切な音量とクリアな音質を提供します。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

すべての補聴器は4つの基本部品から成り立っています。

マイクロフォン

最初の重要な部品は補聴器のマイクロフォンです。周囲の音を捉えて電気信号に変換します。

 

アンプ

次が補聴器のアンプです。補聴器のアンプはマイクロフォンから送られた信号の出力(音量)を大きくします。特殊なフィルターとイコライザを備えており、使用者にとって必要な音声信号だけを増幅します。

 

レシーバー

3番目の補聴器の基本部品はレシーバー、別名スピーカーです。マイクロフォンからの電気信号を音声に変換して使用者が聞こえるようにします。

 

電池

電池は補聴器のエネルギー源です。通常、補聴器には様々なサイズの補聴器専用電池を使用します。補聴器専用電池は、通常5日間から14日間の使用が可能です。電池の寿命は、電池のサイズ、使用状況、補聴器の器種、使用環境、使用時間など、多くの条件によって変わってきます。

 

 BTE補聴器の働き方

 

その他の補聴器の共通部品

サイズや形態によりますが、更に追加の部品が使われることもあります。通常これらは使用者のライフスタイルやニーズ、難聴の程度などに基づいて、医師の指導を受けながら注文されるものです。こうした部品の例としてはイヤーモールドイヤーフックベント(通気孔)、音量コントロールメモリー操作スイッチテレコイルワックスガードなどがあります。

 

イヤーフック

透明な樹脂製で、補聴器に取り付けて耳の上部を囲む形をしています。イヤーフックはチューブの取り付け部にもなっています。イヤーフックは耳かけ型(広義のBTE)補聴器だけに見られる部品です。

 

イヤーモールド

補聴器に取り付けて耳の中に入れる部品のカスタム品で、使用者の耳の中に音を閉じ込める役割を持っています。カスタムのイヤーモールドは医師による使用者の耳の型取りを行い、製作します。イヤーモールドが必要かどうかは、聴覚の専門家に相談して決めることをお勧めします。

 補聴器のパーツについて

ベント(通気孔)

カスタム補聴器やイヤーモールドを貫通する孔です。耳と外部との通気性を確保して、感染症を防ぐとともに音の「こもり感」を軽減します。

 

ワックスガード(例えばHear Clear)

ワックスガードは、耳垢が補聴器の電子回路の中に侵入するのを防ぐための小さなフィルターです。ワックスガードの交換頻度については行きつけの聴覚ケア提供者にお尋ねください(Hear Clearの場合)。

 

音量コントロール

使用者が音量を変えるのに使用します。スイッチやボタンは、補聴器のスタイルや機種によっては備えていないものもあり、またすべての使用者にとって必要なものとも限りません。最近の補聴器の中には、モバイル機器のアプリやワイヤレスアクセサリによる音量コントロール機能を備えたものが多くなりました。

 

メモリーコントロール

異なった環境に応じて予め補聴器にプログラムされている設定の間の切り替えを行います。ここでもスイッチやボタンによるコントロールは、補聴器のスタイルや機種によっては備えていないものもあり、またすべての使用者にとって必要なものとも限りません。最近の補聴器の中には、モバイル機器のアプリやワイヤレスアクセサリによるメモリーコントロール機能を備えたものが多くなりました。

 

テレコイル

テレコイル(T-コイルとも呼ばれます)は、補聴器の機種によって備える小さな磁気センサです。テレコイルを使うと、電話やPAシステムといった異なる音源に補聴器が直接接続する事が出来ます。特定の環境、特に周囲の雑音が大きい環境の中では、テレコイルのほうが従来のマイクロフォンよりも良い音質で、容易に聞き取ることが出来ます。また、適切な設備を備えた会場であれば、補聴器が使用者だけの個人用PAスピーカーの役目を果たすことが出来ます。

 

補聴器の耳あかガードについて

 

聴覚プロフェッショナルは貴方のニーズに応じた補聴器を選ぶお手伝いができます。

補聴器を満足してご使用頂くには、補聴器そのものだけではなく、機器の選択やフィッティングなど貴方だけのニーズに応える、信頼できる専門家との協力が欠かせません。補聴器の専門家を見つけるためには、電話0120-045-190にお電話頂くか、ココをクリックしてください。

 

Hear better.Live better. ブログの購読者になりませんか?

購読の登録はこちらからお願いします。

 

Topics: はじめての補聴器, 補聴器