Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

【敬老の日】プレゼントに補聴器!?…失敗しない方法

9月に入りまもなく敬老の日。この時期は、地域や高齢者関連施設などでイベントを行うところも多いようです。ご家庭でも、おじいちゃん、おばあちゃん、身近な高齢の方に、日頃あまり伝えられない感謝のメッセージやプレゼントを贈る人も多いでしょう。

 笑顔で海辺にたたずむ3世代家族のイメージ

 

そのイベントやご家庭で補聴器の話題が取り上げられることがあるかもしれません。中にはプレゼントとして補聴器を考えている方もいるでしょう。しかし、補聴器を買うのであれば、知っておいてほしいことがあります。


 敬老の日とは?

敬老の日は、9月の第3月曜日に設けられた日本の国民の祝日です。かつては9月15日でしたが、2003年(平成15年)より現在のように変更になりました。日本の祝日法によると「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」といった内容を趣旨としています。老人福祉法では、同じような趣旨として、9月15日を老人の日、9月15日から1週間を老人週間としています。


 敬老の日と補聴器

敬老の日が近づくと、高齢の方の健康に関わる記事や広告が新聞や雑誌の記事でよく見かけることがあります。また、さまざまなジャンルのお店でもイベントを行っています。そういった情報を目にしていくうちに、高齢になった両親や祖父母のことを改めて考える人も多いでしょう。耳に関する情報が目に留まれば、補聴器を送りたいと考える人もいるはずです。しかし、補聴器はすぐに取り寄せて、快適に使えるというものではありません。

 

 補聴器をプレゼントする時によくある失敗

お子さんやお孫さんが補聴器をプレゼントしたけれど、うまく使えってもらえなかったというエピソードは少なくありません。うまく使ってくれなかった方には、以下に挙げられるものの中に共通する特徴がありそうです。


  1. 1.本人の装用意欲がない。

本人が補聴器を必要としていないときには、いくら大切な人たちからのプレゼントでも、継続的な装用に繋がりにくいようです。


  1. 2.難聴の自覚がない。

装用意欲がないことに繋がりますが、本人が難聴を自覚していなければ、わざわざ補聴器をつけようとは思わないでしょう。


  1. 3.過去に購入して失敗した。

過去に装用意欲があり補聴器を購入した経験があるのに、その際にうまく使いこなせなかったという失敗経験がある人は、新しいものについても否定的になる可能性があります。

 

いずれもプレゼントをする側と、受け取る側に、聞こえ方に対するズレが生じていたことがうかがえます。もし補聴器を検討するのであれば、まずは聞こえ方や会話のしづらさに装用するであろう本人に困っているのかどうかを聞いてみると良いでしょう。その為には日頃のコミュニケーションが何よりも大切になりますね。(過去の関連記事:難聴に関わる円滑なコミュニケーションへのヒント難聴者の良き理解者になるための5つのポイント

 

 補聴器を使う為には聴力測定が必要です

多くが失敗してしまう最大の理由。それは、そもそも補聴器は、本人が不在で購入するものではないからです。テレビの音が聞こえにくい、会話が聞こえにくいという困り感でも、どの高さの音がどの程度聞こえていないのか、どういった言葉が聞こえにくいのか、など、聴力の状態は人それぞれに異なります。補聴器を買う場合には、人それぞれの聴力測定が非常に大切になります。また、長く快適に使ってもらうための補聴器は、買って終わりのものではありません。定期的に聴力測定や調整を行い、少しずつ本人にあった補聴器を作り上げていくというイメージです。 


 補聴器を購入に行くのが難しい人はどうすればいいの?

施設に入所していたり、身体的な理由があったりして、補聴器をつくりたくても補聴器店まで出向くことが難しいという方についてはどうしたら良いのでしょうか?

補聴器店の中には、補聴器の相談員が自宅や施設に訪問して、きこえの困り具合のカウンセリングや、聴力測定、補聴器のお試し、そして購入後のアフターフォローを行ってくれるところがあります。お近くの補聴器取り扱い店を検索して連絡してみるのも良いですが、いきなりお店に連絡することに戸惑う場合は、弊社スターキーのような補聴器メーカーに一度相談してみるとお客様の要望に合わせた相談者となってくれるお店を紹介してくれるはずです。

お問い合わせ

 

 補聴器の値段は様々

補聴器の値段はさまざまです。数万円~数十万円のものもみかけます。補聴器の性能も日進月歩で新しい製品が生まれており、高機能で細かな調整が可能なものほど高額になる傾向があります。しかし、高額であれば快適かというとそうではありません。どういったポイントが大切なのでしょうか。


