Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

【補聴器ライフを楽しもう】補聴器をつけて旅に出よう 北鎌倉編

Topics: 補聴器ユーザー, 体験談

みなさん、こんにちは。

 

私はスターキージャパンの西川愛理と言います。今後、装用者でもあるわたしの体験も定期的に綴らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

Read More

難聴の子を抱える母親の気持ち

Topics: 福祉, 補聴器ユーザー, 体験談

今回のブログでは、フランキー君の物語をお話ししましょう。小学校への入学を控えた彼は最近、スターキーの耳かけ型補聴器を使い始めました。彼が辿った聞こえの旅を、お母さんが話してくれました。スターキーの担当者とのインタビューを通して、国は違いますが、難聴児を持つ母親の意見をシェアしたいと思います。

 

 
Read More

50周年、より良い聞こえへの道しるべ

Topics: 補聴器ユーザー, PR

今年はスターキー・ヒアリング・テクノロジーズが人々の声をより良く聞こえるようにと設立され、50年目を迎えた年でした。創業者でありCEOのウィリアム・F・オースティン(通称:ビル・オースティン)は、1967年に「スターキー・ヒアリング・テクノロジーズ」を立ち上げたのです。

Read More

愛犬はあなたの声を聴く。意味は伝わっているのかな?

Topics: 補聴器ユーザー, PR, 体験談

私たちはペットを愛しています。 米国ペット製品協会(American Pet Products Association)によると、アメリカ人はこの「毛のふさふさした家族」のためのグルーミングやおもちゃ、獣医師にかかる費用、そしてエサ代に、およそ557億ドルをもかけていると言われてます。 

 

Read More

難聴者の処世術:本当に価値があるのは一つだけ

Topics: 補聴器ユーザー, 体験談

スターキー本社でSNSなどを担当しているSarah(サラ)は彼女自身が補聴器を使用しているスターキーユーザーの一人です。今回は彼女の経験を通して、難聴者にとっての処世術と言えるような行動の一端を本当に価値があるのかどうかサラの意見を記載しています。

 

Read More

【まとめ】補聴器や電池の寿命ってどれくらい?

Topics: 補聴器, 補聴器ユーザー, はじめての補聴器

メガネが視力を補うように、補聴器も聴力を補い、身体の一部のように使用し続けるものです。メガネと異なるところは、補聴器が精密機器であること。そのため、使い続けると故障が発生することもあります。

Read More

良い補聴器店の選び方

Topics: 補聴器ユーザー, はじめての補聴器

大型の眼鏡チェーンや街の眼鏡店、時計店、電気屋さんなど「補聴器」というのぼりを見たことはありませんか?補聴器を購入検討しているけれど、どこで買ったら良いかわからない、そんな声はよく聞かれます。この記事では、補聴器店を選ぶポイントについて紹介していきます。

 

Read More

高齢者と情報格差 〜これからの社会で損をしないために〜

Topics: 補聴器ユーザー, 補聴器販売店, はじめての補聴器

 あなたは知りたい情報をどうやって調べますか?

知りたい情報を、あなたはどうやって調べていますか?

かつては紙の辞書、書籍が中心だった調べもの。今は、パソコンやスマートフォン(スマホ)で検索する人も多いのではないでしょうか。

Read More

【まとめ】補聴器の価格比較と最適な選び方

Topics: 補聴器ユーザー, はじめての補聴器

年を重ねてくると誰しも耳が遠くなったり、音が聞こえにくくなるものです。
不便さを無視して自然のまま過ごすのも、時には悪くはないことかもしれませんが、周囲の方やご自身の生活のQOLを保つために、補聴器装用という選択をすることは望ましいことです。


今回は補聴器やそれに類する機器について、価格や性能なども含め、お話したいと思います。

 

Read More

難聴者が外食で気疲れしない5つのポイント

Topics: Halo TruLink, 補聴器ユーザー

ここ数年、飲食店で食事をしていると騒々しさを感じるときがありませんか?実はこれ、あなたの気のせいではないかもしれません!外食産業の内通者によると、飲食店側が様々な理由から意図的に、わざと騒がしい環境を作り上げていることがあるそうです。例えば、「楽しい雰囲気にしたい」であったり、「テーブルの回転率や売上を上げるために、お客さまが長居したくない気分にさせたい」であったり、騒々しい環境を作る理由は様々です。

 

 

Read More