Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

日常生活の音について考えてみませんか

アメリカで10月といえば、ハロウィーンだけでなく聴力保護月間(National Protect Your Hearing Month)であることもご存知でしょうか。

 

 

聴力保護月間-1

 

 

 

米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)によると、難聴はアメリカ人の成人にとって3番目に多い疾病であり、アメリカ人4人に1人が騒音による難聴に苦しんでいます。


騒音性難聴は、長時間大きな音を聞き続けるだけでなく、短時間でも、大きな音を繰り返し聞き続けることで引き起こされます。


音の強さ「ラウドネス」は、デシベル(dB)で測定できます。 85dB以上の音は、騒音に起因する難聴を引き起こす可能性があります。音は大きいほど、騒音に起因する難聴を発症するのにかかる時間が短くなります。

日常的に周囲の音の大きさを把握することは重要です。もしかすると、いつも行ってる場所が、きこえの危険にさらされる可能性があるかもしれません。

では、具体的にどういった場所に行くと騒音による難聴を引き起こす可能性があるのでしょうか。

 

 

繁華街

人口が密集した繁華街で仕事や生活している場合、あなたはいつも60dB~110dBの音に囲まれて生活しています。繁華街では、人々の話し声、車のクラクション、パトカーや救急車のサイレンなど、大きな音が絶えず行き交っています。アメリカの大都市でおなじみのニューヨーク市では、人体に影響を及ぼす不健康な騒音レベルを定義するために5年かけて調査を行いました。

 

繁華街

 

 

 

その結果として、ニューヨーク市で働く人や生活している人たちが安全に暮らせるように、市と専門家が協力して、ニューヨーク市における騒音ガイド(英語)を作成するなどの取り組みを行いました。

 

 

職場

 

疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)によると、騒音性難聴は米国で最もよく見られる職業に関連した難聴の1つです。実際、米国の労働者の5人に1人が職場での危険な騒音にさらされています。建設業や公共交通機関で働く人は、知らないうちに聴力が低下していることもあります。また、クラシック音楽家も長時間大きな音を聞き続けることにより騒音性難聴になるリスクがあると言われています。

 

解決策ですか?工業用の防音イヤマフや、コンサート用に作られた音楽専用耳栓の着用と、長時間、大きな音を聞き続けないように心掛けましょう。

 

 

レストラン

ZagatとConsumer Reportsの調査によると、お店の過剰な騒音が利用者からの最大の苦情の1つだそうです。 また、The Atlanticの記事によると、騒音レベルは、夜の薄暗いワインバーで80 dB。昼間のショッピングモールのフードコートで86 dB。金曜日の夜のパブでは、なんと90 dBに達することが分かりました。

食事をする場所で、騒音が大きすぎるかどうかを大まかに判断するための目安があります。もし、あなたがテーブルの向こう側の人が聞こえるように叫びながら話をする必要がある場合は、かなり大きな騒音にさらされていることが分かります。

米国には、レストランで快適に過ごすために事前にお店の騒音レベルを確認することができるスマートフォン用アプリSoundPrintがあります。

SoundPrintの開発者であるグレゴリー・スコットは自身が難聴で、静かな場所がどこにあるのかを知りたいと思いアプリを開発しました。

グレゴリーは、「レストランによっては食事を楽しみ仲間とつながる場所ではなく、エンターテイメントの場所として、大きめのBGMを流しているところもあります。その結果、レストランでの騒音レベルは、利用者だけでなく従業員のきこえも危険にさらしている可能性があります。お店は、騒音がもたらす危険について、よく考えてほしい」と述べています。

 

 

裏庭・畑・田んぼ

庭の芝刈り、畑の土起こし、田んぼの稲刈りなどで、大きな機械を使われる場合、その機械から発生する音の大きさは100 dBを超えている可能性があります。長時間、聞き続けると大変危険な音の大きさですので、保護用のイヤマフや耳栓を着用して作業するように心掛けましょう。

 

 

芝刈り機

 

 

騒音性難聴は予防が大事!

騒音性難聴は、大きな音を聞く時間を制限したり、保護用のイヤマフや耳栓を着用することで防ぐことができます。きこえを守るのは、自分自身であることを忘れないでください。

 

 

ダウンロードページへ

難聴×健康 ポケットガイドをダウンロードする

 

 

サウンドチェックアプリ

 

スターキーには、身の回りの騒音を測ってくれるツールと簡易的な聴力測定を行ってくれるアプリ「サウンドチェック」アプリがあります。ぜひ、お使いのスマートフォンにダウンロードして活用してみてください。

 

 

サウンドチェックアプリ

 

 

 
 
引用:

 

 

Topics: 難聴と健康