Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

ダライ・ラマが訪問する会社、スターキー・ヒアリング・テクノロジーズ

2017年6月22日、23日にスターキー本社にダライ・ラマ14世が滞在しました。

    • ダライ・ラマ法王 日本代表部事務所の発表

 

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の公式ホームページでも6月21日に発表されました。

発表には「法王は、現地での招聘者である慈善家のビル・オースチンご夫妻からホテルの入り口で歓迎の挨拶を受けられた。法王はミネアポリスご滞在中に、スターキー・ヒヤリング・テクノロジーズのキャンパスを訪問される。」と記載されています。

スターキーでも2017530日グローブ・ニュースワイヤーで下記の発表をしていました。

 

ダライ・ラマ法王、ニューポートビーチよりミネアポリスへご出発

2017年6月21日 アメリカ、ミネソタ州ミネアポリス

http://www.tibethouse.jp/news_release/2017/170626_Minneapolis_20170621.html

 

CEOのビル・オースティンと同社の慈善事業役員(CPO)のタニ・オースティンにとって、尊敬する友人である法王ダライ・ラマ14世にミネソタ州エデンプレーリーのグローバル本社を2日間にわたりご訪問頂くのは大変名誉なことです。法王ダライ・ラマ14世は623日に、ビル・オースティン、タニ・オースティン、そしてユネスコ親善大使で国連持続可能な開発会議の唱道者、ウィテカー平和開発会議(WPDI)の創始者兼CEOであるフォレスト・ウィテカー氏といった友人や世界の人道主義者との初の取り組みとなるパネルディスカッション「慈悲と思いやりへの呼びかけ」に参加します。国際的な慈善活動を通じて、法王ダライ・ラマ14世、オースティン夫妻、ウィテカー氏は、平和と理解についての意識改革をもたらすことで心を一つにしています。パネルディスカッションにはビジネスリーダーやコミュニティリーダーも招待されます。

 

 

 

  • スターキー本社や各SNSからの当日の様子

 

気になる当日の様子は本社公式ツイッターや公式フェイスブックからだけでなく、社員や関係者から現場の興奮が伝えられました。

 

ビル・オースティンと握手を交わすダライ・ラマ14世とタニ・オースティン↑講演の終わりに握手を交わすダライ・ラマ14世

 

スターキー本社で講演を行うダライ・ラマ14世↑スターキー社員に向けて労いの言葉をかけるダライ・ラマ法王

 

「私たちスターキー・ヒアリング・テクノロジーズは、偽りのない人間と人間の関係性を意識して作り上げることが、かつてないほど強く求められているという、法王ダライ・ラマ14世の信念を共有しています。」とビル・オースティンは述べました。そして、「私たちの普遍的な責任感と、慈悲と思いやりの大切さに対する集合的意識に導かれて、ここで行われる議論が、世界で他者への気遣いと分かち合いの更に大きな機会を作り出すための触媒になることを期待しています。」とも述べました。

 

 

 

↑スターキー本社で、社員のために行われたダライ・ラマ法王の講演の様子です。

入場時に法王を紹介したのはバイスプレジデントのブランドン・サワリッチです。

 

 

 

  • ダライ・ラマとは?

  •  そもそもダライ・ラマとはどのような人なのでしょうか?ダライ・ラマ法王は、チベットの国家元首でチベット人の精神的指導者として知られています。その制度、現在のダライ・ラマ14世の人柄を少しだけ紹介させていただきます。
    • ダライ・ラマ制度

    • チベット仏教では、全ての生命は輪廻転生すると考えられています。特に悟りを開いた高僧は、次も人間に生まれ変わり、全ての生命のために働き続けると信じられています。特に、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ法王は観音菩薩の化身とされます。先代が没すると、次の生まれ変わり(化身)を探し、正式に認定されればダライ・ラマ法王という存在を継承していくことになっているのです。
    • ダライ・ラマ14

 

ダライ・ラマ法王14世(本名:テンジン・ギャツオ)は、チベット北東部のタクツェルという村で生まれました。2才の時に、ダライ・ラマ13世の転生者であるとの認定を受け、5歳でダライ・ラマ14世に正式即位しました。中国のチベット侵攻のため1959年にインドに亡命し、チベット亡命政権を樹立。その後、世界中の要人と交流しながら、非暴力での平和の実現と、チベットの窮状を訴えてきました。1989年ノーベル平和賞を受賞しています。亡命政権樹立から約50年。ダライ・ラマ法王は、今もチベットの地を踏めてはいませんが、なおも精力的に活動を続けているのです。チベットの民にとって、チベットの大地の美しさや強さ、神聖さ、チベット人の意思を象徴する存在です。

