Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

【スターキーきこえの財団】きこえが与える希望

耳が聞こえないことで、コミュニケーションが取れないことは本人だけでなく周りの人にとっても辛く、歯がゆいことです。

 

大切な人の声が聞こえたら・・・

 

大切な人の笑顔を見ることが出来たら・・・

 

どんなに嬉しく、楽しいことでしょう。

 

スターキーきこえの財団は、経済的に補聴器を入手することが出来ない国に住む、きこえを必要としている150万人以上の人達に、笑顔と希望を与えてきました。

 

Starkey hearing foundation

 

 

 

世界保健機関(WHO)によると、全世界の4億6600万人(大人4億3200万人、子供3400万人)が40dB HL以上の難聴を抱え、そのうち、たった3%の人々が補聴器を購入し必要なケアを受けています。

この4億6600万人のほとんどは補聴器を購入することが出来ない発展途上国に住んでいます。

 

 

スターキーきこえの財団は、幼児から高齢者まで、すべての人に、きこえの贈り物(補聴器)や、教育・自立の場を提供しています。

 

 

 

ルワンダ

 

Mexico

 

Starkey Hearing FOundation__-1

 

mission in Peru

 

 

 

 

一人で成し遂げることはできません

 

スターキーきこえの財団が、1984年から36年間世界中のきこえを必要としている人達や、その家族に希望を与え続けることが出来たのは、活動を応援してくださった方がいるからです。

 

 

mission"1人で出来ることは限られている。しかし、力を合わせれば世界を変えることもできる"

-きこえの財団創設者 ビル・オースティン

 

 

 

一人でも多くの人達にきこえを届けられるように!これからも、みなさまからの温かい応援をお待ちしております!

 

 

補聴器で国際貢献画像をクリックして「補聴器で国際貢献」ページにアクセス

 

 

 

 

::スターキーきこえの財団関連記事はこちら::

 

スターキーきこえの財団とは?

【本社情報】スターキー創設者兼CEOのビルが聴覚ヘルスケアのための国際親善大使に任命されました!

【本社情報】ビル・タニオースティン夫妻がAG Bell AssociationのLifetime Achievement Awardを受賞しました

きこえを結ぶ(2019年スペシャルオリンピックス夏季世界大会inアブダビ)

【スターキーきこえの財団】2019年の活動報告

【国際耳の日】難聴に人生の可能性を制限させない

・【スターキーきこえの財団】フィリピンからのメッセージ

Topics: きこえの財団