Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

聴力測定は痛いもの?

このブログ記事は今までで一番短い内容になるかもしれません。なぜかって?答えは「いいえ、聴力測定は痛くありません」の一言で終えてしまうからです。


聴力測定を受けよう
しかし、あなたは聴力測定に興味があってこのブログを読んでいることでしょう。聴力測定がどのようなものか、そしてなぜ痛くないのかを説明していきます。

 



聴力測定で期待できること

(最初にお断りしておきますが、聴力測定は「聴力評価」と呼ぶ方が好ましいかもしれないのです。それは、実際の測定は総合的なプロセスの一部に過ぎないからです)。

聴覚の専門家は、まず履歴を質問することから始めます。聴力だけでなく、健康状態についても質問されます。これらの情報は、あなたの難聴を適切に評価するために非常に重要です。この質疑応答をすることで、耳の健康状態がさらにわかるようになります。

聴力測定が終わると、専門家は耳鏡で耳の中を観察します。これにより、耳の穴と鼓膜の健康状態を確認します。さらに、聴力測定の結果に影響を与える可能性のある異物がないかどうかを確認します。もし、耳垢や異物が多い場合は、耳から取り除くか、取り除く医療機関を紹介してくれます。

余分な耳垢を取り除くのは不快かもしれませんが、痛くはないことが多いです。



聴力測定のすべてのステップは痛みを伴いません


いよいよ、聴力測定の開始です。聴力測定は、音の出るブースや静かな部屋に座って行います。専門家があなたの耳にイヤホンを装着します。聴力測定では、異なる周波数の一連の音(ピッチとも呼ばれます)が両耳に別々に提示されます。あなたは、手を上げるか、ボタンを押すかして、テスト信号に反応します。これは純音聴力テストと呼ばれています。

次に、語音聴力テストでは、イヤホンに向かって話しかけられた言葉を繰り返していただきます。この2つのテストはどちらも痛くありません。

聴力測定の後、聴覚の専門家は、さらなる測定を行うことがあります。ティンパノメトリー(鼓膜測定)では、耳の中に挿入物を入れます。鼓膜の動きを測定するために、挿入物から空気のパフが放出されます。これにより、聴覚の専門家は中耳の健康状態を評価することができます。この測定は、鼓膜の奥に水があるかどうか、あるいはその他の問題があるかどうかを判断するのに役立ちます。痛みはありません。

すべての測定が終了したら、聴覚の専門家は測定結果をあなたと一緒に確認します。また、次のステップについても説明し、あなたの聴覚の健康のための推奨事項を提供します。挨拶や別れの際に手を強く握ったりしなければ、聴力測定は痛みを伴わないはずですよ。

 

 

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器