Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

また聞こえるようになるためには練習が必要です

補聴器を初めて購入したら、リハビリの道が始まります。リハビリが必要なのは、人が新しいやり方で何かできるようになる必要がある場合なら、例え別の事情であったとしても同じです。

 

きこえのリハビリ

 

 

非常に多くの場合、通常の聴力を持つ人なら毎日聞いている音を、難聴のある人は忘れてしまっています。それは望んでいる音(大切な人の声)と望まない音(騒音)の両方です。きこえのリハビリでは再びこれらの音に慣れる練習をし、新しい補聴器を使用すると普通はどうなるか、何が期待できるかを学びます。

 

明るくなった聞こえに備える

ほとんどの人は、数年間さまざまな程度の難聴に苦しんで初めて補聴器に助けを求めます。助けを求めるまで10年かかることもしばしばです!この間、人はより低い音量で世界を聞くことを「学んで」しまいます。

 

晴れた日に昼食を取るため、私たちはみんな薄暗いレストランにいました。レストランを出て日なたに出ると、圧倒的に明るくなります。あなたは目を覆うか、サングラスを探します。これはほんの数時間後に起こることです。

 

補聴器を初めて使用するときにも同様の感覚が起こります。何年も通常の聴覚の「明るさ」を経験していなければ、補聴器で経験する「新しい聞こえ」に圧倒されることがあります。

 

ここが、資格のある補聴器専門家が重要になるところです。専門家はあなたがリハビリの過程を理解する手伝い、リハビリのさまざまな段階で適切な期待を持っておく手伝いをします。これによって、新しい聞こえに適応していく過程がスムーズで楽しいものになります。
 

きこえのリハビリがすべての違いを生む 

 

新しい補聴器に適応することは普通、一朝一夕のプロセスではありません。しかし、忍耐力、努力、そして指導によって、適切な期待を設定することができますし、聞こえを再び学ぶことが人生を変える素晴らしい経験になるかもしれません! 

 

参考

補聴器での聞こえに慣れるには練習が必要です

 

 

 

「きこえ」のガイドブックをダウンロードする

 

Topics: 難聴と健康