Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

補聴器で、いつまでも元気に歳を重ねましょう

年齢を重ねても、健康で幸せでいたいと誰もが思っているのではないでしょうか。そのためには、運動や正しい食生活、禁煙、十分な睡眠などが当然のことながら必要だと、私たちはわかっています。

 

聴覚も健康的な加齢に一役買っていることをご存知でしょうか?

 

健康的な加齢


1.聴こえが良いと、社会性と活動性が保たれる

最小限の努力ではっきりと聴き取ることができれば、人とのつながりを維持したり、会話に参加したり、社会活動を続けたりすることが容易になります。

一方、耳の聞こえが悪い人は、社会的な状況を避ける方が簡単だと判断しがちです。誘いを断ったり、交流を制限したり、引っ込み思案になったり、孤立したりするかもしれません。誘いを断ったり、交流を制限したり、引っ込み思案になったり、孤立したりするかもしれません。

 

ご存知ですか?
社会的な関係を楽しんでいる人は、孤立している人よりも長生きする可能性が高いという研究結果があります。

 

2.聴覚が保たれいると、注意力や自立心が高まる

聴覚は、私たちがどれだけ自信を持って自立しているか、また外出時にどれだけ安全だと感じているかに大きく影響します。

 

聴覚がはっきりしていると、空間認識能力が高まり、安全を知らせる音を識別して反応することができるようになります。苦労せずに聞き取れると、他人に聞いたことを「通訳」してもらったり、明確にしてもらったりすることが少なくなり、結果的に自由で自立した感覚を持つことができるのです。

 

かつてのように聞こえない人は、警告の合図を見逃す危険性が高く、家の外の環境で自信が持てず、事故や怪我、重要な情報の聞き間違いなどの危険性が高まります。

 

ご存知ですか?
聴力のある人は、難聴の人に比べて、不慮の怪我をする危険性が2倍低く、転倒の経験が3倍少ないと言われています。

 

3.耳が良いと、精神的にも冴えてくる

世界保健機関(WHO)は、2050年までに3倍に増加すると予測していますが、難聴と認知症との関連性は多くの研究で指摘されています。

 

専門家は、難聴が認知症の危険因子として知られる社会的孤立につながること、脳の縮小を加速させること、記憶や思考に必要なエネルギーを脳が「盗む」ことになることなどが関係していると考えています。

ご存知でしたか?
認知症予防に関する国際委員会は、中年期に難聴を治療することが、認知症を予防するために修正できる唯一最大のリスク要因であることを確認しています。

 

4.耳が良くなることは、私たちに喜びをもたらします

何よりも、自分の声をよく聞くことは、私たちを前向きに、そして生き生きとさせてくれます。友人の笑い声、交響曲の響き、子供の初めての言葉、打ち寄せる海の波、窓の外の鳥のさえずりなど、耳を傾けることで、私たちは周囲の世界に興味を持ち、活動的になり、つながりを持つことができます。

ご存知ですか?
イェール大学の研究によると、楽観的で前向きな考え方は人生を7.5年長くすると言われています。また、他の研究では、楽観的な考え方は、うつ病、心臓病、その他の慢性疾患のリスクを軽減すると言われています。

健康的に年を重ね、最高の生活を送るために、耳を良くする準備を始めたいとお考えでしたら、ここに郵便番号を入力すると、お住まいの地域で聴力測定や補聴器の相談ができるスターキー取扱店のリストが表示されます。

 

 

トピック: 補聴器ユーザー, 難聴と健康, はじめての補聴器