  •  
    • ダライ・ラマの名言

 

ダライ・ラマ14世の平和への活動と、その魅力あふれる人柄と平和への活動は、近年ドキュメンタリー映画としても公開されました。ダライ・ラマの名言とされる言葉は数多くあり、受け取り手のそれぞれの環境によって心に響くものは異なるでしょう。ダライ・ラマの全ての言葉に共通するのは、愛・思いやり・寛大さです。第二次世界大戦から約70年を経た現代の日本で、私たち日本人が心に留めたいメッセージが多くあるはずです。

 

  • ダライ・ラマとスターキーの関係

    • スターキー創業者ビルとダライ・ラマ14

  • スターキーの創業者ウィリアム・F・オースティン(通称:ビル・オースティン)が、耳の不自由で不幸な境遇にある人々、特に子どもたちへの援助の手を差し伸べるために設立したのが「スターキーきこえの財団」(Starkey Hearing Foundationです。 
    • 世界中の国や地域で行われているスターキーきこえの財団の活動での出会いが今回のスターキーアメリカ本社へのダライ・ラマ法王の招聘につながりました。
  •  
    • ミッションでの関わり

      • 世界中の国や地域で行われているスターキーきこえの財団の活動の様子をダイジェストでうかがえる動画が用意されています。

    • StarkeyGALA2017もお楽しみに

    • 2017年スターキーGALAの日程は次のとおりです。

      日時:2017年7月16日(日)

      会場:セントポール・リバーセンター(アメリカ合衆国ミネソタ州)

      スケジュール(現地時間)

    • 15:00 カクテル&サイレントオークション

      17:00 イブニングパーティ

    •  
      • パフォーマンスゲスト

      •  

        2017年の受賞者やパフォーマンスゲストもすでに決定しています。今回は、その中から、少しだけご紹介しましょう。

      •  

    • ベン・アフレック(Ben Affleck

      ベン・アフレックベン・アフレックは、アメリカの俳優ですが、他にも脚本家、映画監督、映画プロデューサーと様々な肩書も持っています。「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年)」ではアカデミー賞と、ゴールデングローブ賞を受賞。その後も「アルマゲドン(1998年)」「パールハーバー(2001年)」などの出演作があります。また「アルゴ(2012年)」では、監督及び主演を演じ、アカデミー賞作品賞を受賞しました。ベン・アフレックは慈善・人道的な活動にも積極的に取り組んでおり、特に東コンゴへの難民支援には自ら非営利団体を立ち上げ、国際的な活動に尽力しています。こういった功績を認められ、今回受賞することになります。

    •  

        
      • スティーブン・タイラー(Steven Tyler)

      • steven-tyler.pngパフォーマンスゲストの一人として、スティーブン・タイラーが参加します。彼は世界的に有名なロックバンド「エアロ・スミス」のボーカリストです。エアロ・スミスなくしてはアメリカのロックは語れない、そんなモンスター的存在です。2017年春には、ソロとして初のジャパンツアーが大阪・東京にて決行され大成功をおさめました。69歳にして、なおパワフルな歌声をスターキーGALAでも響かせてくれることでしょう。

        • グレース・ヴァンダーウォール(Grace VanderWaal)

        • グレース・ヴァンダーワールグレース・ヴァンダーウォールは、まだあどけなさの残る13歳の少女です。しかし、彼女は、アメリカのテレビオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で、第11シーズンの優勝を飾ったスーパー少女。ウクレレをパートナーに、オリジナルソングを歌いあげます。ファーストアルバムは、なんと全米チャートでTOP10入り。12歳以下のアーティストがTOP10入りするのは、ジャクソン5以来の快挙です。2017年6月には初来日し、テレビやラジオのインタビューを数々受け、テレビでの生演奏も披露しました。その歌声とオリジナリティは、アメリカのセレブの評価も高く、これからの活躍に注目せざるを得ません。スターキーGALAでも、多くの人を魅了することは間違いないでしょう。

 

 

もう間もなく行われるスターキーGALA2017。今年も盛り上がるイベントになりそうですね。

 

 

Topics: PR, きこえの財団