Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

難聴への対応が認知機能の低下を妨げる役割がある?

ランセット委員会が実施した2017年の研究では、認知症を "21世紀の医療・社会ケアにおける最大の世界的課題 "と呼んでいます。

 

hearing-loss-treatment-dementia-prevention
それを伝えるのに研究は必要ありません。世界に5,000万人いるといわれる認知症患者の友人や恋人に聞いてみれば(あなたもその一人である可能性が高い)、認知症がもたらす心配、ストレス、悲しみ、挫折について教えてくれるでしょう。

認知症の予防と管理のための推奨事項を提供するために結成されたランセット委員会は、2017年にその最初の報告書を発表し、2020年にはその報告書を更新しました。

 


修正可能な12の危険因子が、認知症の40%を占める

委員会は最初の報告書で、加齢による「認知症は決して避けられない結果ではない」と書いています。むしろ、ある種の「潜在的に回復可能な危険因子」(あるいは「修正可能な」危険因子)が、認知症発症のリスクを高める危険性があると指摘しています。2017年には9つの修正可能な危険因子が挙げられました。2020年にはさらに3つが追加されました。

委員会は、「これら12の修正可能な危険因子を合わせると、世界の認知症の約40%を占める」と指摘し、「それらの危険因子を管理、修正、または取り除けば、その40%は「理論的には予防または遅らせることができる」と計算しています。

dementia-prevention-Lancet

 


難聴は認知症の最大の修正可能な危険因子である

難聴は、12の危険因子の中で最も高く、認知症の発症に最も大きな影響を与えることがわかりました。

残りの11の危険因子は、幼少期の教育、喫煙、うつ病、運動不足、社会的孤立、外傷性脳損傷、高血圧、大気汚染、飲酒、肥満、糖尿病などです。

危険因子の中には確かに他のものより管理や修正が難しいものもありますが、難聴は治療によって管理や修正が可能です。

 


難聴は認知症の危険因子として知られています

  1. これまでの研究でも、難聴と認知症の関連性が指摘されてきました。実際、ジョンズ・ホプキンス大学のある研究では、難聴の人は正常な聴力を持つ人に比べて、認知症になるリスクが最大で5倍になると結論づけています。

    研究者たちは、難聴がなぜ認知症のリスクを高めるのかについて、科学的にはまだ結論が出ていないことを認めていますが、3つの可能性のある理由については同意しており、いずれも認知症の一因となっています。

    1.難聴は脳の認知機能を低下させる

  2. 脳は、聞いたことを処理するために多くのエネルギーを費やし、思考や記憶に使える時間が少なくなる。

  3. 2.難聴は脳の萎縮を加速させる

  4. すべての脳は加齢とともに萎縮しますが、研究によると、聴覚に障害のある人は「脳の萎縮が加速する」とされています。
  5.  
  6. 3.難聴は社会的孤立と孤独を招く

  7. 社会的孤立は、認知症のリスクを50%増加させると言われています。

 

 

  1. 中年期の難聴を改善することが望ましい

  2. 認知症は通常、65歳以上になるまで症状が現れません。しかし、この研究の著者は、認知症は40~65歳の間に始まる可能性が高いと指摘しています。12の危険因子を人生の様々な段階で管理することで、認知症の予防や遅延に貢献できる可能性があります。

    難聴については、認知能力に悪影響を及ぼす前に、中年期(40〜65歳の間)に管理することが推奨されています。これは、他の人が発見したり言ったりしたことと一致しています。もちろん、準備ができたらいつでも治療することをお勧めしますし、賢い方法だと思います。

    スターキーの最新の補聴器は、難聴を管理し、身体的・社会的に活動的になることを支援するために特別に設計されています。これは、欧州委員会がリストアップした2つのリスク要因にも該当します。
  3.  
  4. dementia-prevention-hearing-loss
  5.  
  6. 難聴を治療する理由は、もう一つあります。

  7. 認知症は、高齢者にとっても、その人を愛する人にとっても、本当に心配なことです。幸いなことに、認知症の原因や要因に関する研究が進むにつれ、認知症の発症を予防したり遅らせたりするためにできることがわかってきました。

    難聴は、経験豊富な聴覚の専門家の助けを借りて、管理することができます。難聴の方は、今回の研究結果を参考にして、できるだけ早く対処することをお勧めします。

    もしあなたが、健康や加齢に対して積極的に取り組みたいと思っていて、難聴を感じ始めていたら、この事実は、詳細を知りたいと思う十分な理由になるでしょう。
  8.  
  9. 専門家をどうやって探せばいいかわからないという方は、スターキーがお手伝いします。お近くのスターキー補聴器取扱店では補聴器調整のための聴力測定を随時行っています。ここに郵便番号を入力することで見つけることができます。

 

スターキーのLivio(リビオ)補聴器を実際に見て、聞いてみるためには一度スターキーへお問い合わせいただくとスムーズかもしれません。

 

 

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器