Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

愛犬はあなたの声を聴く。意味は伝わっているのかな?

私たちはペットを愛しています。 米国ペット製品協会(American Pet Products Association)によると、アメリカ人はこの「毛のふさふさした家族」のためのグルーミングやおもちゃ、獣医師にかかる費用、そしてエサ代に、およそ557億ドルをもかけていると言われてます。 

 

愛犬は自分の名前を聞き分けている

 

 

これは1匹のペットがいるアメリカの家庭一世帯あたり、およそ500ドルの出費の計算です。複数のペットがいる家庭は更に多くの費用をかけています。労働統計局は、男性用衣料品(404ドル)とアルコール消費(456ドル)の金額よりも、毎年ペットに多くを費やしていることに注目しています。

 

ほとんどの犬の飼主は、家庭で犬を文字通り家族のように扱います。 犬は私たちと一緒に旅行し、私たちは彼らのためにプレゼントを買い、彼らに話しかけます。多くの犬の飼主は、犬の方が人間よりも聞き取りが良いと言うときがあります。

 

 

犬の聴力は人間をはるかに超えています。 

愛犬に話しかけるのを日頃の楽しみにしている方は多いと思います。愛犬がどのくらいその話を理解しているのかと疑問に思ったことがありませんか?

 

私たちは皆、犬は鋭い聴覚を持っていることを知っています。 犬は人間の約2倍の範囲の周波数を聴くことができます。彼らはまた、4倍離れた場所の音をも聞くことができます。 - 人間の耳が20フィート離れた場所で聞くことができる音なら、犬は80フィートの距離から聞くことができます。

 

さて、犬は私たちよりも優れた聴覚を持っているとしても、彼らは聞いていることを理解しているのでしょうか?

 

著名な学術雑誌のカレントバイオロジーとサイエンスに掲載された2件の研究は、なんとその答えはイエスであると結論づけています!

 

あなたの愛犬は、あなたが話すことの全てを理解してはいないかもしれませんが、彼らは人間がするのと同じように、あなたの話に耳を傾け、注意を払っているのです。

 

研究者は、犬は人間と同様に言葉だけでなく、声の調子に込められた感情にも反応することを発見しました。

 

犬も聴覚損失がある!?

 

人間と犬は、同じように言葉を聴いています。

これらの研究は、ヒトとイヌが同じように言葉を聴くことを示唆しています。両者とも、発声(何が話されたか)と、言語の中で伝えられる感情的なトーン(どう話されたか)の両方に対して応答するのです。

 

研究のスーパーバイザーの1人であるDavid Reby(デイビット・レビー)は、

 

「この結果は、犬の脳における音声成分の処理が脳の2つの半球間で分割されていることを示唆している点で大変興味深い。それは人間の脳の中で処理が分割される様式と非常に似ている。

 

と述べています。

 

言語に関しては人間も犬も左脳型 

人間は、脳の左半球で殆どの言語的処理を行っています(何が話されたか)。大袈裟な強い抑揚を持った言葉などは脳の右半球で処理されます(どう話されたか)。

 

研究の中で、犬も同じように聞いていることが示されました。これは以前には人間特有のものと信じられていた能力です。馴染みのない言葉が提示されたとき、彼らは言語的な内容から感情的な内容に焦点を移したのです。

 

もし、あなたが言葉の分からない国を旅したことがあれば、この脳の働き方が分かると思います。理解できない言語を聴いているときは、イントネーションや抑揚といった非言語的な手がかりに焦点を合わせて、あなたが聞いていることの手がかりを見つけようとします。私たちの愛犬も、馴染みのない話を聞くと同じことをすることが分かりました。

 

犬には人の言葉を聴きとる力がある

 

愛犬たちは簡単に騙されません

2件目の研究では、研究者が文脈と関係のない言葉を明るい褒める時のトーンで話しかけ、犬を騙そうとします。例えば褒め言葉の”Good boy””However”で置き換える等です。脳のスキャン画像によれば、犬は騙されていませんでした。それは、脳の左半球が活性化していないことから判明したのです。この発見は、犬は人間の声のトーンを理解するだけで、言葉の意味は理解していないという従来の仮設への反証となるものでした。

 

話を聞いてくれる最良のパートナー

この研究は、四本足の友人と話すことを楽しむ動物愛好家にとっては朗報です。あなたの愛犬は、あなたが話すことの全ては理解できないかもしれませんが、会話の内容と根底にある感情的な調子の両方に焦点を当てています!

 

これからも、愛犬への話しかけを続けてください。その時には優しい声で、嬉しいことを言うようにしてください。鋭敏な聴覚と人間と同様に言語を処理する能力が、あなたの愛犬が理想的なあなたのリスナーであり、愛犬が本当に私たちの最良の友達・家族である理由の1つなのです!

 

愛犬との絆に関しては、スターキー補聴器をご愛用いただいているノンフィクション作家・ジャーナリストの山根一眞氏が応援団長を務める日本聴導犬協会での記事も一緒にご覧ください。

 

「きこえ」に関する興味深い情報を配信しています。

一杯のワインが難聴予防になるってホント⁈

 

ブログ配信登録はこちらをクリック!

出典:

Topics: 補聴器ユーザー, PR, 体験談