Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

【装用体験レポート】米国で満足度98%!Livio補聴器のココがイイ!

Posted by Airi Nishikawa on 19/08/02 15:00

 

スターキーの新しい補聴器Livio AIは、世界初センサー技術を搭載した補聴器で、アメリカで「きこえの革命」を起こした製品です。

 

今までの補聴器にはない機能がたくさん備わっていますが、補聴器としての聞こえはどうなのか?

 

そこで、重度難聴で補聴器装用者でもある弊社トレーニング部の西川が実際に装用してみて気づいたLivio補聴器のポイントをご紹介いたします!

 

Livio

 

 

ポイント1:騒がしい場所で話し相手の会話に自然と集中できた

 

Livio補聴器は両耳で装用すると、新しい機能「空間スピーチエンハンス」が使用できます。

 

この機能は、補聴器同士がマイクから入ってくる音を比較・分析し合い、横や後ろから入ってきた音を低減し、騒がしい場所でも、正面から入ってくる会話音をフォーカスすることが出来るんです!

 

 

「本当に騒がしい場所での会話が楽になるのか?」

 

 

と、疑問に感じたので、左側の補聴器に軽度難聴の聴力を入力して両耳装用で友人と居酒屋に行ってみました!

 

 

 

Livioと食べ物

 

 

使ってみた感想は・・・

 

確かに、正面の人の会話が取りやすく、横に座っているグループの会話は気にならず(邪魔されず)、約1時間半ほど普通に会話を続けることができました。

 

この日を境に、色んな場所で「空間スピーチエンハンス」を試してみました!

 

 

★「空間スピーチエンハンス」のココがよかった!

 

・ショッピングモールで店員さんの声が聞きとりやすかった(フードコート、靴屋、電化製品売り場)

 

・ファミレスで、隣のテーブルの人たちが喋っていても、正面に座っている人の声が聞き取りやすかった

 

・駅の改札前で友人と立ち話ができた

 

 

騒がしい場所で正面にいる人の言葉が聞き取りやすくなるという経験は、今まであまりないので(話している人の口元を見るなど、集中しなければならない)驚きの連続でした。

 

ポイント2:突然の大きな音が頭に響かなくなった

 

  

また、Livio補聴器には「衝撃音抑制」といって、突然入ってくる大きな音を抑えてくれる機能が備わっています。

 

この機能も色んな場所で試してみました!

 

 

「衝撃音抑制」のココがよかった!

 

・突然ドアが勢いよく閉まっても、頭に響かなかった

・回転寿司でお皿がぶつかる音が聞こえても、頭に響かなかった

・皿洗い中に、食器を滑って落としたり、食器の山が崩れても、その音が頭に響かなかった

 

※CROS補聴システムは非対応

 

 

ポイント3:充電タイプはシンプルで使いやすい

Livio補聴器には、充電タイプの補聴器があります。

 

Livio R補聴器とチャージャーチャージャーケース(左)とミニターボチャージャー(右)

 

 そこで、人生で初めて充電タイプの補聴器を使ってみました。

 

 

★充電タイプのココがよかった!

 

電池ドアを開けて電池を取り出すという作業がなくなった

 

電池を買う必要がなくなった

 

朝6時半から夜10時半まで装用していて、電池残量は少なくなるが電池が切れることはなかった

 

・電池残量が20%を切ったとき、ミニターボチャージャーだと7分で3.5時間分の電池をチャージできたため、すごく助かった

 

 

ポイント4:一側性難聴の方専用CROS補聴システム

 

Livio補聴器には、片耳が生まれつき聞こえないなど一側性難聴の方が、聞こえる耳側に聞こえない耳側の音を届けるCROS補聴システムが登場しました。

 

私は、生まれつき左耳が聞こえないので、CROS補聴器も試してみました。

 

★CROS補聴システムのココがよかった!

 

聞こえない耳側からの音の情報が、聞こえる耳側に入ってきてよかった

 

・車を運転すると、聞こえない耳側の音の情報が入ってくるためか片耳よりも運転しやすく感じた

 

・初対面の人に「こっち側から喋ってくれませんか?」と尋ねるタイミングを計らう必要がなくなった

 

充電タイプに対応しているところがよかった

 

ポイント5:音質が良い!

これは両耳だけでなく、片耳であっても、CROS補聴システムを装用した状態であっても実感しました。

 

音にメリハリがあり、ずっと着けていても苦になりません。試聴でLivio補聴器を試された方からも「生の音に近い」「ずっと着けていられるね」などの声が寄せられています。

 

 

 

1日5年前の補聴器を装用して過ごしてみました。

 

先日、寝る前にLivio補聴器を充電し忘れてしまい、昔、愛用していた補聴器を装用して1日過ごしました。

 

そのとき、改めて感じたことがいくつかありました。

 

 

騒がしい場所での会話は集中力がいること

→ショッピングモールで店員さんの会話が半分しか理解できなかった。途中から集中することに疲れてしまい、「たぶん、こういうことを言っているんだろうな」と頭の中で話の内容を自己完結してしまいました。

 

音だけの情報で物事を察知できず目からの情報に頼ってしまい、目が疲れてしまった

→方向感や距離感が上手く掴めず常にキョロキョロしていないと、人にぶつかってしまった。

 

静かなところでの会話は問題なかった

→静かな場所に移動して会話をしてもらった。相手は思っていないかもしれないが、配慮してもらうことの申し訳なさを感じた。

 

 

など、今の補聴器はとても進化しているんだなということを実感しました。

 

同時に数年前の補聴器で生活しておられる方は、Livio補聴器などの最新補聴器を装用することで、今以上に疲れにくなり、コミュニケーションの枠も、もっと広がるはずだと強く感じました。

 

 

みなさんも、最新の補聴器を装用して、今以上にご自身の生活の活動範囲を広げてみませんか?

 

 

 

もっと、Livio補聴器について知りたい方はこちら(試聴の申し込みもできます)

Livio AI について

 

 

<Livioに関するブログ記事>

 

Livio AI補聴器の紹介ーあなたが最高の人生を送るために

耳は新たな手首となるーLivio AI補聴器はあなたの健康を追跡します

【充電式と通常の電池】今、あなたには選択肢があります

「この補聴器は翻訳機でもあります」と言われたら、あなたは信じますか?

【世界初】転倒検出機能が備わった補聴器

 

 

Topics: 最新補聴器, 体験談, Livio AI, Livio