Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

耳の定期健診は受けていますか?

みなさんの中には、健康管理の一環として人間ドックや歯科検診、視力検査を定期的に受けていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。健康のために、積極的に検査を受けていることは素晴らしいことです。ですが、みなさん。耳(きこえ)のチェックも同じように定期的に受けていらっしゃいますか?

 

視力、歯、きこえの定期健診

74%の成人が2年に1度、視力検査を受けていると言われています。

62%の成人が毎年、歯科医院を訪れていると言われています。

(たった!)23%の成人が健康診断で聴力検査を受けていると言われています。

(米国のデータ)

 

 

 

きこえの低下は、自分が気付かずに起こっている場合があります。世界では4億5,000万人を超える人々が聴力を失い(英語)65歳以上の成人の3人に1人がある程度の難聴を抱えていると言われています。

しかし、この数字に対して、定期的にきこえのチェックを受けている方はほとんどいません。

 

もし、あなたが「いつまでも健康で、人生を最大限に楽しみたい!」とお考えであるのなら、ぜひ他の健康診断と同じように、耳鼻科で定期的に聴力検査を受けることや、職場の健康診断のオプションに聴力検査を追加することをお勧めします。

 

難聴は、早期に発見・対処するかしないかで、生活の質(QOL: Quality of Life)に影響を与えるといわれています。また、現在きこえに問題がなくとも、今のご自身の聴力を知っておくことは、聴力の低下が見られたときの指標として大いに役に立つので、ぜひ受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

ダウンロード

「きこえのガイドブック」をダウンロードする

 

 

【過去記事】

家族に聴力測定を勧めるには・・・

聴力が急変したときにすべきこと

日常生活の音について考えてみませんか

ジムでビートを上げても音量は上げないで!

 

Topics: 難聴と健康