Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

補聴器Halo2が選ばれる理由

先日5/22にAppleStore名古屋栄イベントを行い、お客様にスターキーの提供する補聴器の良さを体験していただきました。スマホとつながることで、補聴器としての機能だけでなく、ウェアラブルデバイスとしての可能性を見つけていただく機会となりました。

 

Haloの発売から約2年が経過し、

今回Synergy®プラットフォームを搭載して新たに新登場したスマートワイヤレス補聴器Halo2(ヘイロー2)

 

 

Halo2_wirelessFamily.jpg

 

アクティブに生活を楽しむ方にとって欠かせない、

ライフスタイルに合わせて繋がり続けることができる」ことが好評いただいている理由です。

 

本日は販売開始からHalo2を選ぶに至ったお客様の声をまとめたHalo2の特徴をご紹介します。

 

スマートワイヤレス補聴器Halo2が音を聞き漏らすことなく、

あなたと周囲の世界とをつなげる架け橋となってくれることをスターキーは願います。

 

 

1.    自分好みの音質に調整できる

 

サウンドスペース画面でどんな設定であれ、補聴器の音をあなた好みに合わせることができます。

画面上で指をなぞるだけで今の環境に対して理想的な音質に調整、簡単に保存することができます。次回使う時には同じ音質に切り替えることも容易です。

 

 

2.     両耳で電話通話が可能

 

専用アプリの TruLink™ (トゥルーリンク)を使用すれば、中継機の必要なくHalo2へダイレクトに通話音声が聞こえてきます。両耳に装用していればより自然でクリアな音で聞き間違いも格段に減らすことができます。 健聴に聞こえる方もワイヤレスで両耳で電話したことがある方は少ないのではないでしょうか。

 

 

3.     あなたが今どこにいるのか教えてくれる

 

好みの音質のメモリーを一度保存すれば、Halo2 と連動しているスマートフォンのGPSを使用して、自動的に音質切り替えを行ってくれます。だから、あなたが毎日訪れるコーヒーショップ、仕事場等で自動で音質調整してくれるようになります。あなたがメモリー切り替えを忘れてもしっかりとHalo2が覚えていてくれるのです。

 

 

4.     Apple Watchとも連動

 

Apple Watch(アップルウォッチ)を持っていれば、ボリュームコントロール、ミュート、メモリー切り替え等が、あなたの手首から操作できます。

 

 

5.     会話の理解が向上

 

iOSのマイクに補聴器のマイクを切り替え、相手のそばにおくことで、シームレスに会話をすることができます。 録音もできるので、巻き戻し、音声データとしてメールすることはもちろん、もし理解に不安な部分があっても後で聞きなおすことができます。

 

 

6.     Siriの活用

 

書いた文章やメールを読ませれば、Halo2にダイレクトにSiriの声が聞こえてきます。

 

 

 

7.     補聴器を探す

 

うっかり補聴器をどこに置いたか忘れてしまったことはないですか?

専用のTruLink(トゥルーリンク)アプリがあれば今どこに補聴器があるのかをリアルタイムに教えてくれます。(ブルートゥース範囲外の場合は、接続が切れた場所を示します)

 

 

8.     お知らせをリアルタイムに受信

 

メールやSNS、その他多くのあなたの生活につながるアプリからのお知らせがリアルタイムにHalo2へ届きます。もちろんすぐに応えるかどうかはあなた次第です。

 

 

9.     自動車運転モード

 

お店で自動車メモリーをプログラムしていたら、車移動の時にはHalo2が感知して自動車モードに切り替えてくれます。すると、自動的に風やタイヤの擦れる音などを減衰させ、目的地までドライブを快適に演出してくれます。

 

 

 

Halo2や専用アプリTruLinkについてもっと知りたい場合は下記専用HP、専用カタログをご覧ください。

 

スマートワイヤレス補聴器 専用HP

Halo2掲載カタログ

 

次回のイベント開催は6/5大阪で行われます。

是非、この機会にスマホとつながる補聴器を体験してみてください。

補聴器を使用していない方は今までの補聴器の概念が変わり、補聴器を使用している方は自分好みにHalo2を活用してみたくなるイベントです。ご予約はこちらから。

 

Topics: Halo TruLink, 補聴器ユーザー