Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

難聴者がデートする時の5つのヒント

どんな状況であっても、デートの時は大変です。ーどんな服を着て行くか、どこへ行くか、2回目のデートは出来るだろうか…etc。特に、プロファイルと写真が全てで、コンピュータのアルゴリズムがマッチングを行う、現代のオンラインデートの世界では、相手がどのような人なのか分からないので、なおさら大変でしょう。

 

難聴者とのデート5か条.jpg

 

難聴がある場合にはどうでしょうか?それは物事を

より複雑にする可能性があります。難聴の事を相手に話すべきでしょうか?どんなデートをすれば一番良いかは、難聴があると違ってくるでしょうか?相手とどんな風にコミュニケーションするのが良いでしょうか?

 

私の難聴の友人の多くが、最初のデートで相手の話すことが良く聞き取れなかったら、決して2度目のデートはないと言います。これは少し厳しすぎるかもしれませんが、この位に考えた方がおそらく賢明なのでしょう。相手は小さな声で話すかもしれないし、口を手で隠して喋るかもしれません。多くの人は話すときの癖を変えることはありません。ストレスを感じたり、心が傷つくようなことをしてまで我慢しなければならないのでしょうか。

 

しかし希望を捨ててはいけません。今からお伝えするのは、難聴があってもデートを成功させるための5つのヒントです。

 

5つのヒント

1.場所選びが一番大切:環境はおそらく、デートを成功させるための最も重要な条件です。デートの場所を提案するのをためらってはいけません。デートのチャンスが生まれたときに備えて、良い場所を事前に十分調べておくことが重要です。より静かで、良い音響環境を持ち、明るい(唇を読むのを助ける)場所(レストラン、バー、コーヒーショップ)を探してください。

 

2.デートではアイデアが大切:公園での散歩、家での二人だけのディナーやゲームを楽しんで過ごす夜は、ロマンチックで予期しないデートになるかもしれません。それは外で過ごす夜よりもずっと静かで、非日常的で、強く記憶に残るかもしれません。相手は、特別なことを計画してくれたあなたのアイデアと努力に感心することでしょう。

 

3.約束の場所には早めに到着すること:レストランやバーでデートするなら、このことは一番重要です。キッチンや騒がしそうなテーブルから離れた、部屋の隅のテーブルを押さえるのです。私はいつも、可能な限り壁を背にした席を選びます。お店に、BGMの音量を抑えめにするように頼むのも良いでしょう。結構、頼みに応えてくれることがあります。

 

4.難聴の事を話すのはいつが良いでしょう? これは人それぞれですが、私が知っている人のほとんどは、初めに率直に話しています。彼らはオンラインデートサイトのプロフィールに難聴のことを書いていて、自分は言われたことを繰り返して貰うように頼んだりするかもしれないことを相手に知らせているのです。相手が難聴の事を理解していることは重要です。さもないと、相手はあなたが無礼な人物だと誤解したり、自分が無視されていると誤解するかもしれません。更に言えば、難聴であることは、いつかわかることなのですから、それを受け入れない人であれば早いうちに相手として選ばない方が良いのです。

 

 

5.相手とのコミュニケーション:電話で話すのが好きな人もいますが、難聴がある場合、SkypeやFaceTimeによるビデオチャットのほうが優れた選択です。ビデオチャットだと、相手の唇を読むことができますし、Made for iPhone補聴器(Halo2、Halo)を装用することで声を聞くこともできます。LINEのようなショートメッセージや電子メールも相手とのコミュニケーションツールとして上手く機能しますが、顔が見えることで、より親近感が沸くと思います。

 

難聴の有無にかかわらず、デートは山あり谷ありです。しかし、これらのヒントや肯定的な態度と辛抱強さを身に着けていれば、素敵な出会いがすぐそこに来ているかもしれません。

 

読者のみなさんは、デートを成功させるためにどんなヒントをお持ちでしょうか?

 

ダウンロード

 

Topics: 補聴器ユーザー, 体験談