Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

補聴器の仕組みー聞きたい音はどのように届く?

聞こえをサポートする補聴器には、耳での音の伝わり方にならった構造と役割があります。補聴器の仕組みを深く知ることで、あなたにぴったりの商品が見つけやすくなるかもしれません。この記事では、耳の構造と難聴の種類、補聴器の各部位の役割について解説します。

 

 音が届けられる補聴器の仕組み

 

■音が聞こえる仕組み

 

顏のパーツのひとつである耳は、内部にもつながっている器官です。耳の構造をみていくと、以下のような部分に分けられます。

 

・外耳:耳介と外耳道からなる部分

・中耳:鼓膜から鼓室の部分。鼓膜と次に続く内耳の間には、耳小骨と呼ばれる小さな3つの骨が存在。

・内耳:耳の一番奥に当たる部分で、リンパ液に満たされている。聴神経とつながっている蝸牛、平衡感覚に関わる三半規管や前庭からなる。

 

実際に、耳から入る音がどのように脳で認識されるかみていきましょう。耳から入る音は、空気に伝わるさまざまな微細な振動といえます。音が外耳道に入ると、音の持つ圧を物理的エネルギーとして受け取り、鼓膜が振動します。次に、鼓膜とつながっている耳小骨に振動が伝わると、今度は音の圧が増幅されます。

 

中耳で増幅された音圧は内耳へ伝わり、内耳を満たしているリンパ液にある有毛細胞が振動します。すると、有毛細胞から神経伝達物質が分泌されることで、聴神経が興奮して音に関する情報が電気信号となり、細かく分析された後に脳へと伝わります。

 

このように、耳で音を聞くアクションは、音という空気の振動の変化を物理的にキャッチし、中耳で増幅して内耳に伝わり、内耳で電気信号に変換して音の情報を分析して脳に伝えることから成り立っています。音が耳から脳に伝わるまでに何らかの異常があり、聞こえにくくなったり、聞こえなくなったりすると、聴覚障害を引き起こします。

 

 

 

■難聴の種類

 

一言で難聴といっても、聞こえ方は一人ひとり異なります。ある人は「音が小さくなって、聞き取りにくい」ということもあれば、またある人は「音は聞こえるけれど、音質が歪んでいて内容が聞き取りにくい」ということもあります。具体的な難聴の種類には以下のものがあります。

 

・伝音性難聴

外耳から中耳の異常によって起こる聴覚障害です。耳栓をした状態の聞こえ方と似ていますが、音を大きくすることでよく聞こえるようになります。外耳が耳垢などで閉塞していたり、中耳炎など外耳から中耳で起こる耳の病気が原因で起こる特徴があります。

 

重い難聴にはなりにくく、耳の病気の治療とともに改善する傾向があります。音を増幅する補聴器は効果的ではない場合もあります。

 

・感音性難聴

蝸牛のある内耳から大脳の聴覚中枢の異常によって起こる難聴です。音を分析する内耳に障害があるので、周波数の合わないラジオを低音量で聞いているような状態に似ています。

 

感音性難聴では音質が歪んでいることが多く、音を大きくしても言葉として認識するのが難しい傾向があります。生まれつきの難聴や加齢による難聴、メニエール病、聴神経腫瘍などのように、内耳や脳の病気が原因となり、時として高度の難聴になることもあります。

 

正確な内容を聞き取りにくくなるので、複数人での雑談やディスカッションなどでは、聞き取りが難しくなりますが、補聴器の使用で聞こえをサポートできます。

 

・混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴が併発している難聴です。先に述べたように、伝音声難聴は、耳の病気を治療することで聞こえるようになりますが、感音性難聴は聴力を完全に回復することができません。感音性難聴と同様に、聞こえをサポートするために補聴器が効果的な場合もあります。

 

 

  

■補聴器の構造と仕組み

 

補聴器は、音量を増幅する効果がありますが、多くの場合、感音性難聴や混合性難聴に効果的であるとなります。ここでは、補聴器の具体的な仕組みについてみていきます。

 

  • ・マイク

超小型で高性能のマイクが搭載されている部分で、耳から入る音を効率よく集める機能があります。特定の方向からの音を聞き取る指向性のある補聴器では、2つ以上のマイクがついていることもあります。

 

  • ・アンプ

補聴器のマイクに入った音を増幅したり、音質を調整する働きがあります。近年、主流となっているデジタル補聴器では、雑音やハウリング(ピー音)を抑制するための処理も行われます。

 

会話のやり取りをスムーズにするために、音質の調整処理に時間がかからないようにするため、高性能なマイクロチップが搭載されています。

 

  • ・レシーバー

補聴器に入った音を出力するスピーカーです。補聴器のような小型機器に搭載されているため、スピーカーも小型です。

 

  • ・電源

電子機器である補聴器は電源が必要です。これまでは電池を使用する補聴器が主流でしたが、電池交換のコストや手間の問題がありました。近年では、充電式の補聴器が登場しており、睡眠中に充電して翌日に快適に補聴器を使うことが可能です。

 

スターキーでは、充電式リチウムイオン電池を使用した補聴器を展開しており、補聴器の高速充電かつ長時間使用が可能です。充電式の補聴器が気になる方は、ぜひ検討してみてください。

 

その他にも、スターキーは、以下の最新機能を搭載した補聴器を販売しています。

 

  • ・アンテナ(ブルートゥース)

近年、多くの人がスマホを所有していますが、最近の補聴器はアンテナを介したブルートゥースを使用して、補聴器のプログラムや音量を操作することができます。その他にもアンテナ機能を利用して、補聴器やスマホを探したり、電話の着信を知ったりすることも可能です。

 

  • ・モーションセンサー

スターキーの最新の補聴器はモーションセンサーを搭載しています。補聴器を軽く叩くことで、ストリーミングをオンオフできるタップコントロールや節電効果もある自動オンオフ機能があります。

 

また、常に身に着けられる補聴器の特性を利用して、身体の動きをボディスコア化するなど、聞こえだけでなく、ユーザーの健康づくりのサポートにも積極的に取り組んでいます。

 

 

 

 

■補聴器の取り扱いの注意点

医療機器である補聴器は精密な電子機器のため、故障のないように取り扱いに注意が必要です。補聴器の故障の原因になりやすいのが、湿気や汗などの水分や、チリやホコリです。

 

補聴器のカタログを見ると、商品に「IP○○(数字)」という表示を目にしたことのある人もいるでしょう。IPは英語で「ingress protecion(侵入に対する保護)」という意味で、国際的な規格のひとつです。IPコードは補聴器だけでなくスマホなどの電子機器にも使用されています。

 

IPの横にある2ケタの数字は、左側が防塵、右側が防水の等級となります。防塵に関する数字は、0が「保護なし」で、6が最高になります。防水に関する数字は0が「保護なし」で、8が最高になります。補聴器を購入する時は、IPコードの防塵を現す数字が5または6、防水を現す数字が7または8のものが、水やチリに強くおすすめです。

 

スターキー補聴器の取り扱い店舗では、修理やメンテナンスにも対応していますので、補聴器に何らかの不具合を感じた場合は、気軽にご相談ください。


 

 

■まとめ

難聴でお悩みの方をサポートする補聴器は、部品ごとに役割があり、耳の聞こえをサポートします。自分の聞こえのクセを把握して、お店で十分にフィッティングしながら、あなたにぴったりの補聴器を選んでみてください。記事内で紹介した内容が参考になれば幸いです。

 

 

 

 

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器