Hear Better.Live Better.BLOG

スターキーから補聴器・難聴について生活に活かせる情報をお届けします。

Hear Better. Live Better.ブログを公開中!! 配信登録はこちらをクリック!

トピック

最新のシナジーiQシリーズをご紹介します

Topics: 最新補聴器, 補聴器

スターキーは、最先端のバーチャルリアリティ、神経科学、そして信号処理研究領域の成果を結集した新しい補聴器シリーズを発売しました。iQ(アイキュー)と名付けられたこの新しいシリーズは、すべての補聴器ユーザーに真に没入感のある「きこえ」を体感していただくために開発されました。今までの補聴器では大切な場面で実現できなかった新次元の臨場感、明瞭さを、一人ひとりに合わせた形で提供できるようになります。

 


Read More

難聴が及ぼす人間関係の影響は?

Topics: 補聴器, 難聴と健康

妻:もう何年も、夫は私の事を無視しているんです。

夫:おまえがもっとハッキリと話すべきなんだよ。

妻:私はハッキリ話しているわ。他の人たちは私の話すことを分かってくれるんだから、あなたはワザと私を無視しているんでしょう。

夫:いや、君がぼそぼそ話すのがいけないんだよ。

Read More

犬が補聴器を飲み込んじゃった!

Topics: 補聴器, 難聴と健康

不思議なことに、犬というものは、食べてはならない物を食べるという特殊な能力をもっているようです。あなたが買った高価な鞄、ごみくず、子どものおもちゃ…などなど。しかし犬が食べそうな物の中でも、最も危険な物は補聴器と補聴器用電池です。

Read More

補聴器がピーピー、うるさい時があるのはなぜ?

Topics: 補聴器, はじめての補聴器

補聴器の使用にまつわるネガティブなイメージの一つに、昔の補聴器が大きくかさばって、装用者の耳の中でピーピー、キーキーという鳴き声を発していたという事実があります。この鳴き声はハウリング(フィードバック)として知られています。

幸運なことに、現代の技術によって補聴器は外観も従来よりずっと魅力的になり、同時にハウリングを処理する技術も前世代の補聴器に比べてはるかに洗練されたものになっています。

 

Read More

充電式補聴器が現実のものに!

Topics: 最新補聴器, 補聴器

もしも、あなたが補聴器を装用されているとしたら、いかに補聴器の性能に電池が重要であるかご存知だと思います。また、補聴器用電池の購入がいかに不便で、常に予備の電池を用意し、会話や行事の途中で電池を交換したりなど、わずらわしさを感じられていると思います。

Read More

【アニメーションGIFで解説】補聴器のしくみ

Topics: 補聴器, はじめての補聴器

補聴器はとても小さな精密電子機器です。通常耳あなの中に入れるか、あるいは耳の後ろに引っ掛けて装着し、聴覚を補助改善するのみならず、言語の理解、他者とのコミュニケーション、更にはトータルな生活の質までも向上させる働きを持っています。

 

Read More

【まとめ】補聴器や電池の寿命ってどれくらい?

Topics: 補聴器, 補聴器ユーザー, はじめての補聴器

メガネが視力を補うように、補聴器も聴力を補い、身体の一部のように使用し続けるものです。メガネと異なるところは、補聴器が精密機器であること。そのため、使い続けると故障が発生することもあります。

Read More

補聴器の形状によって違うこととは?

Topics: 補聴器, はじめての補聴器

市場に出回っている補聴器には様々なスタイルがあります。スタイルの違いは、補聴器の大きさ(サイズ)と耳への装着の仕方で大まかに分かれています。最新の補聴器の場合はデザイン性や機能面に富んでおり、その情報量やオプションの多さに圧倒されて、選択する際に訳が分からなくなってしまうことがあるかもしれません。

 

Read More

【まとめ】補聴器についての医療費控除、補助金について

Topics: 補聴器, 補聴器ユーザー

難聴は日常生活や仕事の支障となるばかりでなく、近年は難聴が健康に及ぼす様々な影響が知られるようになりました。こうした中で、早めに補聴器を使って難聴に対処することの有用性が様々な場面で取り上げられています。

 

しかしながら補聴器は高度な技術が集積された精密電子機器で、国が定める技術基準に適合した医療機器です。また装用者各人の聴力に合わせて調整を行い、装用開始後も度々の再調整を行う必要があります。このために補聴器はある程度高額にならざるを得ず、購入には大きな投資が必要です。実際、補聴器の価格はそれなりの投資が必要とわかると、そのために、補聴器を使用することをためらってしまう方がいるのが事実です。

 

補聴器は公的医療保険でカバーされる医療機器ではありませんので、購入は全額自己負担が基本です。しかし、難聴の程度が一定の条件に合致すれば購入費用が支給される制度があり、昨年からは補聴器の購入費用を申告すれば所得税と地方税の税額控除を受けられる可能性も出てきました。これらの申請方法や対象条件などについてまとめてみました。

 

Read More

補聴器でバランス感覚が良くなるって本当?

Topics: 補聴器

米国で多くのノーベル生理学医学賞受賞者が在籍しているセントルイス・ワシントン大学。「中西部のハーバード」と例えられる同大学で「高齢難聴者はきこえを改善することでバランス感覚が向上する」という研究結果が発表されました。

 

 

Read More