Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

【緊急事態宣言下でのコミュニケーション】聞こえづらい方のビデオ会議参加 6つのヒント

2021年早々ですが、コロナウイルス感染者の増加により、昨日1都3県に緊急事態宣言が再発令されることが決まりました。これにより、今後も仕事や違う場所に住む友人、家族に対しては、リモートワーク、テレビ会議がさらに推奨されていくことでしょう。

 

こうした現状において、"家に居て会話すること"自体が新しい "外出"となっていきます。ご想像の通り、ビデオチャットは私たちの社会性を保つための大切な要素となりました。

 

Video-Conference-tips

 

 

同じように、マスクも今や日常のアクセサリーになりました。ただ難聴の方にとって、この変化はそのまま受け入れられるものではありません。マスクは会話を聞きづらくしたり、読唇の手がかりを阻害したりして、簡単なやりとりをも複雑にします。

スターキーのマスクモード機能は、言葉の理解に役立つ周波数の音声を聞き易くする専用プログラムを作成します。

 

リモートワーク、テレビ会議でのビデオチャット機能、マスクの常用は、新しい日常の一部として前向きに捉え、活用していきたいものです。

 

そこで本日は上司、親しい友人や家族とのビデオチャットを最大限に活用するためのヒントをいくつかご紹介します。

 

 

  1. 1. 補聴器クリーニング

耳垢やゴミがマイクやレシーバーに詰まるのを防ぐために、毎朝、清潔な布で補聴器を拭きましょう。掃除中に落としてしまっても破損しないように、テーブルの上やクッションのある場所に置いて掃除してください。

 

2. 集中できるように周囲を片付ける

視覚的・聴覚的な背景を整え、出席者にも同じようにしてもらいましょう。

テレビの電源を切り、お気に入りのプレイリストは一時停止します。

交通量の多い通りに住んでいる場合は、窓を閉めて、家の中で一番静かな部屋で準備を整えましょう。明るい部屋の真っ白な壁は、視覚的に優しく、読唇を促進するのにも有効です。

 

 

3. 出席人数の事前確認

大人数での会話は楽しく、良く感じるかもしれませんが、それは同じく会話が混沌とする状態にもなりかねません。現在、ほとんどの場合、私たちの社会生活でのコミュニケーションは不足しているので、特に友人や家族と話す際は興奮した状況になると、会話が人から人へと跳ね返り、それについていくことが難しくなることがあります。

ほとんどのビデオチャットプラットフォームでは、現在話している人を拡大表示したり、強調表示したりしてくれますが、それは確実ではありません。出席者の最大数を確認しておきましょう。それが5人であろうと15人であろうと、友人や家族は理解してくれるでしょう。

 


4. 手を挙げる 

話す前に手を挙げると、教室にいた頃を思い出すかもしれませんが、会話の進行を整えるためのシンプルで効果的な方法です。旧知の友人や家族と会話をしていると、他の人には分からない話題で盛り上がることはよくあります。手を挙げることで、そのような瞬間に発生するつぶやきや混乱したおしゃべり、取り残されたような気持ちをなくすことができます。

 


5. テクノロジーを友達にする

テクノロジーは、若い人にとっても、年配の人にとってもイライラさせることがあります。使ってみないと分からないことがあるものです。スターキー補聴器には、生活を楽にするテクノロジーが搭載されています。リビオ、リビオAI、リビオエッジは、お使いのiPhoneや一部のAndroid端末から直接音声をストリーミングすることができます。

可能であれば、最もクリアで自然な音質を実現するために、パソコンの代わりにスマートフォンからビデオチャットに参加することをお勧めします。テクノロジーは補聴器だけではありません。使用するビデオプラットフォームを考慮してください。自動で文字起こししてくれたり、チャット機能のあるプラットフォームを探してください。さらに一歩進んで、どのようなユーザーインターフェースや機能があなたのニーズを満たしているのか、あるいは愛する人のニーズに最も適しているのかを調査してみましょう。できるのならば、ぜひ相手に尋ねてください。愛する人は、あなたがちゃんと考えてくれていることを喜んでくれるでしょう。

 


6. 照明、カメラ、アクション!

 "ビデオ会議 "にはつきものですから、明白かもしれませんが、カメラをオンにすることをすべての出席者に奨励しましょう。あなたがスーパーモデルでない限り、ほとんどの人はカメラを恥ずかしがり、むしろまだパジャマ姿だったり家の中にいることを見られたくない方もいます。

しかし、視覚的な要素は、唇の読み、表情、手の動きを回復させるために不可欠であり、誰もが、特に聴覚障害者のためのコミュニケーションを強化できます。そのためには安定した接続環境(Wifiもしくは有線LAN)で実施されることが大前提です。

 

 

最新のスターキー補聴器のカタログは下記からご覧いただけます。

ダウンロード

 

 

Topics: 難聴と健康