Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

難聴について語った有名なミュージシャンたち

皆さんが難聴になりやすい職業といって、すぐに思い浮かぶのは何でしょうか。レーシングドライバー?軍人?建設業?電動工具を使う仕事でしょうか?

ミュージシャンも思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?特にロックンローラーやバグパイプ奏者など。


dave-grohl-hearing-loss確かに、プロのミュージシャンには難聴の人が多いです。あるいは耳鳴りをしている人。その両方で困っている方も少なくありません。実際、一般の人よりも4倍以上、難聴になりやすいというデータもあります。

 

ミュージシャン自身がそのことを公言しているので、データで説明する必要はないかもしれません。

 

デイヴ・グロール、難聴を告白

 

先月、ニルヴァーナやフー・ファイターズで活躍して有名なデイヴ・グロールが、何年も前から聴覚に障害があることを告白しました(※)。

 

左耳の横を指差して、「もし、あなたが隣に座っていて、夕食の時にここにいたら、あなたが言っている言葉がずっと理解できないだろう。混雑したレストランでは、最悪なんだよ」と言いました。

 

特にマスクは、彼を苦しめました。「20年前から読唇術をやっている」と、彼は認めました。

マスクをしているときに人が近づいてきて話しかけられると、彼は途方に暮れ、「僕はロックミュージシャンなんだ」と念を押す。「僕はロックミュージシャンだ、耳が聞こえないんだ。何を言っているのか聞こえないんだ 」と。

 

(デイブもしこれを読んでいるなら、、マスク生活のために作られたスターキーのEvolv AI補聴器をぜひチェックしてみて!)

 

ミュージシャンの難聴

 

 

聴覚障害のある有名なロックンローラーはたくさんいます。

 

グロール、安心してください。難聴を認めた様々なロッカーとバンドを組めばいいのです。

 

ヒューイ・ルイス:最近のスターキー本社・サウンドバイツのポッドキャストで、難聴とメニエール病によって歌手としてのキャリアを断念したことを語っています。


ピート・タウンゼント:何十年も前から難聴について話しており、その原因はバンドの轟音ライブ音楽ではなく、スタジオのヘッドホンにあると言っています。


ロジャー・ダルトリー2018年のSan Diego Union-Tribuneの記事で、自分が "とても、とても耳が悪い "と告白しています。


ダニー・エルフマン:自身のバンド、オインゴ・ボインゴの前座を務めたことで難聴と耳鳴りを患った後、サウンドトラックの作曲に転向した。


ミック・フリートウッド:難聴であることを公言し、2005年には難聴に対する認識を高めるために「静かな」ロックコンサートに参加したこともあります。

 

スティング難聴を認めているが、今のところ補聴器をつけることには抵抗があるようです。


アリス・クーパー:"55年間大音量のロック音楽を聴き続けた "結果、聴覚障害を克

服するために「クリアリングエイド」をつけていることを誇らしげに語っています。

 

このように、数え上げればきりがありません。

幸いなことに、20年前に比べて聴覚保護の重要性が認識されるようになり、聴覚保護はより良く、より進化し続けています。

 

そのためか、聴覚に障害を持つ新人のミュージシャンは少なくなっています。でも、私の世代を超えなければ、確かなことはわからないかもしれませんね。

 

補聴器がどのように役立つのか、ご自身の耳で確かめてみませんか?

 

ここに郵便番号を入力するだけで、最新の補聴器技術を紹介、試聴可能なお近くの補聴器専門店のリストを表示します。(補聴器の試聴には費用がかかる場合があります。)

 

(※)出典:The Howard Stern Show (この映像には多くの放送禁止用語が含まれています)

 

トピック: 最新補聴器, 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器, Evolv AI