➢ 補聴器は購入して終わりではありません

何度も記述しますが補聴器は購入する際にも、丁寧なカウンセリングや、聴力測定、装用の比較などを行いますが、商品が手元に届いたからといって終わりではありません。快適に使っていくためには、実際の生活の中で使っていきながら、不具合があれば販売店の相談員に相談をして、メンテナンスを繰り返していくことが大切です。また、体調が変化していけば、聴力にも影響を与えかねません。そのため、長期のアフターフォローにも力を入れている販売店を見つけることが大切です。


➢ 通信販売やネットで簡易な補聴器は選択肢にしない

本来の補聴器は管理医療機器クラスⅡにあたります。現在は補聴器という名称を用いているものもありますが、通信販売やネットで販売されている製品の中には、集音器や助聴器と呼ばれる医療機器とは異なるものもあります。これらは、本人の聴力に合わせて使用する補聴器とは異なります。過去に補聴器を買ったけれど効果がなかったという人の中には、こういった製品を使用したケースもあるでしょう。本人らしい聞こえやすさを整えるためには、通信販売やネットでの簡易な補聴器は選択肢から外したいものです。なぜなら調整が保証されていないからです。補聴器は個人個人の聴力に合わせることができて初めて補聴器として機能するからです。

 

➢ 生活環境や予算で選ぶのが大事

高額で高性能なものが、より高い快適さに繋がるかというと、その限りではありません。使う方の生活スタイルによって、使いやすいものを選ぶことが大切です。もちろん、無理に高額なものを購入する必要はありません。店舗訪問される際には相談スタッフに予算を明確に伝え、予算の中で快適に過ごせる製品を選んでいきましょう。


➢ クーリングオフについて

補聴器は、どんなに丁寧に調整をして購入しても、生活の中で実際に使ってみなければわからないことが多い機器です。どうしても合わない、どうしても使い勝手が悪い、ということも起こり得ます。期間を定めてクーリングオフ制度(返品保証制度)を設けている販売店で購入する方が良いでしょう。ただし、中には質問するまで明確な説明がない場合もあります。また、販売店によって条件も異なりますから、購入を決める前に条件を必ず確認をしておきましょう。明確な説明が得られない場合は、焦って購入することはせず、別の販売店でのセカンドオピニオンを検討することも必要です。

 

 値段も性能も満足のいく補聴器を!

繰り返しになりますが、勧められるままに高額の商品を買う必要はありません。補聴器を使用する人の生活や、日々困っていることに合わせて、予算の範囲内で満足のいくものを選んでいきましょう。購入時は、本人と家族、身近な人などが同席し、客観的な視点も伝えていくことが大切です。また、補聴器の価格には、補聴器の調整代も含まれているとも考えておくと良いでしょう。満足できる補聴器を長く快適に使っていくために、かかりつけ医ならぬ、かかりつけ補聴器販売店を見つけたいものです。

 

 補聴器無料貸出し・試聴レンタルという方法

高額な補聴器をいきなり購入するということには不安になる方も多いでしょう。また、カタログや説明だけでは納得ができないことや、想像がつかないことも多いものです。そのような場合には、無料貸し出し・レンタルという方法があります。販売店や商品によっては有料となる場合もありますが、それでも正規購入する価格に比べれば、非常に少額で試すことができるでしょう。

 

また店舗によってはこのような案内が前面に出ていない場合があります。それは補聴器が調整カスタマイズが必要な製品である為に、お客様によって試聴期間が変わる場合があるので一概に「◯週間」などと銘打つことに否定的だったり、試聴器に限りがあるためと考えられます。

お客様によってサービスレベルが大幅に異なってしまうことを防ぐ為とも考えられますので、販売店の販売方針を聞いてみることも大切です。

 

スターキーでは最新製品の無料試聴貸出をお客様お一人お一人へサポートできる体制で行っております。お客様のご要望に合わせた試聴器をご用意して、補聴器メーカーであるスターキージャパンから信頼できる販売店をご紹介、試聴器の準備、発送等を行っております。

 

ご希望の方は下記ボタンより、必要情報をご入力ください。担当スタッフよりご連絡させていただきます。

無料試聴体験はこちら

 まとめ

高齢の両親や祖父母に快適に生活をしてほしい、もっと会話を楽しみたい、そんな気持ちから補聴器をプレゼントしようと考える人もいるかもしれません。使用する本人不在で安易な製品の購入を決めるのではなく、一緒に販売店を訪れて相談してみてはいかがでしょうか。その時間も、お互いにとって大切な時間となることでしょう。補聴器はコミュニケーションを円滑にするための医療機器です。コミュニケーションが生まれないところではそもそも機能しない機器なのです。

Topics: 最新補聴器, PR, 難聴と健康, はじめての補聴器