Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

最も一般的な難聴への3つの質問

どんな病気でもその原因を突き止めたいと思う人は多いでしょう。問題が正確にわかれば、それを考えて時間を浪費したり、不安になったり、Googleで検索したりする必要がなくなっていきます。そして、問題がわかっているからこそ、問題に的確に、集中して対処することができ、より良い結果を早く得ることができるのです。

 

3つの難聴に関する疑問風邪とアレルギーでは対処方法が違いますよね?足首の捻挫と骨折では対処の仕方が違いますよね?また、胸郭の感覚は、ただの胸焼けで、制酸剤で対処できるものなのか、それとももっと心配なものなのか?

同じように、難聴の場合でも、できるだけ詳しく知っておくと安心です。私はどのようなタイプの難聴なのか?何が原因なのか(or 原因だったのか)?どのくらい悪いのか?

これらのことを知っていれば、難聴を正確に把握し、対応に専念することができ、望む生活を最大限に取り戻すことができるでしょう。

 


1.私はどのようなタイプの難聴なのでしょうか?

難聴は、感音性難聴、伝音性難聴、混合性難聴の3つのタイプのいずれかに分類されます。

感音性難聴

感音性難聴は、最も一般的な難聴のタイプです。内耳の神経や有毛細胞が、加齢や騒音、怪我、病気などの原因で損傷することで起こります。感音性難聴は、通常、医学的または外科的に治すことはできませんが、対処や補聴器の使用で改善することができます。

伝音性難聴

伝音性難聴は、外耳または中耳に障害物があることが原因で起こります。原因としては、水、腫瘍、耳垢、耳の構造などが考えられます。このような障害物があると、音が内耳に届かなくなります。伝音性難聴は、外科的な手術や薬で対処することができます。

混合性難聴

感音性難聴と伝音性難聴が混在する難聴です。

難聴の原因


2.難聴の原因は何でしょうか?

難聴の原因は様々です。最も頻繁に起こる原因は、自然な加齢と、大きな音(長時間にわたるものや、突然の非常に大きな音)にさらされることです。加齢性難聴(老年性難聴とも呼ばれる)と騒音性難聴(NIHLとも呼ばれる)は、難聴の種類のように聞こえますが、これらは感音性難聴の一種であることは間違いありません。

難聴の原因には、以下のようなものがあります。

・遺伝、または生まれつきのもの
・外的な傷害
・ウイルスや病気
・耳毒性(聴覚に影響を与える薬)。
・耳垢が溜まっている、または耳に異物がある
・肥満
・喫煙
・高血圧

 


3.私の難聴はどの程度なのでしょうか?

この質問に答える唯一の方法は、専門の耳鼻科医を受診し、聴力測定してもらい、下記写真のようなオージオグラムを作成してもらうことです。聴力測定では、様々な測定を行い、異なる周波数や音程で聞こえる最も小さな音を記録します。その結果、オージオグラムが作成され、どのような音が最も聞き取りにくいのか、難聴の程度はどの程度なのかが視覚的に示されます。

聴力測定

 

専門の耳鼻科医は、難聴に関するすべての疑問に答えてくれます


念のため、これら3つの質問に正式かつ具体的な答えを得るために、耳鼻科医、特に難聴の課題であれば補聴器相談医に相談することをお勧めします。

医師の診察、検査、レントゲン撮影により、捻挫と骨折の区別がつくように、専門家の診察、聴力検査により、難聴の種類、原因、重症度を確認することができます。

このようにして初めて、自分が何に直面しているのかを客観的に知ることができ、さらに、適切に対処することができます。さらに、適切な場所で適切な人と一緒に、問題に正確に対処し、人生を最大限に取り戻すことができるのです。

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器